PC・携帯・スマートフォンで見る“無料”プロレス・格闘技ニュースサイト『バトル・ニュース』

【PREMIUM】飯伏幸太ロングインタビュー②

【PREMIUM】飯伏幸太ロングインタビュー②

飯伏幸太ロングインタビュー

飯伏は中邑真輔戦で、東京スポーツ制定プロレス大賞2013の年間最高試合賞(ベストバウト)を受賞したが、2年連続で最優秀選手賞(MVP)を受賞した新日本プロレスのオカダ・カズチカとのシングル初対決も昨年実現した。
まだオカダが“レインメーカー”になる前、メキシコで一緒になったことがあるという飯伏は、プロレス界にレインメーカー旋風を起こしたオカダに対して「いまどれだけ凄くなっているか興味があります」と口にしていた。
IWGPヘビー級王者が…いや、そもそもオカダが他団体のリングに参戦することが稀。だからこそ、その対戦相手である飯伏に「本当のところはどうなんだ」と、レインメーカー評を聞いてみたかった。約15000字に及ぶロングインタビューの2回目は、その辺の話を中心に掲載する。【取材・文/佐瀬順一】

ーー『G1』を完走して自信をつけたところで、すぐに今度はホームのDDTで両国2連戦! なかなか過酷な連戦でしたけど(笑)、2連戦の初日はメインで男色ディーノ選手とシングルマッチ。いかにもDDTらしいカードでしたが(笑)。

飯伏 そうですね。真逆というか……でも、何かホッとしましたね。家に帰ってきた感はかなりありました! 相手がディーノさんだったっていうのも大きいですね。やっぱりデビューの頃からよくやってる人ですからね。

ーーまた、試合後にディーノさんから「なんでプロレスやってんの?」って聞かれて「楽しいからです」って答えたら、「DDTにいるのは?」って聞かれて。「好きだから。大好きだから」って答えてましたけど(苦笑)。

飯伏 いや〜、アレも突然言われて、本当に思ったことを言おうと思って言っただけ、みたいな(苦笑)。

最高のシチュエーションで実現したレインメーカーとの初対決

ーー翌日は新日本プロレスのIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカを迎え撃ったわけですが、2年くらい前に飯伏選手にインタビューしたとき、「いま興味ある選手はレインメーカーですね。以前メキシコで会ったことがあるんですけど、いまどれだけ凄くなっているか興味があります」みたいなことを言っていたんですけど、まさかDDTの両国大会でその機会が来るとは……。

飯伏 あぁ、はい。それは……そのときは思わなかったっすよね(笑)。本当にやるとは……。

ーーノンタイトル戦とはいえIWGPヘビー級王者が、しかもオカダ選手が他団体に出ることがまずないですし、注目度という点でも2年前には想像もしていなかったほど最高のシチュエーションだったけど、そこで実際にやってみてレインメーカーっていうのはどうでした?

飯伏 最高のシチュエーションでしたねぇ。何か……まぁ実際(オカダは)自分より大きいんですけど、それよりさらに大きく感じましたね。何か分からないですけど、「あ〜、自分はまだなのかな」みたいな? 試合をやってそう思う人って、あまりいないんですよ。技術とか、そういうのじゃなくて、何か分からないっすけど、オーラなんですかね……分からないっす! 分からないです……

ーーほほー。それは興味深いですね。「これ」っていうのは言及しにくいけど、やっぱり天下の新日本プロレスのトップを張っている噂のレインメーカーっていうのは、単にキャラクター付けされて会社からプッシュされているだけじゃない、トップに居座れるだけのオーラも実力もある、と。

「つづきが読みたい!」と思ったら▼こちらをクリック!


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional