PC・携帯・スマートフォンで見る“無料”プロレス・格闘技ニュースサイト『バトル・ニュース』

【PREMIUM】夕陽ロングインタビュー②

【PREMIUM】夕陽ロングインタビュー②

/battle-news.com/premium/swfu/d/140326_Interview-Title.png

3.31『YUHI FINAL 卒業 SUNRISE』で行われる夕陽の引退試合の対戦相手が夏樹☆たいように決まった。2人とも日高郁人(プロレスリングZERO1)に指導を受けた日高門下生。
打撃も関節技も出来る上にスピーディーな動きや空中殺法も出来るオールラウンドプレイヤーだ。初対決は2013年4月29日に東京・両国国技館大会でのハイスピード選手権。この試合はハイスピード史上でも屈指の名勝負と言われ、この試合をキッカケに夕陽の快進撃がはじまったといっても過言ではない。
プロレスのことを何も知らずにプロレス界に入り、プロレスラーとなった夕陽だが、夏樹との一戦がターニングポイントになったのは間違いない。そこで夏樹をはじめ、夕陽の約2年間のプロレス人生の中で印象的なことを約13000字及ぶロングインタビューの中で語ってもらった。【取材・文/佐瀬順一】

ーー愛川ゆず季さんが引退した2013年4月29日のスターダム両国国技館大会で、夕陽選手は夏樹☆たいよう選手のハイスピード王座に挑戦しました。あの試合を両国大会のベストバウトに挙げる人も多いですが、同じ日高門下生でありながら夕陽選手とも奈苗選手ともちょっと違う、夏樹☆たいようのハイスピードプロレスを体感してみてどうでしたか?

夕陽 私はずっと日高さんが練習を見てくださったんですけど、やっぱりコーチが一緒の選手だと試合をしていてすごく噛み合った感じがしましたね。初めてのタイトルマッチだったし、両国ってことで緊張もしていたんですけど、いままでプロレスをやってきて一番楽しいなって思える試合でしたね。

ーーほー、楽しかったと思えたのはすごいですね。両国国技館っていう大きな会場で、たくさんのお客さんが見ている中でタイトルマッチですから、楽しむ余裕がないくらい緊張していてもおかしくないのに!

夕陽 両国国技館はデビュー前にZERO1の大会を一度だけ観に行ったことがあったんですけど、その前はまったく知らなかったんで。ZERO1の試合を見たときに大きな会場なのに、お客さんが一体になっているのがすごいなって思ったんですけど、夏樹さんと両国でシングルをやるって聞いたときにその記憶をバーッと思い出して、自分にあんなお客さんを一体にさせるようなことが出来るのかって不安になったりもしたんですけど、試合前に日高さんと一緒に2階席の上のほうまで行って「ここのお客さんにも見えるくらいの試合を落ち着いてやりなさい」っていうアドバイスを頂いたこともあって、リングに上がるまではあまり緊張しなかったですね。

ーー全女時代に両国大会に出られなくて、両国のリングにすごい思い入れのある奈苗選手とは逆に、両国でプロレスをやることさえ知らずにプロレス入りした夕陽選手にしてみれば、自分がその会場で試合をするっていうイメージが沸かないというか、想像もしていなかったことかもしれないですね。

夕陽 私、レジェンドと呼ばれる選手の方と試合をする機会も多いんですけど、失礼な話なんですけど、情報としてすごい選手だってことは分かっていても、リアルタイムで試合も見ていないし、当時の映像とか雑誌を見る機会もあまりないので、実際に対戦するまではどの辺がどれくらいすごいのかが分からないんです。失礼な話なんですけど(苦笑)。

ーーいやいや、18歳じゃそうでしょう!

夕陽 まぁだからこそ実際に対戦したらボロボロにやられるんですけど(苦笑)。

ーーでも何も知らずにやってきたプロレスで、両国という大舞台でタイトルマッチをやって、負けたとはいえ楽しかったと思えるような試合が出来たことで、ある種達成感というか、夕陽選手が求めていたものの答えみたいなものが分かった気はしましたか?

「つづきが読みたい!」と思ったら▼こちらをクリック!


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional