PC・携帯・スマートフォンで見る“無料”プロレス・格闘技ニュースサイト『バトル・ニュース』

【特別寄稿】2014年のリアルジャパンプロレスが1.19浜松で始動

【特別寄稿】2014年のリアルジャパンプロレスが1.19浜松で始動

http://battle-news.com/swfu/d/140114_RJPW.jpg

 今週末の1月19日、リアルジャパンプロレスの2014年第1弾興行が静岡・アクトシティ浜松で開催される。

 昨年末のリアルジャパンマットは喧噪に包まれた。12・12後楽園ホール大会では、大相撲の元大関・貴闘力の鎌苅忠茂氏が大仁田厚を襲撃して大乱闘が勃発。さらに、新たな虎仮面グレート・タイガーが初代タイガーマスクを撃破。肋骨及びアキレス腱、じん帯を破壊して病院送りにし、衝撃的なデビューを飾った。他にも、急遽決定された第7代レジェンド王者スーパー・タイガーとタカ・クノウが団体の歴史に残る名勝負を繰り広げるなど、波乱含みのまま2013年は幕を閉じた。

初代タイガーと藤波のレアな対戦が実現

画像の説明

 そして、新年が到来――。2014年のリアルジャパンが、高いプロレス人気を誇る浜松の地で始動する。1年を占う上で大事な初戦。そのメインイベントに、初代タイガーマスク&長州力&グラン浜田vs藤波辰爾&アレクサンダー大塚&佐藤光留の6人タッグマッチが決定した。

 やはり気になるのが初代タイガーの体調だ。昨年の12月大会で病院送りとなったが、試合後、肋骨の負傷だけでなく、右アキレス腱及びじん帯損傷が発覚。全治3ヵ月と診断された。

 それでも、LEGEND THE-PRO WRESTLINGの1・13後楽園大会で“太陽仮面”エル・ソラールとの33年ぶりの一騎打ちを実現させるべく練習を重ねてきたが、その過程で怪我が再発・悪化。無念の欠場となった。

 当然、万全とは言えない状況だが、悲願の“ストロングスタイル復興”を今年こそ成し遂げるためにも、リアルジャパンの新春興行に穴を開けるわけにはいかない。これまでも幾多の怪我を乗り越えてきているだけに、満身創痍ながらも出来る限りのコンディションを作ってくるだろう。それだけ、この試合に懸ける思いは強い。

 その大きな理由のひとつに藤波の存在がある。初代タイガー、藤波、長州の3人はトリオを組む機会が多く、また“名勝負数え歌”の再開以降、藤波と長州が相対することも日常的に行われるようになったが、意外にも初代タイガーと藤波が反対側のコーナーに立つことは少ない。

 昨年11月19日のドラディション後楽園ホール大会では久々に2人の絡みが実現(藤波&金本浩二vs初代タイガー&丸藤正道)。この時は藤波が逆さ押さえ込みで初代タイガーを破っている。その前となると、両者の対戦はリアルジャパンの2010年11月7日、相模原大会まで遡らなければならない。

 日本マット界においてジュニアヘビー級という枠組みを確立させたのが藤波ならば、それを大きく飛躍させたのが初代タイガーにあたる。藤波vs長州のような熱い炎ではないが、2人の間には秘めたるライバル心がある。特に初代タイガーは昨年敗北を喫しているだけに、リベンジに燃えているはず。藤波vs長州とはまた違った戦いを見せてくれるだろう。

若い世代の突き上げが初代タイガーに迫る!

 また、藤波のパートナーである大塚と佐藤の存在も見逃せない。大塚はレジェンド王者スーパー・タイガーのライバルであり、リアルジャパンマットでも初代タイガーより下の世代に括られ、その世代間で戦うことが多く、レジェンド勢と激突する機会は極端に少なかった。初代タイガーとの対戦は、大塚の記念興行を除くと、2009年07月のリアルジャパン相模原大会以来。かつては一騎打ちで初代タイガーを下した(於:UFO興行)ことのある実力者だけに、虎視眈々とチャンスを狙っているはずだ。

 そして、佐藤は今回が初代タイガーと初対戦となる。今やリアルジャパンの常連で、『武道 掣圏』では最終試合を務めたこともある佐藤にとってもまたとない機会だ。全日本プロレスやDDTでも活躍しているこの男を初代タイガーは以前から高く評価しているが、佐藤はある意味、“規格外”のレスラー。タイトル戦線を担える選手だけに、この試合をキッカケに更にリアルジャパンマットでも魅力を爆発させるかもしれない。

心強い“小さな巨人”という存在

 負傷を抱える初代タイガーとしては苦しい戦いが想定されるが、そこで頼りになるのは長州と浜田の存在だ。鍵を握るのは、“小さな巨人”浜田になるだろう。

 浜田と初代タイガーと言えば、新日本マットで名勝負を繰り広げたライバルだ。2人は同時期にメキシコマットで活躍。現地での参戦団体が違ったため別行動を取っていたが、現地で何度かタッグを組んだ経験がある。近年はタッグを組むことも、対戦することも多々あり、“最も初代タイガーを知る男”といっても過言ではあるまい。

 そして、浜田と長州もかつてメキシコでタッグを組んでおり、長州が藤波に“かませ犬発言”をぶつける直前の1982年8月、初代UWA世界タッグ王者に輝いている。浜田と初代タイガー、浜田と長州の連係や合体技にも注目したい。

スーパー・タイガーが伝説の空手家と注目の一騎打ち

140117_RJPW-2.jpg

 セミファイナルには、第7代レジェンド選手権王者スーパー・タイガーと青柳政司のレジェンド王座戦が組まれた。S・タイガーにとっては3度目の防衛戦となる。

 2012年12月に宿敵・長井満也を破り、同王座2度目の戴冠を果たしたS・タイガー。村上和成との初防衛戦こそ無効試合で消化不良となったが、昨年の12・12後楽園で行われたタカ・クノウとのV2戦では、団体の歴史に残る名勝負を繰り広げ、王者として、レスラーとして更なる成長を感じさせた。

 他団体への参戦や外敵との対戦をことあるごとにアピールしており、今年はそれを行動に移す年になるだろう。そんなS・タイガーの前に立ち塞がるのがベテラン青柳だ。

 昨年9月に青柳はリアルジャパンに初参戦。左目の失明を発表した青柳だったが、それをまったく感じさせないファイトを披露した。空手出身ながら、新日本プロレスやプロレスリング・ノアなど各団体で活躍してきた“レジェンド”は、未だに第一戦で戦っている。

 S・タイガーにとって、他団体参戦以上に重要なテーマは「対レジェンド」だ。リアルジャパンでは初代タイガーという絶対的な存在が君臨しており、さらに藤波や長州なども定期参戦している。

 圧倒的な魅力を発揮しているレジェンドたちを、S・タイガーが超えていかなければリアルジャパンの未来はない。それは単純に試合で勝利するだけでなく、存在感での勝負でもある。S・タイガーが外敵との対戦を熱望しているのも、それを意識してのことだろう。

 ともに蹴りを得意にしているが、空手家の青柳との蹴り合いを制することができるのか。そして、クノウ戦に続く名勝負をファンに見せることができるのか。レジェンドたちとの果てなき戦いの試金石となる一戦になるだろう。

注目の2選手が連続参戦!

 12月大会で一気にリアルジャパンの中心に躍り出た2選手も浜松大会に出場する。

 新たに誕生した虎戦士、グレート・タイガーは実力者ベアー福田と対戦する。正体不明のG・タイガーだが、立ち技やグラウンドでも初代タイガーと互角の攻防を展開し、その実力を満天下に知らしめた。脇腹を負傷していたとはいえ、初代タイガーから完璧な勝利を上げたのも事実。試合後にはS・タイガーとの対戦もアピールしており、レジェンド王座に狙いを定めているようだ。

 とはいえ、福田も一筋縄ではいかない相手。全国大会への出場経験を持つ柔道猛者だけに、G・タイガーのテクニックにも順応できる。ドラディションやLEGEND THE-PROWRESTLINGなどで活躍しているのも、その能力を評価されているからこそ。G・タイガーはここでもキッチリ勝利して、次なる戦いに繋げたいところだが…。

 そしてもう1人の注目選手は、S・タイガーと名勝負を繰り広げた寝業師タカ・クノウだ。巨漢ファイター柴田正人と激突する。

 国際レスリング連盟が主催する世界グラップリング選手権で金メダルを獲得した日本を代表するグラップラーのクノウは、初参戦でいきなりS・タイガーの持つレジェンド王座に挑戦。王者はUWF時代の「初代タイガーマスクvs藤原嘉明」を例えに出していたが、S・タイガーの打撃とクノウの寝技がガッチリとかみ合い、緊張感のある好勝負を繰り広げた。

 今後もトップ戦線で戦っていくのは確実だが、そのクノウに牙をむくのが柴田だ。180cm、130kgの巨漢ファイターで、若手興行『BRAVE HEART』では2戦連続でメインに出場。昨年12月にはリアルジャパン本戦にも出場し、大相撲の元関脇・若翔洋に相撲対決を仕掛けて場内を沸かした。

 勝てば一気にレジェンド王座の第1コンテンダーに浮上するだけに、柴田もいつも以上にパワーを駆使して前に出てくるはず。S・タイガーとはまったく違うタイプのパワーファイターを相手にクノウはどんな戦いを繰り広げるのか。そして、体格差のある相手にどこまで寝技が通じるのか。前戦ではブレーンバスターも披露しているだけに、クノウが繰り出すプロレス技にも注目したい。

その他カードも大充実!

 折原昌夫は間下隼人とのコンビを結成、若翔洋&タケシマケンジとタッグマッチで激突する。“トンパチ”折原昌夫は社会人レスリング王者にも君臨した実力者であり、間下隼人がプロレスデビュー時の鬼教官だ。リアルジャパン常連として地方大会でも己の存在を強くアピールしてくるだろう。注目はこの1月に結婚を発表したばかりの若き虎戦士・間下。以前は試合から悩みも見て取れたが、最近は吹っ切れた戦いを披露しており、どんな相手にも喧嘩ファイトを仕掛けて歓声を集めつつある。今やリアルジャパン常連として、プロレスラーとして開花しつつある若翔洋とリアルジャパン本戦2試合目になるタケシマが相手となるが、折原という心強い先輩とともに、今回も激闘を見せてくれるだろう。

 そして、第1試合には“リアルジャパンの門番”スーパー・ライダーが登場。リアルジャパン本線初参戦となるU-FILE CAMPの那須晃太郎に胸を貸す。

若い選手の壁として、常に厳しい攻めを見せてきたライダーに、進境著しい那須はどんな戦いを仕掛けるのか? IGF、全日本プロレス、バトラーツ、バチバチなど各団体で好ファイトを見せてきた那須にとっても、重要な意味を持つ一戦になるだろう。

 来年で10周年を迎えるリアルジャパンだが、今年も様々な事件や波乱が巻き起こることは確実。春には鎌苅氏のデビュー戦が行われるビッグマッチが都内で計画されており、そこに繋げる意味もある大事な大会で、レスラーたちはどんなファイトを繰り広げるのか? 新年早々、見逃せない大会になりそうだ。

初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス 浜松大会
日時:2014年1月19日(日)開始:15:00
会場:アクトシティ浜松

▼メインイベント 6人タッグマッチ 60分1本勝負
初代タイガーマスク/長州力(リキプロ)/グラン浜田(フリー)
vs.
藤波辰爾(ドラディション)/アレクサンダー大塚(AO/DC)/佐藤光留(パンクラスMISSION)

▼セミファイナル レジェンド選手権 60分1本勝負
[王 者]スーパー・タイガー
vs.
[挑戦者]青柳政司(誠心会館)

▼シングルマッチ 30分1本勝負
グレート・タイガー(不明)
vs.
ベアー福田(SECRET BASE)

▼シングルマッチ 30分1本勝負
タカ・クノウ(チーム太田章)
vs.
柴田正人(U-FILE CAMP)

▼タッグマッチ 30分1本勝負
折原昌夫(メビウス)/間下隼人
vs.
若翔洋(フリー)/タケシマケンジ(スポルティーバ)

▼シングルマッチ 30分1本勝負
スーパー・ライダー
vs.
那須晃太郎(U-FILE CAMP)

【提供/リアルジャパン】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional