PC・携帯・スマートフォンで見る“無料”プロレス・格闘技ニュースサイト『バトル・ニュース』

【PREMIUM】長島☆自演乙☆雄一郎インタビュー①

【PREMIUM】長島☆自演乙☆雄一郎インタビュー①

/battle-news.com/premium/swfu/d/140630_Interview-Title.png

2007年のプロキックボクサーデビューの後、“コスプレファイター”として2009年にK-1に登場した長島☆自演乙☆雄一郎。K−1参戦当初こそ「格闘技は趣味、本業はコスプレイヤーです」という発言から風当たりも強かったが、『K-1 WORLD MAX 2010 〜-70kg Japan Tournament〜』で全試合KOで勝利してトーナメントに優勝。格闘技ファンはもちろん、格闘技マスコミの見る目を一変させるだけのインパクトを残した。
K−1の会場にはコスプレをしたファンが大勢駆け付け、様々なメディアで取り上げられ、一躍スターダムへとのし上がった自演乙は、魔裟斗に次ぐK−1が生んだ日本人スター選手といっても過言ではなかった。
その後はまだ新日本プロレスの親会社になる前のブシロードとタッグを組んでプロレスラーとしてもデビュー。「コスプレイヤー」「格闘家」「プロレスラー」という3つの顔を持つようになった自演乙だったが、そこにはそれぞれへの思いと苦労が存在している。
そして、思いもよらなかったFEG体制のK−1消滅……。自演乙はその後、打撃格闘技イベントの「RISE」を主戦場にしているのだが、今年5月、突如K−1が新体制で復活することが発表される。新生K−1は別のキックボクシングイベント「Krush」が中心となるのだが、このタイミングで、7月12日にRISEのチャンピオンシップに挑む自演乙に、いまの心境をズバリ聞いた。
【取材・文/執事記者つばさ】

――K-1が『K-1 WORLD LEAGUE(K-1ワールドリーグ)』として復活することになりましたね。

自演乙 ホンマねー。予想外やったわ。

――いま、その話題で盛り上がっていますよね。

自演乙 盛り上がってる? ホンマに?

――盛り上がってますよ(笑)。そのK-1に出たいって気持ちはありますか?

自演乙 まあ出れるもんなら出たいと思うけど……

――K-1に思い入れは?

自演乙 あるけどね。(新生K-1は)まだまだKrushってイメージ。Krushの選手が出るイベントかなって。

――いまは7月12日に行われるRISEのタイトルマッチのほうに意識が向いている感じですよね。

自演乙 まずはチャンピオンになって、そこからどう進んでいくか、どう次へ羽ばたいていく道があるのか考えるほうが大事かなと(思っています)。

――現状の仕上がり具合は?

自演乙 結構身体自体は強くなってると思うね。スパーリングパートナーっていう部分で(大阪は)東京より(レベルが)落ちちゃうから、その分、身体を鍛えてフィジカル勝ち出来るようにね。そのためにフィジカルの練習量を増やしている感じかな。

――今度の相手であるダニロ・ザノリニはパワーで押しきれる相手ではないので、若干やりづらい部分はあると思いますが。

自演乙 どうなんだろうね。ダロニはちっちゃいけどパワーはあるよね。気持ちもすごく強いから、最後の最後まで攻めてくると思うし、最後の最後まで自分が油断したら倒されちゃうと思うから。まあ気持ちの勝負ですよね。

――今回、入場パフォーマンスのほうは何か考えていますか?

自演乙 大会場で試合するのが結構久しぶりなんですよ。前回は自分のわがままで『空手バカ一代』という超コアなところをついちゃったんで、今回はそれよりは王道と言いますか、僕の王道コスプレを(しようと思っています)。

――大会場での入場というと、以前ミルキィホームズさんたちと一緒に入場されてましたよね。今回はそういうのは?

「つづきが読みたい!」と思ったら▼こちらをクリック!


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional