PC・携帯・スマートフォンで見る“無料”プロレス・格闘技ニュースサイト『バトル・ニュース』

【PREMIUM】Kouzyロングインタビュー①

【PREMIUM】Kouzyロングインタビュー①

/battle-news.com/premium/swfu/d/140425_Interview-Title.png

TOKIOといえば日本を代表するアイドルグループのひとつ。そのTOKIOのメンバーである山口達也さんの弟が現役プロレスラーということはご存じだろうか?
元々バンドのボーカルを務めていて、どちらかといえば兄と同じ芸能畑にいた弟のKouzy(コージー)だったが、2011年2月に暗黒プロレス組織666主催の音楽とプロレスのコラボイベントに、当時所属していたバンドで出演したKouzyは、なぜかその日プロレスラーとしてのデビュー戦まで行った。
有名アイドルの実弟がプロレスデビューといえば、世間的にもかなり注目を集めそうなものだが、いわゆる“企画もの”と思われたのか、正直思ったよりも話題にならなかった。その後も666所属となって地道に続けてきたKouzyのレスラー生活は、今年の2月で丸3年を迎え、4年目に突入。
そこでデビュー戦はもちろん、その後もKouzyの試合を報じてきた当バトル・ニュースだからこそ、改めてKouzyにじっくり話を聞いてみることにした。
【カメラ/吉田みちこ、取材・文/佐瀬順一】

ーーそもそもKouzy選手がプロレスに興味を持ったのはいつ頃、どんなキッカケだったんですか?

Kouzy 僕の時代はまだK-1とかはなくて、中学のときの保健体育の教科書の裏に「思春期になるとプロレスに興味を持ちはじめる」とか書いてあって。

ーーえぇ! そんなことが書いてあったんですか?

Kouzy はい、書いてあったんです(笑)。それぐらい思春期の頃にはプロレスに興味を持ちはじめるっていうのが一般的なことだったんで、僕も同じように興味を持ったって感じですね。

ーーKouzy選手が中学生の頃って、もうゴールデンタイムではプロレス中継はやっていないですよね?

Kouzy やってないですね。

ーー深夜とか夕方とか、微妙な時間帯でしたよね。

Kouzy そうです、そうです! 兄弟は夜中の中継を見ていたんですけど、最初、僕は興味を持っていなくて。無理矢理起こされて、強制的に見させられてました。

ーーKouzy選手のお兄さんといえば、あのTOKIOの山口達也さんですが、お兄さんはプロレス好きだったんですか?

Kouzy もう大好きですね。キン消しとか流行ったじゃないですか。アレで顔だけが本物のプロレスラーだったやつとかが当時あったんですよ。アレをすげー持っていて。僕は最初、「なんだ、このオッサンたちの消しゴムは?」って思ったんですけど。

ーーあー、当時ありましたね(笑)。じゃあお兄さんの影響でプロレス好きに?

Kouzy でも当時は次の日が恐怖でした。深夜にプロレス中継を見て、翌朝技の実験台にされるんで、いかに早く起きて学校に行くかって感じでしたね。

ーーいかにも男兄弟って感じですね。じゃあどの辺からプロレスに興味を持つようになったんですか?

Kouzy まぁ兄弟の影響はありましたけど、中学に行った辺りから周りの奴らもプロレスに興味を持っていたんで。休み時間にプロレスごっことかをしはじめたので、僕も興味を持つようになりましたね。やっぱり兄弟でプロレスごっこするのと、友達同士でやるのって違うじゃないですか。兄弟同士は明らかに悪意があるんですよ(笑)。友達同士だとプロレスの面白さを追求してやるんで。でも友達とプロレスごっこやるようになって、プロレスってもの自体のことがよく分かっていなかったことに気付きましたね。

ーーそれは具体的にどういうこと?

Kouzy 3歳から格闘技をずっとやっていたんですけど、何か不思議な感覚というか、なぜトップロープからの攻撃を避けないんだとか、すっごい疑問でした。

ーーなるほど。ずっと格闘技をやっていたら余計にそういうことが不思議に思えるかもしれないですね。

Kouzy もうその頃には三沢(光晴)さんのファンになっちゃっていたんですけど、そういう疑問が徐々に分かってくるというか、やっぱり技がビシッと決まればファンは嬉しいし、プロレスの魅力のひとつに“(技を)受けてナンボ”っていうのがあるってことに気付きましたね。そうやってプロレスのことを分かりながらプロレスごっこをやっていくんですけど、面白いですよね。アレでSかMか分かるんですよ。

「つづきが読みたい!」と思ったら▼こちらをクリック!


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional