PC・携帯・スマートフォンで見る“無料”プロレス・格闘技ニュースサイト『バトル・ニュース』

【特別寄稿】K-1甲子園2014決勝進出 平本蓮インタビュー

【特別寄稿】K-1甲子園2014決勝進出 平本蓮インタビュー

140805_K1-1.jpg

7月21日(月・祝)東京・新宿FACEにて開催された『K-1甲子園2014』。全国から32名の高校生がエントリーし、11.3 K-1代々木大会で行われる決勝戦の切符をかけて、トーナメント1回戦から準決勝まで熱い試合が繰り広げた。このトーナメントを勝ち抜いて決勝に駒を進めたのは佐野天馬(神奈川総合産業高校・2年)と平本蓮(日出学園・1年)。2人にトーナメントでの試合を振り返ってもらいながら、これまでのキャリア、今後の目標などを聞いた。
【記事提供/K−1実行委員会】

ーーK-1甲子園・1回戦から準決勝までの試合を振り返っていただけますか?

平本 改めてK-1甲子園は全国から強い選手が集まってくる大会だなと思いました。特に準決勝で対戦した篠原(悠人)選手は本当に強かったですね。

ーー篠原選手との準決勝は再延長戦までもつれる接戦でした。

平本 実は試合前から延長になることも想定していたんですよ。当日、篠原選手の試合を見ていて本戦で決着をつけるのは難しいだろうなと思って。なので延長・再延長でも動けたと思います。試合前に右足を怪我していて不安はありましたけど、その分、パンチと左ミドルをたくさん練習していて、それを試合で出せたかなと思います。

ーー特に右ストレートが効果的に当たっていましたね。

平本 あれは手応えがありました。篠原選手のパンチももらっちゃいましたが、僕のパンチが効いた感触があったので、そこで畳みかけることが出来ました。

ーー決勝進出が決まって周りからはどんな反応がありましたか?

平本 ものすごく反響がありましたね。「次の試合がK-1甲子園の決勝で代々木(競技場第二体育館)になった」と言うと「オーッ!」と驚かれますし、3カ月以上も先なのに「チケットはどこで売っているの?」と言われます(笑)。やっぱり“K-1甲子園”という看板は大きいものだと実感しました。

ーー決勝で対戦する佐野選手にはどんな印象を持っていますか?

平本 ヒザ蹴りとローが強くて足技が上手いタイプだなと思います。これから試合までしっかりと対策を練っていきたいです。

ーー平本選手はなぜ格闘技を始めたのですか?

平本 実はうちのお父さんがプロボクサーを目指していて、怪我でプロの道を断念せざるをえなくなったそうなんです。その影響で僕も小さい頃からずっと格闘技を見ていました。僕自身は特に格闘技に興味はなかったのですが、小学4年生の時に近所にジムが出来て、父親に「お前もやってみるか?」と言われて、体験入会したんです。そうしたら一気に格闘技にハマって、それからは格闘技一色です。

ーーもともと平本選手は運動神経が良かったのですか?

平本 それが全く良くないです。足も遅くて運動神経はほぼゼロです(笑)。でも生まれて初めて何かに一生懸命になれたものが格闘技でした。

ーー平本選手はジュニア時代から色々な大会で結果を残していますよね。

平本 ちょうどジュニアの大会が増えた頃で、試合があればほぼ出ていました。下手したら週1回、最低でも2週に1回は試合をしていました。中学2年くらいから身体が大きくなって、ジュニアでは階級がなかったので、途中からは一般のアマチュア大会に出るようになったんですけど(笑)。でも中学を卒業する頃に色々と悩んでいて、高校に入ったらボクシングをやろうと思ったんです。ちょうど2020年に東京オリンピックが決まったので、そこを目指そうかなって。

140805_K1-2.jpg

ーーなぜキックではなくボクシングを選ぼうと思ったのですか?

平本 本当はキックの方が好きなんですけど「このままキックを続けても先があるのかな…」と思っちゃって。ちょうどその時にK-1が新しい形でスタートして、K-1甲子園も再開することが発表されて「これだ!」と思いました。

ーー平本選手はいつ頃からK-1を見ていたのですか?

平本 格闘技を始めるちょっと前くらいから本格的にK-1を見ていて、魔裟斗さんが大好きでした。戦い方とかファイトスタイルはブアカーオも好きなんですけど、コメントとか佇まいとか全部ひっくるめると魔裟斗さんが一番です。今回も試合前の一週間は暇さえあれば魔裟斗さんの試合映像を見て、気持ちを盛り上げてました。

ーー魔裟斗さんの試合でどの試合が好きですか?

平本 特に好きなのは会場で試合を見ていた川尻達也戦、アルバート・クラウスをKOした試合、ブアカーオにリベンジした試合の3つですね。ちなみにK-1甲子園のアンケートで好きな選手をサムゴーと答えたのは、魔裟斗さんと答えたら他の出場選手とかぶると思ったからです(笑)。

ーーもしかして平本選手は格闘技オタクですか?

平本 ちょっとその傾向はありますね(笑)。一時期、ブアカーオの試合ばっかり見ていた頃があって、ブアカーオは試合中に自分の鼻を触る癖があるんですよ。それがいつの間にかうつっちゃって、僕も練習中に知らない間に鼻を触ってました(笑)。

ーー平本選手にとってK-1は特別なものですか?

平本 僕はキックやムエタイも好きです。でもK-1でチャンピオンになることとキック・ムエタイでチャンピオンになることは違うと思うんです。僕の中でK-1チャンピオンになること=金メダルですね。

ーーK-1甲子園というカテゴリーですが、あと一つ勝てばK-1チャンピオンです。

平本 K-1甲子園にはずっと憧れていたんですが、どこかで諦めていた部分もありました。もうK-1甲子園はやらないんだろうなって。だから僕が高校生でいる間に再びK-1がスタートしたのは本当に運命だなと思っています。

ーー平本選手の格闘家としての目標は何ですか?

平本 K-1の世界チャンピオンになることです。まだ背も伸びて身体も大きくなっているので、将来的には70キロでやりたいです…というかやります! やっぱり僕は魔裟斗さんに憧れていたので、70キロという階級にこだわりがあるんです。もし70キロまで体重が増えなくても、頑張って身体を大きくして70キロで戦いたいです。

ーーこれから格闘技を続けていく上で、どんな存在になりたいですか?

平本 僕が言うのもおこがましいですが…K-1 WORLD LEAGUEを自分が引っ張っていきたいです。僕はK-1が復活したんじゃなくて、K-1 WORLD LEAGUEという新しい形でスタートすることがいいなと思っていて。やっぱりK-1MAXは魔裟斗さんありきのイベントで、K-1MAX=魔裟斗さんだと思うんですよ。でもK-1 WORLD LEAGUEはまだ誰の色にも染まっていない。だからK-1 WORLD LEAGUEと言えば平本蓮と呼ばれるような存在になりたいです。そのためにも今年のK-1甲子園で必ず優勝したいです。

ーー自分のどんなところを注目してもらいたいですか?

平本 僕は面白い試合が出来ると思っているので、どこを見て欲しいと言うよりも、僕の試合を見てくださいという感じですね。絶対に面白いと思ってもらえる試合を出来ると思うので注目してください!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional