PC・携帯・スマートフォンで見る“無料”プロレス・格闘技ニュースサイト『バトル・ニュース』

【特別寄稿】7.13『Krush.43』HIROYAvs寺崎直樹インタビュー

【特別寄稿】7.13『Krush.43』HIROYAvs寺崎直樹インタビュー

140620_Syuri-4.jpg

 7月13日(日)東京・後楽園ホールで行われる『Krush.43』で、トリプルメインイベントの第3試合として行われるKrush -65kg級タイトルマッチ。
 王者・HIROYA(TRY HARD GYM)と挑戦者・寺崎直樹(Booch Beat)へのインタビューが届いたのでご紹介しよう。

これまで通りベルトに縛られず、自由に戦っていきたい(HIROYA)

ーー3.8『Krush.39』で初代-65kg級王者となり、約4カ月が過ぎました。チャンピオンになってどんな変化がありましたか?

HIROYA チャンピオンになって何が変わったかと言われると、僕としては気持ちに余裕が出来て、自分に自信を持てるようになりましたね。そこまで大きな変化ではないかもしれないですけど。

ーーベルトを持っている、持っていないでは精神的に違いますか?

HIROYA 自分ではポジティブな性格だと思っていても、なかなか結果を残すことが出来なくて…。ようやくベルトという形を手にしてスッキリした気持ちになりました。

ーーHIROYA選手がK-1デビューしたのが2007年。プロとしてチャンピオンベルトを手にするまで7年かかりました。

HIROYA 年齢だけで言えばまだ22歳なんですけど、心境としては、やっとやっと(チャンピオンになれた)という、うれしさよりもホッとした方が大きかったですね。

ーー例えば格闘技ではどんなに強くてもチャンピオンになれない選手がいると思います。自分がそうなってしまうんじゃないかという不安はなかったですか?

HIROYA 自分のことだからそうは思いたくなかったですけど、何回もチャンスがあったのに逃してきて、ここぞという時にダメだったり、少しは不安になることがありました。

ーーなるほど。しかし初代王座決定トーナメントでは全試合KOで頂点に立って、Krushの王座決定トーナメントで全試合KOでチャンピオンになったのはHIROYA選手が初です。

HIROYA あぁ…そうなんですね。結果・内容ともに成長しているのが分かるので、そういう形でチャンピオンになれたことはうれしいです。

ーー今大会では初防衛戦を迎えました。HIROYA選手の会見でのコメントなどを聞いていると、あまり防衛戦のプレッシャーなどはなさそうですね。

HIROYA はい。Krushでチャンピオンになれば、Krushでの試合はすべて防衛戦になるわけで、「絶対にこのベルトを死守する!」みたいに気持ちが守りに入ることはないですね。Krushのベルトを獲ったから終わりじゃないし、僕はもっともっと上を目指しているので、ベルトは防衛して当たり前。僕はその上を見据えています。

ーーチャンピオンになっても満足しているわけではない、と。

HIROYA 最初に話したようにベルトという形は本当に大事なことだし、これからも守り続けます。でもいい意味でベルトにこだわっていないというか、これまで通りベルトに縛られず、自由に戦っていきたいです。

ーーそこには選手として成長しているという実感もありますよね?

HIROYA はい。今まで練習では出来るのに試合で出来ないことが多かったんです。でもノップ(ノッパデッソーン)が来てから、軸がしっかりしてぶれなくなったし、試合中に色々と考えて戦えるようになりました。

ーー試合が楽しみで早く戦いたいくらいですか?

HIROYA 楽しみです、本当に。今は相手をどうやって倒すかを考えるのが楽しみで、パンチでもローでもハイでも、どんな攻撃でも倒せる自信があります。試合までに戦略を練るのはもちろん、試合中にも色々と技を組み立てていけたら面白いだろうなと思います。

ーーそして初防衛戦の相手が寺崎選手に決まりました。対戦カード発表会見で「正直驚きました」という言葉があったようにHIROYA選手としては意外な相手でしたか?

HIROYA そうですね。でもKrushはインパクトある勝ち方をすればチャンスが巡ってくる舞台なので、寺崎選手が挑戦者になってもおかしくはないと思います。ただ(寺崎が)実力的にタイトルに挑戦するレベルではないと思う部分もありますけど、根性もあるし一発もある。怖さがない選手ではないので、舐めるのではなく、しっかり倒して勝ちたいです。

ーーチャンピオンになったHIROYA選手には周りも含めて色んなことを期待していると思います。

HIROYA 今回は自分がチャンピオンとしてトリプルメインイベントの大トリを務めることになります。こういう形でメインを任されるのも初めてのことだし、プレッシャーに感じることはないですが、イベントそのものも盛り上げたいと思っています。

ーー今回の防衛戦をきっちりクリアして、さらに大きな飛躍につなげたいですか?

HIROYA はい。11月のK-1も楽しみですし、またムエタイの試合にもチャレンジしたい。試合以外でも台湾のジムからセミナーの話をいただきました。Krushのベルトを巻いたことで色々なチャンスや可能性が広がっているので、そこで色んなものを吸収して選手としても人間としても成長していきたいです。

自分のためじゃなくて、家族や仲間のためにベルトを獲りたい(寺崎)

ーー4.15『Krush.40』では西川康平選手にKO勝利し、約2年半ぶりの勝利を収めました。

寺崎 2012年のWILDRUSHリーグがあんな無残な結果に終わってしまって(4敗1分)、梶原(龍児)戦(2013年9月)は勝つことを目的にするよりも『プロとして何を見せられるか?』を心に決めて戦って、そういう意味のある試合でした。だから西川戦は本当に勝ちにこだわっていて、打ち合おうと思えば打ち合えたのですが、そこはグッと我慢して。チャンスをうかがいながら戦って、3Rに右のパンチを当てた時、ここが勝機だと判断して最後の最後で倒すことが出来ました。なので結果としてはすごく良かったです。

ーーかなり激しい試合でしたが、寺崎としては勝ちに徹した試合だったのですね。

寺崎 そうですね。梶原戦のように1Rからガツガツいけたのですが、新しい自分を見せたくて、ああいう戦い方になりました。

ーー西川戦の勝利が評価され、今回のタイトル挑戦が決まりました。寺崎選手にとってはキャリア初のタイトルマッチです。

寺崎 デビューして10年、怪我や仕事で練習が出来なかったり、色んなことがありました。10年目にしてやっとそれまでの色んな想いが届いたなという気持ちです。

ーーこのタイミングでタイトルに挑戦する姿は想像していましたか?

寺崎 正直、今の自分がタイトルに挑戦する姿は想像していませんでした。ただいつもそうなんですけど、色んなアクシデントや出来事が起こった時、その都度、違う目線で色んなことを感じることが出来るので、今はもう気持ちを切り替えてチャンピオンベルトを獲るだけです。

ーー寺崎選手にとってチャンピオンベルトとはどんなものですか?

寺崎 デビューして3〜4年の頃は自分のために獲るものだと思っていました。自分が有名になりたいとか目立ちたいとか…それがベルトを獲る目的でした。でも負けを経験することで、自分にとってのベルトの価値は変わってきました。今、自分には妻と息子がいて、12月には二人目の子供が生まれる予定です。自分のためだけではなくて、家族や支えてくれる周りの人たちのためにベルトを獲りたいです。

ーーベルトを巻く姿を子供に見せたい?

寺崎(即答で)見せたいです。それを見せることで、息子が『自分の親父は格闘技のチャンピオンなんだ』と自慢してくれて、大きくなった時に僕の背中を追ってくれたらいいな、と。そういうことを思いますね。だからこそ自分のためじゃなくて、家族や仲間のためにベルトを獲りたいと思います。

ーー自分のためと家族や仲間のため。力の源が違いますか?

寺崎 はい。今まで自分のために色々やってきたんですけど、それでは力が弱いんですよ。それよりも人の想いを背負った方が底力は強いと思います。

ーー10年分の想い、家族や周りへの想い。初のタイトル挑戦ですが、寺崎選手にとっては重いタイトルマッチですか?

寺崎 集大成です。集大成としてベルトを獲りに行きたいです。

ーーチャンピオンのHIROYA選手にはどんな印象を持ってますか?

寺崎 K-1に出ていた頃から見ていた選手で、Krushでも同じ日に試合をして控室が同じだったこともありました。その時、HIROYA選手は負けてしまったんですが、控室に戻ってきた時の表情を見て、彼もどん底を経験しているんだなと思いました。そういったどん底の時期を経験して、初代王座決定トーナメントでベルトを巻いた。きっとHIROYA選手も最後(のチャンス)のつもりで練習をしてきたと思うし、だからこそすごく強くなったんだなという印象があります。その上で彼はKrush-65kg級でチャンピオンにいる選手で、僕が挑むにはすごくいいタイミングとシチュエーションだと思います。

ーー簡単に言ってしまうとエリートのHIROYA選手と下積みからやってきた寺崎選手という見方もある試合です。

寺崎 確かに周りはそう捉えるかもしれません。でも自分の中で他人がどうとか、いい境遇にいるからとかは思わないようにしています。それよりもそういう人間に自分がどう太刀打ちできるか、どこまでできるのかを重視しています。だから相手に対して、というのは関係ないです。ゴングが鳴れば一対一の男と男の勝負だから、それには負けられないです。

ーーずばりどんな試合を見せたいですか?

寺崎 どんな結果になるかはやってみないと分かりません。僕はあきらめない気持ちを前面に出してお客さんに何かを感じてもらって、最終的には自分と家族と仲間たちが笑っていられるような、そんな試合にしたいです。

【記事提供/Good Loser】


Krush.43
日時:2014年7月13日(日)
開場:17:00 OPファイト開始:17:15 本戦開始:18:00
会場:東京・後楽園ホール

▼オープニングファイト第1試合 Krush -55kg Fight/3分3R
鎌田裕史(韓道場)
vs.
稲妻ショーヘイ(HIDE'S KICK!)

▼オープニングファイト第2試合 Krush -55kg Fight/3分3R
濱田修成(DUROジム)
vs.
千吉良恭平(リーブルロア)

▼第1試合 Krush -55kg Fight/3分3R
亀本勇翔(チームドラゴン)
vs.
岩尾力(POWER OF DREAM)

▼第2試合 Krush -55kg Fight/3分3R
指首祐太(STRUGGLE)
vs.
隆聖(ドージョー☆シャカリキ)

▼第3試合 Krush -55kg Fight/3分3R・延長1R
伊澤波人(チームドラゴン)
vs.
堀尾竜司(TRY HARD GYM)

▼第4試合 Krush -60kg WILDRUSH League 2014公式戦/3分3R
闘士(池袋BLUE DOG GYM)【勝ち点6】
vs.
島野浩太朗(菅原道場)【勝ち点5】

▼セミファイナル(第5試合) Krush -70kg Fight/3分3R・延長1R
山内佑太郎(HALEO TOP TEAM)
vs.
K-Jee(小比類巻道場)

▼トリプルメインイベント第1試合(第6試合) Krush女子タイトルマッチ/3分3R・延長1R
[王 者]朱里(ボスジム)
vs.
[挑戦者]谷山佳菜子(正道会館)
※王者・朱里は初防衛戦

▼トリプルメインイベント第2試合(第7試合) SKA世界バンタム級タイトルマッチ/3分5R
[王 者]寺戸伸近(Booch Beat)
vs.
[挑戦者]ヴェダット・ウルック(トルコ)
※王者・寺戸は3度めの防衛戦

▼トリプルメインイベント第3試合(第8試合) Krush -65kg級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
[王 者]HIROYA(TRY HARD GYM)
vs.
[挑戦者]寺崎直樹(Booch Beat)
※王者・HIROYAは初防衛戦

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional