PC・携帯・スマートフォンで見る“無料”プロレス・格闘技ニュースサイト『バトル・ニュース』

【PREMIUM】Kouzyロングインタビュー③

【PREMIUM】Kouzyロングインタビュー③

/battle-news.com/premium/swfu/d/140514_Interview-Title.png

TOKIOの山口達也さんの実弟、バンドのボーカルとしてCDデビューしたにも関わらず、突如プロレスラーに転身したKouzy。
ちゃんと団体に所属し、1若手として下積みから始めたKouzyだが、所属した団体は暗黒プロレス組織666。666には「新宿二丁目プロレス」というブランドもあり、ここでKouzyはTOKIOの歌を海パン一丁で歌ったり、某アニメキャラのコスプレをしたりと、ほかのプロレス団体ではなかなか味わえない体験もしている。
そこで気になるのは、実はプロレス好きだという兄の達也さんをはじめとする家族の反応。
そして、キャリアも4年目に突入したKouzyは、この先プロレス界で何を目標にやっていくのか、ズバリ聞いた!
【タイトル写真/吉田みちこ 取材・文/佐瀬順一】

ーー666に入団してからは普通に新弟子としてセコンド業務とかやってましたもんね。坊主にこそしなかったけど(笑)。

Kouzy 自分もレスラーですけど、1ファンの心が抜けきれないところがあって、「こんな間近に試合観られて、チョーおいしいんだけど」って思っちゃうときありますね。そういうときってセコンド業務が止まっちゃうんで(苦笑)。本当に楽しいっすね! あ、プロレスをやる1年くらい前は坊主だったんですよ。急に坊主にしたくなって、バンドのメンバーに「坊主にしていい?」って聞いたら「してもいいけど、単に坊主にするだけなのはつまならいから」って真ん中だけ残して。マジでエクステつけて弁髪にしてラーメンマンになってました。ライブ中、グルグル回してましたね。

ーーKouzy選手は2011年2月にプロレスデビューして、その年の8月に新宿二丁目プロレスに参戦していますね。ここでいきなり綱引きをしている横で、芸能人水泳大会ばりに歌を歌っていたKouzy選手ですが、海パン一丁でTOKIOの曲を歌っていました(笑)。こういうところがいかにも666っぽいですよね。

Kouzy 面白いなって思いましたけど、複雑ですよねぇ……兄貴の歌っていうよりは、歌っている人は別のメンバー(長瀬智也)だしなぁとか思ったりして(苦笑)。

ーーそっちの複雑なんですか?(笑)

Kouzy はい(笑)。なかなかない経験ですよね。長男の結婚式で三兄弟で歌った以来でしたよ。

ーーそれは身内での微笑ましい1コマですが、新宿二丁目のど真ん中で海パン一丁で歌う経験はなかなか出来ないですよね。また、衝撃的だったのが綾波レイのコスプレでした! カワイイ、似合うと大評判でしたが。一応聞いておきますが、女装癖とかはないですか?(笑)

Kouzy ないですね(苦笑)。あれは会社から支給されたんですけど、最初見たときに「これ、綾波だよなぁ。誰が着るんだろう。まぁ俺だよなぁ」なんて思いながら着てみたんです。まぁ良き経験でした。

ーー「こんなことするのがプロレスラーじゃない!」とか思わなかったんですか?

「つづきが読みたい!」と思ったら▼こちらをクリック!


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional