PC・携帯・スマートフォンで見る“無料”プロレス・格闘技ニュースサイト『バトル・ニュース』

【特別寄稿】11.3 K-1 65kg初代王座決定トーナメント出場 左右田泰臣インタビュー

【特別寄稿】11.3 K-1 65kg初代王座決定トーナメント出場 左右田泰臣インタビュー

140919_K1.jpg

11月3日(月・祝)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される『K-1 WORLD LEAGUE2014〜-65kg初代王座決定トーナメント〜』。今大会では日本人4選手と海外強豪4選手の8人によるワンデイトーナメントで、初代K-1-65kg王者のベルトを争うことになった。日本人選手インタビュー第4弾は元RISEスーパーライト級王者の左右田泰臣だ。
【記事提供/K−1実行委員会】

――今回、保持していたベルトを返上してK-1に参戦する形になりました。K-1参戦を決意した理由を教えてもらえますか?

左右田 選手としてだけ見れば勝つことはすごく重要です。でも僕がやりたいことはそれだけじゃなく、会場のお客さんを巻き込んで熱を生むこと。そういう僕のやりたいことが新しいK-1にはあると思って参戦を決めました。

――ただ勝つ、強さを求めるだけではないことをやりたかった?

左右田 そうですね。それが僕のやりたいことです。

――記者会見でもお話されていましたが、左右田選手はプロレスがきっかけで格闘技に興味を持ったんですよね?

左右田 小学6年生の時に新日本プロレスを見始めたのがきっかけです。それからずっとプロレスが好きで、その流れでK-1を見るようになりました。僕は魔裟斗さんがK-1MAXで優勝した翌年からK-1を見るようになって、それからシルバーウルフで格闘技を始めました。だから僕の中ではK-1=魔裟斗さんのイメージが強いです。

――2011年にワンマッチで一度K-1に出たことがありましたが、K-1という舞台には憧れがありましたか?

左右田 はい。K-1が盛り上がっていた頃は毎回会場に見に行っていたので、ずっと自分もこの空間で戦いたいと思っていました。

――今回のトーナメントにはそうそうたるメンバーが集まっていますが、ハイレベルなトーナメントになりそうですか?

左右田 -65kgの世界トーナメントということで、僕も含めてレベルの違う4人が集まってきたと思います。そこに4人の強豪外国人選手が加わるわけですから、間違いなくレベルの違うトーナメントになると思います。その中で僕が頭一つ抜けて優勝して、さらにレベルが違うところを見せたいと思います。

――また記者会見ではK-1・シルバーウルフ=魔裟斗というイメージを変えたいという言葉もありました。

左右田 いい加減それは壊していかないといけないと思います。僕自身、魔裟斗さんとは違う色でやってきた選手だと思うので、いつまでも「シルバーウルフは魔裟斗のジムでしょ?」と言われる状況は変えたいと思います。

――自分がK-1王者になって、K-1 WORLD LEAGUEで引っ張っていくつもりですか?

左右田 競技者としては結果を出すことが一番なので、1日3試合すべて勝って優勝するつもりです。それにプラスアルファの違う面で盛り上げていきたいかなと思います。

――K-1 WORLD LEAGUEをどんなイベントにしたいと思いますか?

左右田 勝手な僕のイメージなんですけど、K-1MAX=魔裟斗さんの大会だったと思うんですよ。でも新しいK-1になるということで、誰か一人のK-1というよりも、K-1 WORLD LEAGUEは総力戦で、色んな選手が出て来て盛り上げていけばいいのかなと思います。会見で「ここにいる僕も含めて4人、ライバルでもあるけど、新しいK-1を盛り上げる意味では同じ志を持っている」と話しましたが、僕はそれが新しいK-1の形だと思います。僕がその中の一人としてしっかりとしたものを見せていきたいです。K-1はK-1なんだけど、中身は違う。生まれ変わった新しいK-1を見せていきたいです。

――左右田選手はK-1でどんな個性を見せていきたいですか?

左右田 僕は18戦やってきた中で勝つことに一番重きを置いてきた選手だと思うので、そういう“強さ”や“勝つ”というのが僕のキャラクターかなと思います。また僕は今でもプロレスが大好きなので、プロレスファンの方たちも巻き込んでいきたいと思います。トーナメントに向けて左右田式レインメーカーと左右田式ボマイェを用意しているので、トーナメントまでにこの2つの技に磨きをかけて、トーナメント3試合を勝ち抜きたいと思います。

――K-1で人生を変えたいですか?

左右田 はい。だからと言って自分の名前を色んなところで売るだけではなく、このK-1のリングで自分がやりたいことをやりながら、それと並行して新しいK-1と一緒に上がっていければいいかなと思います。

――11月3日はどんな大会にしたいですか?

左右田 会場とお客さん全体を巻き込んで熱を生んで興奮の雨を降らせる。そして大会が終わった頃には「空前絶後の大会だったね」と言われるような大会にしたいと思います。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional