プロレス・格闘技ニュースサイト『バトル・ニュース』の会員専用プレミアム版

松本浩代インタビュー【第2回】

松本浩代インタビュー【第2回】

PREMIUM_松本浩代インタビュー2

取材・文/佐瀬順一

これはプロレス界だけのことではないが、フリーランスというのはほとんど“保証”がない。当然、試合をしなければファイトマネーは入ってこないし、半年〜1年もの間リングから遠ざかった選手を今後使ってくれる団体があるかどうかも分からない。
そんな不安でいっぱいの中でも松本は考えた。中川が国内引退試合を行う12月まで騙し騙し試合をして、中川を送り出してから手術→長期欠場をするか。それとも中川の国内引退は諦めて、手術→長期欠場をするが、2015年春頃に予定されている海外での中川の引退試合に一縷の望みを託すか。

29歳のフリーランス…休む恐怖

「どういう状況になるか全然分からないけど、目標があったほうがいい」と考えた松本は、すぐに手術をして長期欠場という道を選択。だが、いざ道を決めたらあとは気持ちを切り替えてと前向きになれるかと言ったら、物事はそんな簡単ではない。
「休むってときに感じたのは“恐怖”でした」と胸中を吐露した松本は、一人になると激しく落ち込んだりすこともあったという。今まで築き上げてきた対戦相手との流れや、ファンからの期待などが消えていく恐怖。復帰出来たとしても自分の居場所はあるのかという恐怖。手術をしてもヒザがちゃんと動くのかという恐怖。欠場期間中の11月に29歳になった松本にしてみれば、もう一度頂点を目指すための時間が刻々と削られる思いだっただろう。

そんな松本を元気づけようと、入院中にたくさんの選手や関係者がお見舞いに来てくれたという。プロレスで長期欠場する場合、試合を見たりすると焦ったり不安になるので、一切試合も見ないし会場にも行かないという選手も多い。しかし松本の場合は退院後、中川が出場する大会を中心に、各団体の会場に顔を出して売店に立ったりした。
鈴木みのるもそんな松本を自身のネットショップ『パイルドライバー』が行ったイベントプロレスに呼んで手伝いをさせた。鈴木が所属するパンクラスにも鈴木を慕い、手伝いをする選手はたくさんいるのに、敢えて松本を呼んだのは鈴木流のエールである。松本も「本当にありがたい! ケガ人だとは思ってくれてないんですけどね(笑)」と、嬉しそうに鈴木の心意気に感謝した。

順調に回復している左ヒザ

手術をして約2か月が経ち、ニーブレスをした左ヒザの状況を「超順調です! ヤバイくらい順調」といった松本だが、そうは言っても復帰まではまだまだ先。12月23日、OZアカデミー後楽園ホール大会。もちろん試合は出来なかったが、ジャングル・ジャック21の一員としてひとまず中川を送り出した。試合が出来なかった無念さはあっただろう。海外での完全引退試合に間に合うかどうかはまだ分からないし、いまでも精神的に不安になることもあるという。
だが、松本浩代は決して一人ではない。ケガを完治させ、再びひた向きに練習をし、本当の強さを手に入れて女子プロレス界の頂点に立つことを期待している仲間、関係者、ファンがたくさんいる。「みんなに必要以上に感謝しています!」松本もそのことは充分わかっている。

欠場したことで冷静に各団体の試合を見ることが出来たという松本は、「大した奴いないじゃんって思って見ています。特出している選手はいないかなっていうのが正直なところですね」と言ってみせた。
奇しくも9日に発表された2014年度の東京スポーツ新聞社制定プロレス大賞で、女子プロレス大賞は“該当者なし”。「ケガした分だけ、泣いた分だけ、強くなる。笑顔のパワーとイライラのパワーで、復帰したら全部まとめてぶっ壊してやりますよ」そう語る松本浩代なら、この低滞ムードを破壊してくれるのではないか? 『レディゴジラの逆襲』Coming Soon!

松本浩代(まつもとひろよ)

プロフィール用松本浩代

1985年11月6日、神奈川県平塚市出身。2006年7月、新宿FACEでの小林華子戦でデビュー。息吹、プロレスリングWAVE、アイスリボン、NEO、センダイガールズなどに参戦。
2008年1月にOZアカデミーでアジャ・コング、AKINO、輝優優と「ジャングル・ジャック21」を結成。のちに同じエスオベーションの中川ともかも加入。
2011年からはスターダム、2012年から我闘雲舞にも参戦するようになる一方、SHIMMERなど海外の団体にも積極的に参戦。
主なタイトル歴はJWP認定ジュニア王座&POP王座、OZアカデミー認定タッグ王座、NEO認定タッグ王座、SHIMMERタッグ王座、アーティスト・オブ・スターダム王座、アイアンマンヘビーメタル級王座など

ーーヒザをケガしているレスラーは多いですし、武藤敬司選手のようにもうヒザがボロボロの状態になってもリングに上がり続けているレスラーはいます。そうは言ってもいくらい手術をしたって、松本選手が以前のような突進力のあるファイトや豪快なバックドロップを打てるという保証はない。やはり手術をするっていう部分では悩みましたか?

松本 結局は博打なんですけど、手術するしかないなっていう思いはあったので。休むってときに感じたのは“恐怖”でしたね。恐怖っていうのは欠場したらやっぱり居場所がどんどんなくなっていくんですよ。フリーだから余計。いままで築き上げてきた対戦相手との流れだったりとか、お客さんの視線・声援ってものが、欠場している間は会場に行ってても、誰一人こっちを向いてないんですよ。私が欠場することで、空いたポジションにはまた違う人が出て来る。長い時間かけて築いたものがどんどんなくなっていくのを間近で見ていて、本当に恐怖でした。もちろんそういう原因を作ったのは私だし、いままで無理をしてきたのは自覚しているんです。

ーーあ、やっぱり身体に負担をかけていた部分はあったんですね?

松本 いい調子だったのをいいことに、どんどん追い込んでいっていたし、「あ、今日ちょっとヤバイな」って思っていた日にケガしちゃったんで。もう完全に自分のせいなんですけど、居場所がなくなっていくのがどんどん見えていたので、もう怖くて怖くてしょうがなかったですね。せっかく積み上げた自信もどんどん崩れていくし。

ーーそれはプロレスラーに限らず、病気やケガでしばらく会社を休まないといけない状態になった人だって感じる部分かもしれませんね。自分のポジションがなくなっていく恐怖……。

松本 結局、自信がなかったから練習していた部分もあるんですよ。足りないって思っているから練習するし、自分という確固たるものが出来上がってなかったので、そのためにいろいろやっていたんですけど……

松本浩代手術直後

長期欠場中に突入…そのとき考えていたこと

ーーまた団体所属選手の場合は、もちろん本人の努力は必要ですけど、基本的に戻れる場所がありますけど、フリーは必要とされなかったらそこで終わりですからね。そういう部分で居場所がない、ニーズがないって感じる恐怖っていうのはあると思います。

松本 そうなんですよ。戻る場所もいまの時点では見当も付かないし、試合に出られないってなったときにどうやって生きていくんだって思いましたからね(苦笑)。本当に最初の頃は恐怖で、一人になるとワーッてなるし。でも思えば思うほど、この世界にいたからこそこういう気持ちになるし、結局私の居場所はここ(プロレス界)なんだな、辞めなくてよかったなって強く思えましたね。過去にも腰を痛めて動けなくなったとき、正直引退も考えたんですよ。そのときはたまたまいいお医者さんに出会って治ったんで、「いや〜引退しなくてよかったなぁ」なんて軽く考えていなんですけど、いまは引退したら廃人になっちゃうなって(笑)。このケガがあったからこそ、プロレスは私にとって生きる場所なんだって感じることが出来ましたね。

ーー運動選手にとってケガで動けないっていうのはものすごいストレスだと思いますし、精神的な部分で不安になると思います。いわゆる情緒不安定っていうか……

松本 あ、そうか! スーパーネガティブになったり、スーパーポジティブになったりするのは、情緒不安定ってことなんですね(笑)。そうやって不安になったりするんですけど、入院しているときとか、私の予想に反してすっごいいろんな人がお見舞いに来てくれたりとか、試合をしていないのにファンの人がイベントに来てくれたりとかしてくれて。「なんでそんなにしてくれるの?」って、すっごい有り難くて。もうみんなに必要以上に感謝しています!

ーーそれこそ松本選手がこれまでのレスラー人生で気付いてきた信頼感じゃないですか!

松本 いや、逆に罪悪感ですよ! こんなにやってくれて……私はちゃんと返せているのかなぁって。とりあえずいま出来る恩返しはしたいですね。復帰したあともそうですけど。

ーープロレスラーが長期欠場する場合、極力メディアやファンの見える部分に出ずに、復帰したときにバーンとインパクトを与えたり、逆に言えばそのままフェードアウトしていく選手もいるじゃなですか。そういう色々な方法がある中で、松本選手は入院中もTwitterとかで近況報告をしていたし、退院してからもリハビリの様子や各団体で売店に立ったりして、比較的ファンの目に触れることが多い感じですよね。

松本 はい。団体所属だったらそういう姿を消すのもいいと思うんですけど、フリーで姿を消しちゃうと本当に消えちゃうかなって(笑)。いや、それは半分冗談というか分からないですよ。私の場合はまだ復帰までこの先長いですから、そうやっていても消える可能性だってありますからね(苦笑)。

鈴木みのる率いるパイルドライバーファミリーの一員に

ーー松本選手の場合、女子プロレス仲間はもちろんですが、パンクラスの川村亮選手がお見舞いに来たり、鈴木みのる選手のパイルドライバーが開催した興行のお手伝いをしたりと、すっかり“仲間”というか“ファミリー”のような感じだったのが印象的でした。

松本 本当にありがたい! ケガ人だとは思ってくれてないんですけどね(笑)。やっぱり鈴木さんとのスパーリングがはじまりだったと思います。あれをバトル・ニュースさんで記事にしてもらったりとかしたんで、それを読んでくれたりして周りもちょっとずつ認めてくれたような感じがあって。横浜の開港祭とかも手伝わせてもらったし、入院したときも鈴木さんが花を贈ってくれたりとか、伊藤(崇文)さんも横浜の道場で私のクラスを作ってくれたりとか……すごいいろいろやってもらっているんです。でも私は一生懸命そこで練習させてもらうことと、あとは何かお手伝いさせておらうことでしか返せないので。いまはもう鈴木さんと川村さんのペットとして(苦笑)。何かすごい新感覚な場所です!

ーーペット!(笑)でも佐藤(光留)選手や川村選手を取材した際に話を聞いたりしますが、女子プロレスにはあまりない世界ですよね?

松本 はい! 強いて挙げればジャングルジャックに似た感じですね。深いところでつながれるというか、信頼できる人たちっていうか。鈴木さんは絶対に裏切らない人ですよね。アジャさんもそうなんで、やっぱり鈴木さんとアジャさんはすごいです!(笑)ついていきたいって思う人だし、その背中を見て育っている人たちもすごく信頼できるし、私もレスラーとしてはもちろん、人としてそうなりたいって思える人ですよね。強さ、曲げられないものを持っている、裏切らない……ボスを頂点にして、こういう人たちみたいになりたいって思える人たちのつながりですね。何て言うか、リアルONE PIECEですね!

ーーリアルONE PIECE!(笑)なるほど! 鈴木“D”みのる船長の一味になれてよかったですね!

松本 鈴木さんとの出会いは本当に宝物ですね。私は鈴木さんの背中を見て「この人みたいになりたい! ついていきたい!」って思ってたんですけど、鈴木さんがスパーリングをしてくれたあとに私に首輪をつけてくれた感じですかね?(笑)

ーーあ、やっぱりペットなんですね(笑)。

松本 みんな私を女扱いしないから、それがまた心地いいです。周りから見て「女子レスラーが男子レスラーと居て」って思う人もいるかもしれないけど、本人たちは女どころか男以上に厳しくされているんじゃないかって思うときもありますからね(笑)。

ーーフリーの選手はなかなか“みんなの中で揉まれて強くなっていく”っていうのが味わえない中、松本選手にとってこの鈴木みのるファミリーというか、パイルドライバー軍団というか、とにかくこの中に入って揉まれて強くなっていっているような気がします。

松本 でも鈴木さんだったら新日本プロレスで、佐藤(光留)さんだったら全日本プロレスで、川村さんだったらパンクラスでベルト獲ったりとか、皆さん結果を残されているので。私はまだそこまで行ってないと思うんです。仲間として認めてくださっているのはすごく嬉しいんですけど、やっぱりちゃんと結果を残してから、ちゃんと「ファミリー」って言えるようになっていたいですね。一緒にやらせていただくのは嬉しいですけど、いまはまだこれ以上鈴木さんに甘えるわけにはいかないし、鈴木さんの看板に泥を塗るわけにはいかないので、松本浩代個人としてきちんと復帰して、1レスラーとして結果を残してから何か一緒にやらせてもらいたいですね。

ーーパンクラスMISSONに移籍ですか?

松本 そうじゃないです(苦笑)。そうじゃなくて、鈴木さんが『風になれフェスタ』みたいなことをやるときに、売店ではなくレスラーとしてお手伝いできるようになりたいなと思います。

ーーなるほど。戦力になるというか、やっぱり『風フェス』にスターダムのワールド・オブ・スターダム王者の世IV虎選手が出たように、女子プロレス界のトップ選手として松本選手が出場することが理想ですよね。

松本 はい。鈴木さんのほかにも、私にとってはプロレスの師匠である日高(郁人)さんにも『ひろよエイド』(※日高選手が店長を務める東京・中野のホカクドウ by 覆面屋工房で松本選手が店長を務めたイベント)をやってくださったりして。本当にいろんな方たちの助けがあったので、欠場前よりしっかりしないとなってかなり思っています! ベルトもですけど、もう一度プロレス界に松本浩代っていう存在をしっかり確立します。

リハビリをする松本浩代

ーーでは最後にケガしてから3か月ちょっと、手術してから2か月ちょっと経ちましたが、まだ復帰まではもう少しかかりますが、回復具合は順調ですか?

松本 超順調です! ヤバイくらい順調です。

ーー精神的にはだいぶ落ち着きました?

松本 ……う〜ん、何か泣きたくなるときもまだありますけど、自分で振り切るようにしているというか、振り子の反動をデカくしていこうと思って。ケガした分だけ、泣いた分だけ、強くなるというか。気持ちは隠さず、悔しければ「悔しい!」、悲しければ「悲しい!」でいいかなって。もう、感情もやりたいことも我慢出来ないです! 我慢出来ない女なので。

ーーせっかくライバル関係が出てきた志田選手がWAVEのベルト巻いたり、過去に何度かすごい試合をしている世IV虎選手がスターダムのベルトを巻いている姿を見て、やっぱり「私だったらもっと凄い試合をしてベルトを獲ってやる!」って思いますか?

松本 私ってポジティブキャラだと思われがちですけど、「チャンピオン、そんなものか?」って思いながら冷静に見ている部分もあるので。いますぐにでもリングに上がって言ってやりたいですけど、いまはそれを自分への言葉にして頑張ります!

ーー欠場中は各団体をリングの外から見る冷静に見るいい機会でもある?

松本 そうですね。大した奴いないじゃんって思って見ているので! グググっと前のめりになって集中して見れば、それぞれ面白いことやっているとは思いますけど、一歩引いて冷静に見てみると特出している選手はいないかなっていうのが正直なところですね。「こいつには敵わないな」って思うようなことはないし、一歩引いて見ていても「おぉ、なんだこれ?」って引き寄せられるような選手にはどうやったらなれるかなって考えてますよ。笑顔のパワーとイライラのパワーで、復帰したら全部まとめてぶっ壊してやりますよ。私がプロレス界に大雨降らせます!

【この項終わり】

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional