PC・携帯・スマートフォンで見る“無料”プロレス・格闘技ニュースサイト『バトル・ニュース』

【PREMIUM】佐藤光留ロングインタビュー③

【PREMIUM】佐藤光留ロングインタビュー③

佐藤光留ロングインタビュー

UWFインターナショルを離れる際の田村潔司ばりに、穿いていたレガースを脱いで客席に投げてDDTに別れを告げて以降も、全日本プロレスの『Jr. BATTLE OF GLORY』でDRAGON GATEの望月成晃とバチバチの熱戦を展開したと思ったら、その一方でスクール水着に素足でまだ雪が積もっている路上で米山香織と乱闘、さらにユニオンプロレスに電撃参戦! 2月28日にはハードヒットも控えており、相変わらず精力的に活動している佐藤光留。
DDTでは総選挙で1位に輝き、KO−D無差別級王座も奪取。鈴木みのるとの一騎打ちまで実現し、一度は頂点に立った光留が、そのDDTを旅立ってまで目指すものとは何なのか……
約15000字に及ぶロングインタビュー、最後の3回目でその辺のことが見えてくるはずだ。【取材・文/佐瀬順一】

ーーいまの全日本は地味さといい、無骨さといい、昭和プロレスのテイストを一番感じる団体かもしれないです。それだけにいまの新日本をはじめ、洗練されたエンターテインメント性の高い近代プロレスが好きなファンには取っつきにくいかもしれませんね。

光留 カードゲームが好きな子はたぶん見ないと思います。僕、テレビとかあまり見ないですけど、まぁ動向くらいは分かるじゃないですか。『笑点』ってあるじゃないですか。あれってあんなに高視聴率を取っているんだから、他のテレビ局が真似してもいいのに、どこも真似しないじゃないですか。結局、『笑点』は『笑点』なんですよ。『笑点』しかない、誰も真似が出来ないから存続していて、さらに高視聴率なんですよ。だからプロレスだって、本当はいま全日本みたいなプロレスじゃなくちゃいけないんです。でも、あれはどこも出来ないんです!

ーーあ〜、確かに分裂騒動の際、もし諏訪魔選手がWRESTLE-1に行っていたら、いまやっているようなプロレスはやっていなかったかもしれない。例えやっていたとしても、いまの全日本の会場で見られるような怪物的な強さを感じることが出来たかと言われると、恐らく無理だったような気がします。

光留 やっぱり全日本プロレスっていう(看板のもとでやれる)有利な点だと思いますよ。そういう部分はあると思いますし、そこのファンに「佐藤光留は全日本のジュニアに必要だ」って言われるのは嬉しいですよ。まぁちょっと「全然痛くありませんっ!」っていう、まったく自分が意図していないものが浮き始めるっていうアレはありましたけど(苦笑)。

ーー2月シリーズで行われるジュニアヘビー級のリーグ戦も、佐藤光留絡みのカードはどれも面白そうですからね。

光留 だからどこのジュニアにも俺は負けねぇっていうか、全日本に肩入れする気持ちが芽生えましたもん!

ーーおぉ! 全日本LOVE!

光留 パンクラスの人間ですけど、ほかのジュニアがどんなにお客が入っていても、俺は安易にお前らと同じことをしてお客を入れようと思ってないし、なんなら実際にやったら絶対に俺のほうが強いって思いますもん! まぁ、もちろん見世物として面白くなくちゃいけないことは前提として。

DDTで一度は立った頂点。全日本ジュニアでもう一度頂点へ。その先は…

ーーまた同時期に新日本プロレスのほうにはメキシコからルチャドールがたくさん来て、すごい空中戦を見せてくれた。あれはあれで見ていてすごく面白い。そんな新日本ジュニアの現在のトップがIWGPジュニア王者の飯伏幸太。その一方、全日本で佐藤光留が何とも男臭いジュニアの試合をやっているという構図は面白いですね。

光留 でもそれはマニアです。世間的に見たら「佐藤光留って誰?」って言われますもん。そこは自分の責任ですからね。

ーーDDTでは一時期本当に輝いていたじゃないですか。選挙をやれば1位になり、ファンの後押しを受けまくって飯伏幸太を破り、一度はベルトを取って頂点まで登り詰めたわけじゃないですか。

光留 人生で一番心が……安らげた日々でした(苦笑)。信じられなかったですもん。女性ファンが僕のところに来てる現実が信じられなかったです。でもそれを1回捨てないと、ダメだと思うんです。維持していくのも大変ですけど、大きくしようと思ったら1回壊さないと。

ーーDDTのときのように、佐藤光留が全日本プロレスのジュニアの頂点まで登り詰めて、ファン待望の世界ジュニア王座奪取! 押しも押されぬジュニア王者として、DDTの凱旋したら面白いですね。

光留 夢ですよ! IWGP(ジュニアを)持っている飯伏幸太と、世界ジュニア持ってる佐藤光留でやりたいと思いますもん!

ーーそれをDDTのビッグマッチでやったら、DDT的にも面白いですね!

光留 絶対にないとは言い切れないですからね!

「つづきが読みたい!」と思ったら▼こちらをクリック!


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional