PC・携帯・スマートフォンで見る“無料”プロレス・格闘技ニュースサイト『バトル・ニュース』

【PREMIUM】飯伏幸太ロングインタビュー③

【PREMIUM】飯伏幸太ロングインタビュー③

飯伏幸太ロングインタビュー

昨年2013年、飯伏がDDTに加えて、新日本プロレスにも所属することを突如発表したことは、大きな話題を呼んだ。
事前にまったくと言っていいほど情報が漏れなかったこと、そして「飯伏はいつか新日本に移籍してしまうのでは…」と心配していたDDTファンにとって、目からウロコだったと思われる“二団体所属”。そこに至るまでの経緯と共に、飯伏はどう考えていたのかをズバリ直撃!
プロレスラーとしてますます充実していき、注目度や露出が増えている飯伏だが、その私生活はほぼ謎に包まれていると言っていい。そこでこんな機会なので、思い切ってその辺もことも直撃してみた! 約15000字に及ぶロングインタビュー、最後の3回目も衝撃発言連発だ!【取材・文/佐瀬順一】

ーーDDT48総選挙が3位だったと分かったのが10月2日で、それから5日後の7日に衝撃的発表となったのが、新日本プロレスとの二団体契約ですよ!

飯伏 はい、これは衝撃でした。

ーー驚いたのは、この時代に事前にその話がまったくと言っていいほど漏れなかったことです。普通、これだけ大きな話なら、事前に噂くらいは出回りそうなもんですよね。

飯伏 そうですね。凄いと思いました。普通、どこかしらで漏れますからね。

ーー二団体契約とまではいかなくても、「飯伏が新日本に移籍するらしいよ」とか、それくらいは噂になってもおかしくないですよね?

飯伏 そうですよね。それが一切なかったですからね。(表に出たのが)突然でしたからね!

ーー情報が漏れなかった原因はなんだったんですか?

飯伏 漏れなかった原因は……やっぱり……誰にも……本当に誰にも言わなかったんです! 本当にそれだけですよ(笑)。

ーー会見でも言ってましたけど、この話が具体化したのは2013年に入ってからだったんですか?

飯伏 そうですね。冗談では(BEST OF)SUPER Jr.に出始めた2009年くらいから、(菅林会長から)冗談みたいな感じで言われてはいたんです。「飯伏君、いつ(新日本に)来るの?」みたいな。真剣になったのは、たぶん2013年になってからですね。

ーーレインメーカーのときと一緒で、これも2年くらい前にインタビューしたときに、「新日本への移籍とか考えないんですか?」って聞きましたよね。そもそもは高木(三四郎)さんが「飯伏が新日本に行きたいなら止めない。それがプロレス界のためになるのであれば」的な発言をしていたからなんですよ。だから、あとは飯伏選手の決断次第って感じだったから敢えて聞いたんですけど、「移籍はないです」って即答でしたね。

飯伏 あ〜、何か聞かれましたね。

ーーその言葉通り、決断したはしたんですけど、宣言通り移籍はなく、二団体契約というウルトラCでした。実際、高木さんからこの話をされたときはどうだったんですか?

飯伏 高木さんは結構早い段階で……2007年とかかな。その段階で「違う団体に行きたければ行ってもいいよ」って感じで言われていて。高木さんの言う「違う団体」って、メジャー団体のことだと思うんです。その頃だとノアにも出ていたし、「新日本でも全日本でも、本当にお前のやりたいようにやっていいんだからな」って感じで、ポツって言ってくることがあったんです。でも、実際に自分にそういう話が来るとは思っていなかったんです。

ーー高木さんは将来を見据えて、業界全体のことを考えて、飯伏選手はメジャーで活躍したほうがいいという思いもあったんでしょうけど、飯伏選手の実感としてはあくまでも仮定の話というか、「そういう道もあるよ」みたいな感じ?

飯伏 そうですね。だから何か高木さん、スゲェなって思って。さらに動きたくなくなりました(笑)。

ーーおぉ! それは高木さんの懐の深さというか、飯伏選手が万が一退団したら当然団体としてDDTはダメージを受けるだろうけど、業界全体のことを考えて「他団体に行ってもいい」と言えるってことは凄いことですよね。

飯伏 いや〜、ビックリしましたね。人として勝てないって思いました。深すぎて、大きすぎて。もちろんDDTも大好きですけど、高木さんには絶対に付いていこうって決めましたね。だから、そういうのが一切なかったら、もしかしたらですけど、

「つづきが読みたい!」と思ったら▼こちらをクリック!


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional