PC・携帯・スマートフォンで見る“無料”プロレス・格闘技ニュースサイト『バトル・ニュース』

【PREMIUM】朱里ロングインタビュー③

【PREMIUM】朱里ロングインタビュー③

/battle-news.com/premium/swfu/d/140617_Interview-Title.png

近年の朱里は一時期ほど他団体に出場はしていないものの、Wrestling New ClassicとREINA女子プロレスの二団体で試合をしていた。今年3月には様々な団体で活躍している木村響子と対戦して勝利。さらに1月に“第二の故郷”であるフィリピンでプロレス興行を開催し、4月にはメキシコのメジャー団体CMLLに参戦。聖地アレナメヒコでのTVマッチでタイトルマッチを行った。
プロレスラーとして充実した活動をしているが、同時進行で日々キックボクシングの練習も積み、3月にはKrushの初代女子王者に輝いた。もうこれだけで充分偉業なのだが、朱里は7月13日『Krush.43』で行われる初防衛戦の先に、11月3日代々木第二体育館からスタートする新生K-1への出場を目論んでいる。
プロレスでも格闘技でも勝てる、誰が見ても強い選手になる……これまで何人ものプロレスラーが挑戦してきたが、なかなか達成できなかった偉業を朱里はやってのけている。ところが、本人がビックリするほどメディアなどで取り上げてもらえず、注目度が低い。すると朱里はさらに舞台出演などの芸能活動も積極的に行うようになり、より一層ハードなスケジュールに身を置くようになった。
プロレス+キック(ボクシング)+芸能活動……すべてを同時進行でやり続け、すべてで結果を出そうとする朱里。彼女がそうまでして“発信”しようとしている先は、プロレスメディアや女子プロファンだけではない。もっともっと“外”に向けて発信し続けている!
【取材・文/佐瀬順一】

ーー2013年12月にCMLLのラ・コマンダンテ選手に勝って、プロレス三冠王者となりました。2014年からはレイナ・コーポレーションと提携してWNC-REINAの所属となり、1月にもう1つの故郷であるフィリピンでプロレスの大会を開催と、昨年末から今年の頭にかけて朱里選手にとってはポイントになりそうだ大きな出来事が続きましたね。

朱里 そうですね。元々海外でやりたいっていう思いはあったし、やっぱり(2013年11月にフィリピンを直撃した)台風の被害のこととかもあったじゃないですか。お母さんもフィリピン人ですし、REINAのオーナーもプロレスが好きで「何かフィリピンに恩返しが出来ないか」って言ってくれて。それで自分がハーフってことで、いろいろなものがつながって1月にやるってことになったんですけど、すごくいい経験になりましたね。それにフィリピンの人は、本当に純粋にプロレスを楽しんでくれたんで気持ちよかったし、こういうところで試合をしていきたいなってすごい思いました。

ーー日本のプロレスファンは目が肥えているというか、良くも悪くもマニアが多いですから、厳しい見方をされることもありますからね。やっぱりほとんどプロレスを見たことがないフィリピンの人たちとは反応が違いますか?

朱里 日本のファンの方がプロレスを深く見てくれるのもありがたいんですけど、人によっては「どこを見ているんだろう?」って思うような人もいるじゃなですか(苦笑)。言い方が悪いですけど、変に知ったかぶると言うか。それと比べると、海外の人は本当に楽しんでくれるんですよ。

ーー変に深読みしたり、裏側を探ろうとしたりせず、自分がいま目の前で見てるリング上のことを単純に「すごい!」と喜んでくれるっていうのは新鮮かもしれないですね。

朱里 そうなんですよ。エルボー一発でも「わー!」って沸いてくれて、すごいって思いましたね。何かプロレスを見たことによって、ちょっとは元気になってくれたんじゃないかなっていうのを感じることが出来ましたね。だからフィリピンでもまだまだプロレスを見たことがない人はいるので、たくさんの人に見てもらいたいなって思いましたし、フィリピンに行ったときに思ったのが、発達しているところは発達しているんですけど、貧富の差がすごい激しくて「こういうところもあるんだ…」って思うようなところもありました。だからそういう人たちにもプロレスを見てもらって、何か得るものがあったらなとかって思いましたね。

木村響子戦→Krush→主演舞台→千秋楽の翌日にメキシコ遠征へ

ーーかつては日本でも高度経済成長の時代に、プロレスを見て人々が元気になったことを考えれば、そういうのってプロレスの原点なのかもしれないですね。その一方で、日本では2月に新生REINA女子プロレスを旗揚げし、最初の山場が3月の新宿FACE大会での木村響子選手との一騎打ち。逆に日本の女子プロレスマニアも注目するカードだったわけですが、木村選手の印象は?

朱里 格闘技もやっているのは知っていたんですけど、それまであまり関わったことのなかった選手なので。何かのときに一度やっているんですけど(※2013年8月のVKF東京大会でタッグマッチで一度対戦している)、そのときに「この選手とだったらすごい熱い試合になるんじゃないかな」っていう予感みたいなものはあって、シングルでやりたいなぁとはずっと思っていたんですね。だからシングルでやるって決まったときは、すごいワクワクしていました。

ーー試合後、木村選手が「フリーで自由に動ける自分っていうのが物差しになるんじゃないですか?」と言っていましたが、ここ最近の朱里選手は他団体の選手とガンガンやっている印象がなかったので、各団体でトップクラスの選手と対戦している木村選手は、三冠王者となった朱里選手がどこまで強いのかを測るには最適の対戦相手だったと思います。

「つづきが読みたい!」と思ったら▼こちらをクリック!


WNCが活動休止!朱里がいまの心境を綴る!
所属しているプロレス団体「Wrestling New Classic」が6月26日の東京・新宿FACE大会を最後に活動休止することが電撃決定!
これまでハッスル、SMASH、WNCとずっと一緒にやってきた師匠TAJIRIに対しての信頼感はロングインタビューの中でも語っていたが、ついに別々の道を歩むことになった朱里。
その心境を自らコラム『トレーニングモンタージュ』の中で綴った!

朱里の『トレーニング・モンタージュ〜K−1への道〜』第3回

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional