PC・携帯・スマートフォンで見る“無料”プロレス・格闘技ニュースサイト『バトル・ニュース』

【特別寄稿】11.3 K-1 65kg初代王座決定トーナメント出場 山崎秀晃インタビュー

【特別寄稿】11.3 K-1 65kg初代王座決定トーナメント出場 山崎秀晃インタビュー

140917_K1.jpg

11月3日(月・祝)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される「K-1 WORLD LEAGUE2014〜-65kg初代王座決定トーナメント〜」。今大会では日本人4選手と海外強豪4選手の8人によるワンデートーナメントで、初代K-1 -65kg王者のベルトを争うことになった。日本人選手インタビュー第3弾はKrush -63kg級王者の山崎秀晃だ。
【記事提供/K−1実行委員会】

――K-1 WORLD LEAGUEへの参戦が決まり、どんな心境ですか?

山崎 いよいよ来たなって感じですね。少し前の自分だったら、K-1に出られてうれしいと思っていたかもしれませんが、今となっては自分がさらに輝ける場所が整ったなという気持ちです。昨年Krush -63kgのベルトを獲らせてもらって、防衛を重ねていく間に世界の強豪を倒して、山崎秀晃としての価値を上げてきました。そのためのもう一つ上の舞台として新しいK-1がスタートしたことは本当に良かったと思います。

――山崎選手は格闘技をやる上でK-1からどんな影響を受けましたか?

山崎 僕は小学生の頃から伝統派空手を始めて、小学校の高学年くらいからK-1を見るようになりました。うちは男3兄弟で、3人とも空手をやっていたんです。だからK-1を見た後はK-1の真似をして弟たちと殴り合ってました。親父も親父で僕らが殴り合っているのを見て、ヘッドギアと16オンスのグローブを買い与えてくれましたね(笑)。

――ただプロデビュー以降、K-1とは接点がありませんでした。

山崎 ちょうど自分がデビューした頃にK-1の63kgが始まって、自分も63kgで試合をしていたので「いつ、俺を出すねん?」と思ってました。デビュー直後の選手が思うことじゃないかもしれませんが(笑)。でも選手をやっている以上、そういう反骨心があった方がいいですよね。

――しかし今回はKrush王者として文句なしのK-1参戦です。まさに満を持しての参戦ではないでしょうか?

山崎 ずっとK-1に出たいという想いもありましたし、K-1をやるなら俺じゃないのか?と溜め込んでいた部分もあるので、本当に満を持してじゃないですけど、ようやくK-1で暴れられる日が来たなと思います。

――Krushの現役王者としてK-1に出るということは意識していますか?

山崎 はい。僕を育てて強くしてくれたのはKrushであり、Krushのベルトです。K-1参戦がKrushのベルトの価値を上げるきっかけになると思っています。

――K-1では普段の63kgから階級を上げて65kgで試合をすることになります。

山崎 僕は65kgでやることに不安はありません。周りから63kgは体重を落としすぎじゃない?と言われることもあるので、そういう意味では65kgが適正体重なのかもしれません。65kgの選手に交じっても力負けするとは思ってないですね。

――また山崎選手にとってワンデートーナメントは初めてですよね?

山崎 はい。やってみないと分からないですよね。でも不安は全然ないです。僕は性格がポジティブなので。逃げ回ってダメージを回避しながら勝ち進むんじゃなくて、1Rから倒しに行って3つ勝った方がお客さんも支持してくれるだろうし、K-1はお客さんを楽しませる場所ですから。ただ勝てばいいと思っている選手はアマチュアです。いかに見に来てくれたお客さんに楽しんで帰ってもらうか。僕は常にそれを意識して戦っています。

――山崎選手と代名詞と言えば“ゴールデン・フィスト”と呼ばれる一撃必殺のパンチとKOです。ずばりK-1でもKOを見せたいですか?

山崎 もちろんです。K-1でもワンデートーナメントでも、僕は今までと同じように倒しに行く試合をしますよ。自分の試合だったらK-1のお客さんを沸かせる自信もあります。

――山崎選手はK-1 WORLD LEAGUEをどんなイベントにしたいと思っていますか?

山崎 K-1は華のある場所ですし、かつての僕がそうだったように、子供たちがK-1を目指して格闘技をやりたいと思うような場所にしたいです。そして子供たちだけじゃなく、たくさんの人たちがK-1を見に行きたいと思うようなイベントにしなきゃいけないと思います。そういう意味では僕がKOで華のある試合をして、新しいK-1の道を作っていきます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional