PC・携帯・スマートフォンで見る“無料”プロレス・格闘技ニュースサイト『バトル・ニュース』

【PREMIUM】夕陽ロングインタビュー③

【PREMIUM】夕陽ロングインタビュー③

/battle-news.com/premium/swfu/d/140401_Interview-Title.png

デビューしてから約1年のときに行った夏樹☆たいようとの初対決で“プロレスの楽しさ”を知ったという夕陽は、以降、初のタイトル奪取、師匠・日高郁人との一騎打ち、レジェンドレスラーからの3連勝など快進撃を続けていたが、ある瞬間から周囲の人間が「おや?」と思うことが多くなった。
『YUHI FINAL 卒業 SUNRISE』の中で上映されたショートムービーの中で、日高は「夕陽の中で魔法が解けた」と表現したが、最終的にそこから夕陽は“プロレス卒業”という答えを選択。
3.31『YUHI FINAL 卒業 SUNRISE』で夏樹とのプロレス卒業マッチに加えて、SUNSET☆JKとしてのラストマッチ、緊急決定試合と1日で3試合行い、プロレスを卒業した。
このインタビューは卒業マッチを行う前に行ったものだが、敢えて「このまま引退試合まで全力で突っ走ることが出来たら、プロレスでやり残したことないと言えますか?」と夕陽に聞いた。【取材・文/佐瀬順一】

ーー9月にはたまたま日高選手の『天下一ジュニア』1回戦の相手が欠場になってしまったので、急遽夕陽選手が対戦相手に名乗りをあげて、特別試合として師弟対決が組まれました(2013年の9月6日、ZERO1新木場大会)。結果的に最初で最後の師弟対決となりましたが、日高選手とは一度はやってみたいという思いはあったんですか?

夕陽 ありましたね! デビューする前にエキシビションで1回当たっているんですけど、そのときは5分だったんですけど、限られた時間の中で私の技術をお客さんに出来るだけ見てもらうってことに日高さんも徹していてくれたので。そのときから本当の闘いをしてみたいっていう気持ちはどこかにありましたね。

ーー本当に偶然実現した試合ですが、いま思えば結果も出てきたし、迷いもまだなかったし、プロレスラー夕陽が師匠に成長を見てもらうには一番いい時期で対戦出来たように思えます。

夕陽 そうですね。私もそう思います。このときは足を集中的に狙われて、最後もヒザ十字で潰しにきてくれましたからね。

ーーデビュー前のエキシビションでは夕陽選手のいいところを引き出そうとしていた日高選手が、1年ちょっと経ったら完全に潰しにきましたからね。いいところが出せなかったという悔しさはあるかもしれませんが、プロになってからの試合では叩き潰しにきてくれたことに嬉しさみたいなものはありましたか?

夕陽 デレツンですね(笑)。日高さんはやっぱり私が絶対に勝てない相手だと思うんですよ。もちろん試合をしたときは勝ちにいく気持ちでは闘いましたけど、師匠として私の全部を知っているし。厳しくきてくれたことに対しては……(※たまたまインタビューしていた場所に日高選手がいたため、そっちをチラッと見てから)大人気ないなと思いましたね!(笑) もっと蹴りたかったんですけど、それが出来ない状況にされたので。普段の試合ではいくら足を攻められても、どうにか蹴ることは出来るんですよ。でも日高さんにヒザを攻められたときは、本当に一発一発の破壊力が違くて……。本当に蹴ること出来ない状態だったので、本当にまだまだなんだなぁって感じました。

ーーベルトを獲ったり、夏樹選手にも勝ったりして、ちょっとだけ伸びていた鼻をへし折られましたね(苦笑)。

夕陽 はい。でもそうやって一気に落ちることで次の励みにもなったので。10月のはそれがあったからこそだと思いますね。

ーーその10月ですが、センダイガールズの後楽園ホール大会で行われた新星vs.重鎮の超世代闘争で(2013年10月17日)、新星軍の夕陽選手は重鎮軍の豊田真奈美選手、井上貴子選手、ダイナマイト関西選手の3人抜きをやってのけたのが大きな話題になりました。

「つづきが読みたい!」と思ったら▼こちらをクリック!


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional