PC・携帯・スマートフォンで見る“無料”プロレス・格闘技ニュースサイト『バトル・ニュース』

【学生プロレスサミット2014】各団体インタビュー①

【学生プロレスサミット2014】各団体インタビュー①

学生プロレスサミット2014

各大学のプロレス同好会・研究会が一同に会す『学生プロレスサミット2014』が、今年も2月28日に開催される。
2008年に復活した学生プロレスも今年で6年目。去年に引き続き『KWF九州産業大学プロレス研究部』が参戦! HWWA(一橋大学世界プロレスリング同盟)も久々に参加する。

毎年恒例となったバトル・ニュースによるインタビューももちろん実施! 『学生プロレス』という青春を謳歌している選手達のパッションを是非感じて欲しい。

1回目はNUWA(日本大学プロレス研究会)の2選手にインタビュー。
学生プロレスサミット2014のメインイベントを務めるNUWA統一三冠王者のNONKE論外選手と、同団体のエースを務めるクラッシャー・チンチン・ムケロ選手が学生プロレスと彼女について(!?)熱い思いを語る!【取材・文/執事記者つばさ】

NUWA編

NONKE論外

140130_GakuPro2014-1.jpg

――まずはなぜ学生プロレスに入ったのかお聞きしたいのですが。

「そうですね、元々中学からプロレスを見始めてて、大学にいたるまでずっと見てたんですけど、いざ大学に入って、サークル勧誘の日に特に下調べもせず色々サークルの勧誘ブースをうろついてて、そしたらどこのブースも話聞いてなかったんですけどふと、週プロが机の上に並んだブースを見つけまして! これはなんだろうと行ってみて、当時の代表だったひとりでヌケるもん! 選手から話を色々伺いまして、プロレス研究会っていうと昔ながらの研究というか、なんて言うんですかね? 週刊プロレスさんに投稿するようなものかと思っていたら、試合の方もするということで、これしかないといの一番にプロレス研究会に個人情報書いて、行きます! と即決して練習に行くようになり今に至りますね」

――他のブースの新歓とかもいかず?

「そうですね、プロレス研究会にかぶりついてそこに行って、他も話は聞いたんですけど特に惹かれるものもなかったので。最初のインパクトが強すぎたので」

――NUWAの試合なども見ずに?

「なんかもう直感で! ここは面白いなと」

――実際に入ってみてどうでした?

「ほんとうになんですかね、楽しい事しかなくて、特に受け身の練習とかも元々柔道とかラグビーとかで基礎みたいなものはありましたんで、特につらいと思う事はなく。まあそうですね、純粋にこう、真正面からぶつかり合ったりだとか投げ技をかけたりだとか、自分重量級なんですけど逆に相手に投げられるとかすごい新鮮な事もいっぱいで。あと下ネタのリングネームの文化ですとか、そういう本当になんて言うんですかね? 直感どおりに来て良かったなと、ほんとにイイことばかりでしたね」

――リングネームの話が出ましたが、NONKE論外というこのリングネームはどういう経緯で?

「当時リングネームだとか興行タイトルだとかそういうパロディ専門のすごい頭のキレるぶっかけ八兵衛選手がいまして、その方がたいていリングネームを新入生につけるんですけど、おそらく外見がホモホモしいからだと思うんですけど(苦笑)」

――実際そのリングネームに決まった時自分ではどうでした?

「ありがたいなと思いますね。色々業を背負ってしまいましたけど(苦笑)。当時タイムリーな時期だったので、ちょっとヒヤヒヤしたりしましたが(笑)」

――今NUWA統一三冠王者なわけですが、王者としてはどのような思いで闘われてるんでしょう?

「やっぱり歴代の、当時自分が一年だった時には4年のヌキ道山さんが三冠王者で、そのあと二年の時はフェチローさんが王者で、そして自分はフェチローさんを倒して王者に。お二方の試合を間近で見てきて本当にこう、越えられないぐらいすごい方達で、そんなお二方の持ってたベルトを自分が巻いているという事で、本当にSWSとUWFもチャンピオンはいますが、NUWAの特色というのは自分は真正面から真っ向勝負でぶつかり合うものだと思っているので、そういう真正面から感情ぶつけあうような見てるお客さんまで触発して熱くなれるような試合をどんどんしていきたいと思っています」

――学プロサミットの中では熱い試合を見せていきたい。

「そこに重きを置きたいですね」

――ちなみに、私は昔ながらの学プロのイメージをNUWAに持っているんですが、昨今の学プロのリア充化についてはどう思われてますか?

「そうですね~一概に…比較的NUWAは男臭い人が多いと思うんで、学プロ全体がそうなったと感じることはないですね。そういった選手はカッコイイと思いますが自分にはできないので、自分の男臭さを武器にしてやっていこうと思っています」

――今年の学プロサミットも去年に引き続きガッチリとした試合が多いですが、NONKE論外選手としてはどちらの学プロを見せていきたいというのはありますか?

「しっかりした試合が増えたというよりは個々の適性みたいなものだと思うので、お笑いは本当に出来る人がすごいそういう感性がお笑いの方に無いてる方でないと出来ないと思いますね。逆に多分、しっかりした試合をメインでやる人からするとお笑いっていうのはすごいハードルが高いものだと思うので、逆にそうですね、今お笑いが出来る人っていうのはすごい異彩を放って目立ってる選手ですね」

――先輩たちが今数多くプロに行っていますが、その辺りはどう思われていますか?

「プロに行かれた方っていうのは学プロっていう範疇から抜けだして、そのバックボーンをプロの方々に売り出していくっていうことができる勇気と行動力があるかたなので尊敬しますね。自分に関してはちょっとまだ、迷いもありますので、踏ん切りが付かない限りは見送ろうかと」

――学プロ内で尊敬している選手はどなたでしょう?

「一人上げるとすれば前三冠王者のフェチロー選手ですね。自分の身を顧みないようなような熱い試合を今までやってこられた先輩ですし、現に自分と闘っていただいた時もそのような試合で、影響は大きいですね」

――プロの選手で影響を受けている方はいますか?

「今決め技がぶっこ抜きジャーマンスープレックスホールドなんですけど、関本選手のを初めて見た時に、人間がこうも軽々と振り回されるものなのかと衝撃を受けまして、自分も是非やってみたいと思いまして。元々パワーファイター系の技をメインで使っていきたいと思っていたんですけど、そうですね、その中でも特にインパクトを受けた技でした。2年からこれをフィニッシャーにしようと使い始めましたね」

――ということは今好きな団体は大日本プロレス?

「元々は中学まではWWEを見ていてWWEが一番好きだったんですけど、そこから新日本に手を伸ばしてみて、それまでメジャー団体中心だったんですけどプロレス研究会入ってから色々な団体があることを教えてもらいまして、同期に教えてもらった大日本プロレスを一度見に行ったらそこからもうデスマッチもストロングもクオリティの高い団体でズブズブとはまっていきまして。今大日本バカになってますね! 一番好きな選手も関本選手です」

――ちなみに女子プロレスってどう思ってます?

「元々見る方ではなくたまに新しい技に手を出してみたい時とかに見たりはするんですけど、特に見てないですね」

――現在学祭や商店街プロレスなどで試合を行っていますが、今後NUWAの興行をどのような所で行っていきたいですか?

「去年はさいたまのほうの飯能で試合させていただいたり、一昨年は渋谷のアイドルの前座で試合をさせていただいたりして」

――アイドルの前座!?

「渋谷のO-WESTでマットの試合を。元々普段の練習環境がマットでやっているので、それほどやりづらさはなくて。CoverGirlsさんという2025年からきたアイドルさんなんですけど」

――東京女子プロレスは最近そういう形式でやっていますが、それ以前にもあったんですね。

「お客さんも盛り上がり上手な方がいっぱいいらっしゃって。そういったオファーがあった所には定着させていきたいですね。そういうお話がありましたら是非よろしくお願いします(笑)」

――去年から関西勢・九州勢もサミットに参加するようになりましたが関東勢との違いは感じますか?

「そうですね~、まあほんとに去年のサミットで関西勢の方々見た時は本当に衝撃を受けましたし、なんというか、関東の人達は結構試合で純粋に試合の中で示すっていうのが多いと思うんですけど、逆に関西の方は入場からそういった自分のキャラクターを確立していて、試合だけじゃなくてそういったトータルを通して見せる事ができる方々だなとすごく思いましたし、九州の方々は練習場にリングもあるということですごい基礎がしっかりしてらっしゃっいますね」

――今回チケットもほぼ完売という状況ですが、そのメインイベントをしめることにプレッシャーはありますか?

「ほんと光栄の一言です。取り立てて緊張とかはないので本当に自分のありのままの実力を全て出しきってしっかりそうですね、サミットのメインを勝利で締めくくりたいと思います」

――女性のファンもたくさん会場に来ると思われますが。

「女性のファンには見て頂いて熱くなっていただければと思いますし、それ以上に男性ファンの野太い熱い歓声を期待してます!」

――最後に学生プロレスサミット2014やこのインタビューを見てくださっている方にメッセージを。

「熱い闘いというのはもちろんなんですけど、ここ数年の学プロサミットのメインイベントにSWSとUWFはいて、NUWAの選手は絡んでなかったんですよ。それは決して二団体に比べて劣っているという事ではなくて、色んなものの結果だったと思うので、今ここで自分がメインイベントに上がって、NUWAがメインイベントでUWFの王者と闘うという。ここで改めてガッチリ勝って、学プロ界にNUWAありという所を、これだけ宣伝してお客さんも超満員の中でしめられたらと思います」

クラッシャー・チンチン・ムケロ

140130_GakuPro2014-2.jpg

――まずはなぜ学生プロレスに入ったのでしょう?

「まったくプロレスを見たことなかったんですけど…なんか大学に入ったら面白可笑しい事やりたいなって。それでサークル勧誘見てプロレス研究会面白そうだなって、ほんとに何も考えずに入りましたね(笑)」

――ルールすらわからない状態で?

「もう馬場と猪木死んだのどっちだっけ? みたいなレベルでプロレス知らなかったです!」

――その状況で実際入ってみてどうでしたか?

「プロレスのお約束を一切わからないんですよ。ロープに振られても帰ってこないんですよ(笑)。全くルールが分からない中で入ったんで、周りプロレスオタクばっかりじゃないですか? 逆に新鮮だったみたいで、なんとか初心者キャラみたいな感じでやっていくことができましたね」

――色んな団体の映像を見たと思いますが、その中で一番最初に気に入った団体はどこでした?

「DDTの男色ディーノさんを見て、こんなプロレスがあっていいんだと! あとヨシヒコやあのあたりで、僕人生で初めて見たプロレスがラッシャー木村の金網デスマッチで」

――なぜ!?

「ケーブルテレビだったと思うんですけど、血まみれの屈強な男たちが頭突きをしあってるみたいなイメージがあったんですよ。でもこんなプロレスがあるんだったら自分もやりたいなと思ったのが男色ディーノさんの試合ですね」

――今のファイトスタイルもその影響を受けていると。

「まあ、面白おかしくっていう点では。学園祭っていうのが主に我々の舞台なんですけど、そこで人生で初めてプロレスを見るって人がかなり多いんですね。人生で初めてプロレスを見る人にも、わかりやすく引き込んで、そこからプロレスに興味を持ってもらえたらなって試合をしています」

――先輩たちがDDTなどでプロになっていってますが。

「全く興味が無いですね! 学生プロレスっていうのは4年間限定の悪ふざけだなって思っていて、某三富プロも最近言ってましたけど、学生プロレスとプロレスって全く違うものだと。よく言われるのは学プロと本物のプロレスはリトルリーグとメジャーリーグぐらいの違いがあると。学生プロレスは基本的に金を取らないんですよ。金をとらないからこそできるくだらない試合、それが学プロの醍醐味の一つかなと思うんで。正直サミットに出るっていうのも結構思うところがあったんですけど、でも皆結構金とる試合に抵抗ある人この中に結構いるんですよ。だけど、あんな面白い奴らが埋もれてていいのかと思うんですよ! もうだから、自分がサミットに出て、クソくだらない試合をバカバカしい試合をすることで学プロサミットの間口を下にも広げていきたいと! もっと色んな人が、色んな選手が自分の思うような試合ができる場作りをしたいと思いますから、プロレスに興味を持ってもらえたらなという試合をしたいと思ってます」

――間口という点では去年から関西勢、九州勢も参加するようになりましたが、関東勢と関西勢の違いは感じてますか?

「関西九州2つとも見てて思うのが、ちょっとリミッター外れてるなと。ネジが飛んでるどころかネジ穴が最初からないんじゃないかと(笑)。関西はエンターテイメントというか見てて引き込まれる試合をしてて、九州は格闘技色が強いというか、総合とも違うんですけどバチバチやって、迫力がある試合をしてて、ちょっと…張り合うのは無理だなと! 関東は関東の持ち味を探していかないと飲まれるなっていう危機感はありますね」

――現在NUWAのエースと呼ばれていますが。

「高校野球で言う補欠のキャプテンみたいな感じで(苦笑)。他の同期三人が皆ベルト持ってて、四年生も過去に皆ベルトを持ってた。自分が唯一常にずっとノンタイトルで、試合のカードを組みやすいというか、ずっと第1試合、第2試合で前半戦で興行の場作りをするっていう、縁の下の力持ち的なものを評価してくれて、でもそれを揶揄する感じで。ある意味認めてくれてるのかなっていうのはありますね」

――エースとしてライバル視している選手は。

「学部が同じNONKE論外ですね。自分とは正反対だなと。試合のスタイルも体格を活かしたパワーファイトであったり、お笑いに走らずにストロングスタイルに熱い試合ができるっていうのは自分にはないものなので、そこに憧れると同時にあいつには負けたくないなという気持ちはありますね」

――ちなみに今の決め技は?

「決め技はラブバレーボムって言うんですけど、試合のたびに彼女を観客席に呼んでおいて、こう(念仏パワーボムのように手でハートを作り)して、月の研究所からマイクロウェーブが送られてきて、ラブパワーを注入して相手を担いで「あきほ! 愛してるぞ!」と彼女の名前を叫んでデスバレーボムを撃つと!」

――それは二次元の彼女とかではなくリアルな彼女なんでしょうか?

「リアル彼女です! よくフラれないな~と思ってます(笑)」

――彼女は大学に入ってからできた?

「大学入ってから二年半付き合ってます」

――彼女はそれを見てなんと?

「いやもう応援してくれて、やりたいようにやればと! 懐が広い世界で一番可愛い彼女なんで(満面の微笑み)」

――ちなみにどこで知り合ったんでしょう?

「文学サークルを立ち上げてやってるんですけど、そこで出会って、アタックをかけて付き合いました」

――リング上から告白したとか?

「デビュー前です(笑)。もう彼女にもプロレスを仕込んでいて、序盤の3分ぐらいの試合だったらできると思うんですよ。受け身はあれですけど腕を取ったりだとか。抱きつく動きをしながら笑顔で)俺が後ろから抱きつくとクラッチを切ってバックを取り返してきてフルネルソンで固めてくるんですよ~」

――彼女とはデートでプロレスを見に行ったりだとかは。

「いや学プロオンリーですね。彼女もプロレスを全く知らないんですよ。彼女を使って試合をすると一部の方からはめちゃくちゃブーイングをくらうんですよ~」

――じゃあ今度の学プロサミットにも彼女は来るわけですね。

「来てくれると信じてます。2月までにフラれないのを目標ですね!」

――学プロ界で彼女持ちは非難の的だと思うんですが。

「初めてラブバレーボムをやった時に、業界内では色んな声が…あいつを殺せ! とか(苦笑)。自分がプロレスを全く知らないうえに体格も全然あれなんで、とにかく他の奴とは違うところで自分の魅力を伝えていかなきゃいけないなというのがあって、そこで今まで誰もやってないネタがあるじゃないかと! クラッシャー・チンチン・ムケロ=彼女ネタっていうのでいいじゃないかと! ぶっちゃけもう9割童貞だろとか散々言ってるんで、そこで入場で観客席の彼女とイチャついてチューとかしてるだけで始めて見る人も引き込まれるわけですよ! もうブーイングをする! あいつが悪者なんだと! あいつをぶっ殺せと!! もう入場の時点で初めて見た観客がプロレスの構図をわかってくれる、こんな素晴らしいものがあるかって(キリッとした表情で)」

――もう本当にリア充爆発しろですね!

「プロレスなんも知らなくても調子こいたリア充が制裁されるだけでお客さん面白いんですよ。プロレスの見方がわからない人でも面白い試合をいつも心がけてますね」

――そんなファイトスタイルの中、NUWAの雰囲気はどう感じてます?

「Nじゃなきゃここまでやってこれなかったなって。かなり個人のキャラを尊重する団体みたいで伝統的に。一年の時から色んな技とか色んなムーブとかをやらせてもらえて、ラブバレーボムなんて一年からやってるんですけど、そんなのも許してくれる心の広い団体なんで、練習の雰囲気も遊び半分だけどもう半分は真剣に取り組んでる。この空気があったからこそやってこれたと思いますね」

――では最後に彼女にたいして一言!

「チンチン・ムケロの彼女は世界で一番可愛いぞ! っていうのを新宿FACEで叫びたいと思います! あきほ! 愛してるぞ!」

学生プロレスサミット2014
日時:2014年2月28日(金) 開場:18:00 開始:18:30
会場:東京・新宿FACE

▼第1試合 タッグマッチ
徳川year!ass!(SWS1年)/フェラナンテ・ドーデス(UWF1年)
vs.
プーサン後藤(NUWA1年)/両刀戦士ホテルニューハーフオータニ(UWF1年)

▼第2試合 6人タッグマッチ
水嶋ヒロ斎藤(SWS3年)/ヌレヨンちんちゃん(慶応大学3年27歳子持ち童貞)/お尻TAJIRI蟲(SWS1年)
vs.
クラッシャー・チンチン・ムケロ(NUWA3年)/スマータフォン・セクスペディア(SWS3年)/馬並勃巳(NUWA1年)

▼第3試合 NUWAタッグ選手権試合
[王者組]スパン・キングストン(NUWA3年)/カリート・カリビアンコム(NUWA3年)
vs.
[挑戦者組]アンドレ・ザ・モジャイアン(UWF3年)/陳貝々(UWF3年)

▼第4試合 シングルマッチ
ダイヤモンド☆フユカイ(SWS3年)
vs.
赤井そら(KWF3年)

▼第5試合 SWS世界Jrヘビー級選手権試合 4WAYマッチ
[王者]ショーモ・ナイケルズ(SWS2年)
vs.
[挑戦者]クリト・リーストウッド(SWS4年)
vs.
[挑戦者]ハス向井理(UWF2年)
vs.
[挑戦者]喰霊斗たむ(KWF3年)

▼セミファイナル 6人タッグマッチ
ハミチツ二郎(SWS4年)/タイガー・ベッド・シーン(SWS4年)/ギャル男コレクションAG(UWF4年)
vs.
オナホ・ハズシタ(NUWA2年)/アレクサインダー大塚(SWS2年)/バーベQ太郎(UWF2年)

▼メインイベント シングルマッチ
[UWF世界ヘビー級王者]ちんことみつき(UWF3年)
vs.
[NUWA統一三冠王者]NONKE論外(NUWA3年)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional