PC・携帯・スマートフォンで見る“無料”プロレス・格闘技ニュースサイト『バトル・ニュース』

column

連載コラム

【月イチ更新】『バトル・ニュースPREMIUM編集後記』

バトル・ニュースPREMIUM編集後記

佐瀬順一
させじゅんいち……『バトル・ニュース』編集長兼記者にして、セコンドワークス所属の編集者兼デザイナー。主な作品としては桜庭和志自伝『ぼく。』『帰ってきたぼく。』『ぼく…。』、アブドーラ・ザ・ブッチャー自伝『ブッチャー~幸福な流血~』、CIMA自伝『夢の扉の開き方』、『闘龍門大百科』、『PRIDE大百科』(すべて東邦出版)ほか。
『かっこいいカラダ』シリーズ(ベースボール・マガジン社)のデザイナーでもある一方、選手のTシャツデザインなどをやることも。記者としての初取材は1995年8月20日のIWAジャパン川崎球場大会。

【不定期更新】永島勝司『復活!ゴマシオ親父のつぶやき』

Columun_Nagashima.gif

永島勝司
ながしまかつじ……専修大学卒業後、東京スポーツ新聞社入社。プロレス担当記者に。1988年に新日本プロレスに入社し、北朝鮮での「平和の祭典」やUWFインターナショナルとの「全面戦争」などを手掛け、“平成の仕掛人”と呼ばれた。2002年に新日本を退社し、長州力らとWJプロレスを旗揚げしたが、その後のことは皆さんもご存じの通り。

【連載終了】朱里の『トレーニングモンタージュ〜K-1への道』

Columun_Syuri.gif

朱里
しゅり……神奈川県出身。2008年10月にファイティング・オペラ『ハッスル』で「KG(カラテ・ガール)」としてデビュー。ハッスル活動休止後はSMASHに移籍し、リングネームを「朱里」に改名。2009年12月にはJEWELSに参戦し、シュートボクシングルールの試合に出場。
2012年1月からは立ち技格闘技イベント『Krush』に参戦。同年4月にSMASHからWrestling New Classicに移籍。2013年11月にWNCがREINAと提携したため、WNCとREINA女子プロレスの二団体所属に(キックボクシングの際はボスジム所属)。


携帯サイトで連載中

【毎週月曜更新】コラム女子プロレス団体『FEATURES』

コラム女子プロレス団体『FEATURES』

フィーチャーガール会員NO.1 稲葉リノ
└REEEEAL SINGER 稲葉リノの今日も叫ぶよWooooo!コラム(邪道命名!)
稲葉リノ
いなばりの......千葉県出身。ピアノ講師だった母の影響で幼い頃から音楽に慣れ親しむ。17才のときに単身渡米。現地でのヴォイストレーニング、単独生活を経て帰国後から本格的な楽曲制作、LIVE活動を開始する。幼少期から父親に何度もプロレスのビデオを見せられていたことから、一人で試合に行くほどの大のプロレス好き。初の単独LIVEに某団体選手がステージ乱入したことで話題となった。2014年5月には稲葉リノが作詞・作曲・歌唱をしている「TAKA&タイチ興行」テーマソング『Rowdy ~TAKA TAICHI~』がリリースされた。2014年9月には、初のプロレスコラボライブをプロデュースする。
Twitter (@chan_rino)

「Rowdy ~TAKA TAICHI~」オンラインショップ
http://k-dojo.shop-pro.jp/?pid=75680493

フィーチャーガール会員NO.2 松
└プロレスイラストレーター松の『松コラムデラックス』(矢野通命名!)
Columun_matsu.jpg
まつ……大阪府出身。2013年1月4日、新日本プロレス・東京ドーム大会のポスターの棚橋弘至と中邑真輔に一目惚れし、『週刊プロレス』を買い始め、新日本プロレスのファンとなる。ツイッター上での選手のつぶやきを漫画にしたり、イラストを描き公開をしている。
TAKAみちのく&タイチ主催の『TAKA&タイチ興行』のチラシ&テーマソングCD(vo.稲葉リノ)のイラストも手がけている他、新日本プロレス公式企画である『新日ラボ』(http://www.colorful-board.com/njpw-tee/result)にてデザインが採用され、現在2種類のTシャツが販売中。
Twitter(@matsu_bomaYe)

【月イチ更新】執事記者つばさ『秋葉原的プロレス感』

執事記者つばさ『秋葉原的プロレス感』

#showrss():

執事記者つばさ
プロ格マスコミ7年目の当『バトル・ニュース』の記者。記者をしながら秋葉原関係のイベント企画・グッズ製作・アニメ制作やPRなどに携わっている。記者として新日本からキャットファイトまで幅広く取材し、カメラマンとしてはキリンのどごし生『長州力×寺島力』の交通広告写真も撮影。
『STEINS;GATE』ではシナリオ・イベント・PRなど多岐に渡り関わり、その後アニメ/ゲームの様々な企画に携わる。
執事としては、『執事喫茶Swallowtail』設立者&パティシエと共に料理団体を立ち上げ活動。執事ブームの火付け役である『黒執事』にもオフィシャル側の執事として関わる。


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional