PC・携帯・スマートフォンで見る“無料”プロレス・格闘技ニュースサイト『バトル・ニュース』

【PREMIUM】佐藤光留ロングインタビュー②

【PREMIUM】佐藤光留ロングインタビュー②

佐藤光留ロングインタビュー

2008年のプロレス本格参戦時から主戦場にしていたDDTから「旅に出ることにした」佐藤光留。DDT1.26後楽園大会が光留にとって、一応DDTラストマッチとなったが、現在の光留の主戦場となっているのが全日本プロレスだ。
光留は武藤全日本の頃から全日本に参戦するようになり、大和ヒロシという好敵手を見つけたが、2013年の全日本分裂騒動で大和はWRESTLE-1へ。
しかし光留はその後も全日本に定期的に参戦し続ける道を選んだ。佐藤光留ファンの中でもなぜ光留がDDTから旅立ってまで、新生・全日本に上がり続けるのか疑問に思っている人はいるだろう。その辺のことも約15000字に及ぶロングインタビューの中で語ってもらった。【取材・文/佐瀬順一】

ーー飯伏選手なんかは自分の才能だけで新日本と契約したわけじゃない。新日本にいたほうが多くの人の目に触れる機会が増えるし、そこでDDTにも興味を持ってくれる人がいればいい。新規のファンをDDTに連れてきたいという思いで二団体所属という道を選んだ。

光留 飯伏さんはプロレスを横に広げていきたいタイプだと思うんですよ。でも僕はプロレスを縦に広げていきたい人間なんです。だから結局、これは根本的なものですけど、インディーってどれだけ大きくなってもメジャーにはなれないんです。なぜなら、やっていることがメジャーじゃないから。

ーーほうほう。興味深いですね。具体的にどういう部分が?

光留 インディー・メジャー理論っていうのはいまだに僕の中にあって、どっちがいい・悪いじゃなくて、両方出ているから分かるインディーとメジャーの違いがあるんです! それを考えたときに、結果的にインディーから出てメジャータイトルを獲るような、誰もが知っているプロレスラーになったのは飯伏幸太、関本大介、佐藤光留だけなんです! このお二方に名前を並べるのは非常に申し訳ないですけど、立場こそ違えど継続的に(メジャーにもインディーにも)出ている人間っていうのはそこだけなんです。

ーーまぁまぁもっといるのかもしれないけど、確かにその3人はインディーにもメジャーにも継続的に出ていて、タイトル戦線にも絡める選手ではありますね。

光留 何が彼ら2人と僕が違うかって言ったら、飯伏幸太みたいな横に広がっていく、初めて見た人にも分かるすごい動き。関本大介も初めて見た人でもすごさが分かる。でも佐藤光留はたぶんマニアが見て、「こいつってインディーでやってたけど、メジャーで見ても全然違和感ないんだな」って思ってもらえるインディー選手なんですよ。

ーー光留選手の場合は総合に出ても、基本的には変わらないですからね。

光留 はい。それはプロレスを大きなものにしていくっていう部分の考え方の違いなので。収入は僕のほうが確実に上がったと思っていますけどね!

ーーん?

光留 ダハハハハ。でも旅に出たときにその考えを突き詰めることっていうのは、(DDTを離れる)理由のひとつですね。だって中澤マイケルが世界ジュニアに絡めるかって言ったら絡めないですよ。地方で諏訪魔&ジョー・ドーリング組と出来るかって言ったら出来ないですよ。マイケルだけじゃなくてほかの人も。

ーー団体というか会社組織としてもメジャーとインディーの差はありますね。メジャーはスタッフもいわゆるビジネスマンというか、団体というよりは興行会社として、きちんとしたスーツを着た人たちが会社で働いているイメージがある。インディーは良くも悪くもスタッフも選手が兼務しているケースが多いし、身内による手作り感がある。でもDDTなんかはもっとビジネスマンによる会社っぽくなったら、DDTらしさがなくなっていっちゃう気がする。高木さんを中心とした、文字通りチームで作り上げているからこそ、DDTらしい素晴らしさが表現出来ているんだと思う。

光留 F1とラリーの差ですよ。舗装した道路で走るならF1が速いです。でも山道走るならラリーの車が一番速いです。だけど一般人から見て「どっちが速い?」って聞かれたらF1なんです。これは

「つづきが読みたい!」と思ったら▼こちらをクリック!


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional