KrushやK-1で活躍した佐藤嘉洋が「世界一を目指せなければ現役を続けられない」と現役引退を発表!8.22Krush名古屋大会で引退セレモニー

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

7月21日(月)東京・GSPメディアセンターにて記者会見が行われ、KrushやK-1で活躍した佐藤嘉洋が現役引退を発表した。
一部で現役引退が報道されていた佐藤だが、この日、改めて会見の場に立ち、自らの口で現役引退を発表。会見の冒頭で現役引退を決めた理由を語った。

「愛を知る県、愛知県の佐藤嘉洋です。7月21日を持って引退することを決めました。引退を決めた理由は今年1月にサニー・ダルベックとのリベンジ戦で延長までいったもののKO負けしたこと、そして5月にジョーダン・ピケオーにKO負けしたことが一番の要因です。

僕は5月のピケオー戦でダウンをした時、意識がありました。今までの自分であれば意識がなくても、攻撃を返して戦い続けるという、丈夫で骨太な試合が出来ていたのですが、ピケオー戦ではそれが出来ませんでした。意識があるのになんで自分は膝をついているんだろうと思ったくらいです。それが自分としてはショックであり、師匠の小森(次郎)会長からも、その日の打ち上げで『初めて辞めた方がいいと思った』と言われ、8割くらいダメだろうなという気持ちになりました。それからは『まだやれる』と『ダメだろう』という二つの気持ちがあったのですが、GAORAでピケオー戦の試合映像を見て、自分の倒れ方を見て踏ん切りがつきました。

僕は今までずっと世界一を目指してやって、ピケオー戦の前も最高の調子で、攻撃面では伸びている実感もありました。でも試合で初めて衰えを感じ、これでは世界一を目指せないな、と。世界一を目指せなければ現役を続けられないと思ったので、ストップを決断しました。僕は丈夫さ、気持ちの強さ、根性でお客さんを魅せてきたので、それがなくなったのであれば、プロとして高いファイトマネーをもらう資格がないとも思いました。7月のK-1のトーナメント、そして中国の英雄伝説で決まっていたラムソンクラームとの防衛戦、試合に穴をあけてしまったことは関係者の方にお詫びしたいと思います。

1998年にプロデビューして17年弱。自分はこれまでのキックボクサーを見ても、稀なキック人生を送ってきたなと思います。NJKFでプロデビューして全日本キックに移籍し、そこで実力をつけて最強と言われるまでになり、違う競技のK-1に移籍しました。地上波という脚光を浴びるところで活躍を続けて、自分で偉いと思うのは『地上波が終わってあかんぞ』という時に、それからさらに5年間頑張ったこと。すごく尊い経験をしたと思います。

出来れば新しいK-1が盛り上がって、再度、日の目を浴びたかったなという悔しい気持ちもありますけど、今は新しいスターがどんどん出てきているので、何らかの形で彼らの魅力が伝わることをしていきたいと思います。今日で僕は現役を引退しますが、キックを愛していますし、キックに携わっていくことは変わりません。これからも何も変わらずお付き合いしていただけたらなと思います」

ページ:

1

2 3

関連記事

サイト内検索

日別

2018年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別

ページ上部へ戻る