プロレス・格闘技ニュースサイト『バトル・ニュース』の会員専用プレミアム版

松本浩代インタビュー【第1回】

松本浩代インタビュー【第1回】

PREMIUM_松本浩代インタビュー1

取材・文/佐瀬順一

12月4日、OZアカデミーの東京・後楽園ホール大会で、女子プロレスラーの中川ともかが国内引退試合を行った。中川は小柄ながら「唸れ豪腕」と名付けたスライディング・ラリアットと、スクールボーイからさらに自身が半回転加える丸め込み技「120%スクールボーイ」を武器にバイプレイヤーとして活躍した。
中川は2007年にKAIENAI DOJOを退団したあと、事実上フリーとして様々な団体に参戦していたが、選手のマネジメントと興行のプロモートを行う「エスオベーション」に所属していた。

このエスオベーションに所属しているもう一人の選手が松本浩代だ。小柄で職人肌、バイプレイヤー向きな中川に比べ、松本は身体も大きいし、パワーや突進力もある選手。そういう点で中川とはバランスの取れたタッグチームだが、普段はお互い別々の団体に参戦することが多かった。
しかし2人とも主戦場にしていたOZアカデミーではタッグを組む機会も多く、松本&中川組は三回もタッグチャンピオンになっている。また、OZアカデミーではアジャ・コングが“親方”を務める「ジャングル・ジャック21」に2人とも所属。中川が国内引退試合を行うリングにOZアカデミーを選んだ時点では、当然松本も試合に出て華を添えるものだと思っていた……

2014年を勝負の年と考えて…

松本のことを今年の6月に取材をした際、今年2014年は勝負の年だと語っていた。シングルの大きな勲章を獲るため、これまでのZERO1道場でのプロレスの練習に加えてパンクラス道場で“強くなるため”の練習をするようになった。
しかも松本が道場で練習をしていることを耳にした鈴木みのるが、休憩も手加減も一切なしでみっちり1時間、スパーリングをしてくれたという。鈴木みのるを“体感”した松本は「鈴木さんは絶対に裏切らない人ですよね。ついていきたいって思う人だし、その背中を見て育っている人たちもすごく信頼できるし、私もレスラーとしてはもちろん、人としてそうなりたいって思える人」と語った。

「この人を信じて練習すれば、きっと強くなれるはずだ」という確信を持った松本だけに、絶対的な強さを手に入れて、女子プロレス界のトップに立つのは時間の問題と思われた。しかし今年8月7日、練習中に左ヒザをケガしてしまう。
3日後、スターダム後楽園ホール大会で、当時保持していたアーティスト・オブ・スターダムの防衛戦と、負けたら「たわしーず」(=松本が脇澤美穂、岩谷麻優と結成したユニット)の解散がかかった大事な一戦を控えていた松本は、ケガのことを隠して試合に強行出場。しかし、結果的には試合に敗れ、王座から陥落。ユニットも解散となった。

左ヒザ十字靱帯断裂&半月板損傷

さらにケガした箇所を検査した結果、左ヒザ十字靱帯断裂&半月板損傷という予想以上に重傷だったことが判明。前十字靱帯断裂はスポーツ選手にとって致命傷になりかねないケガ。手術をしても元の状態に戻るという保証はなく、復帰するにも最低でも半年はかかると言われている。
約4か月後の12月には盟友・中川の国内引退試合が控えている。中川と保持しているOZのタッグのベルトの防衛戦もある。まさに「これから!」というタイミングでケガをしてしまった松本だが、この時点ではハッキリ言って他人のことを考えている場合ではなく、自分自身が引退も含めて今後どうしたらいいのかを考えなければいけない状況だった。

松本浩代(まつもとひろよ)

プロフィール用松本浩代

1985年11月6日、神奈川県平塚市出身。2006年7月、新宿FACEでの小林華子戦でデビュー。息吹、プロレスリングWAVE、アイスリボン、NEO、センダイガールズなどに参戦。
2008年1月にOZアカデミーでアジャ・コング、AKINO、輝優優と「ジャングル・ジャック21」を結成。のちに同じエスオベーションの中川ともかも加入。
2011年からはスターダム、2012年から我闘雲舞にも参戦するようになる一方、SHIMMERなど海外の団体にも積極的に参戦。
主なタイトル歴はJWP認定ジュニア王座&POP王座、OZアカデミー認定タッグ王座、NEO認定タッグ王座、SHIMMERタッグ王座、アーティスト・オブ・スターダム王座、アイアンマンヘビーメタル級王座など

ーー前回6月にパンクラス道場に出稽古に行っているところを取材させてもらいましたが、あのときは小橋建太さんプロデュース『Fortune Dream 1』(2014年6月8日、東京・後楽園ホール)で里村明衣子選手に勝った直後で、「今年の狙いはシングルの大きな勲章」と言ってました。その直後にWAVEの総当たりリーグ戦『Catch The Wave』に初出場。いろいろな団体に出ているフリーの松本選手が、こういったリーグ戦に出場するのは珍しいですよね。

松本 そうなんです。息吹が終わってからこういったシングルのリーグ戦に参戦したのは初めて。WAVE自体にもあまり出ていなかったんですけど、いざ同じ世代の選手が結構いる中で、純粋に力を比べるリーグ戦に出るっていうのは、フリーとして各団体に出ている私にとっては結構責任感のあるリーグ戦だなって感じてましたね。

ーー正直リスキーですよね。松本選手くらいの実績とキャリアがあれば、リーグ戦に出場しなくてもシングルのベルトに挑戦するチャンスはあると思うのですが?

松本 ずっとシングルのベルトを狙ってきたんですけど、なかなか機会がなかった。鈴木(みのる)さんとスパーリングしたり、いろいろな練習をしてきて、結構心も体も充実していたんですよ。あとは結果だけって感じだったときに里村戦で勝った。そのタイミングでちょうどWAVEのリーグ戦があったんで。正直、参戦する前までWAVEの選手にそんなに興味はなかったんですけど、いざ参戦してみたら結果が残せなかった。決勝トーナメントまではいけましたけど、最終的には負けてしまったんで。でも勢いに乗っているところにストップをかけられたところで、また新たな課題も見つかったし、いま考えると幅が広がったかなとプラス思考で考えてます(苦笑)。

ーーいちばんいい結果は残せなかったけど、手応えというか収穫があったリーグ戦参戦ということですかね?

松本 そうですね。WAVEっていう中でのポジションというか、リーグ戦の中でも自分ってものを見せられたとは思います。必要とされるのはやっぱり嬉しいですね。まあ団体同士の間でいろいろとあるとは思いますけど(苦笑)、私は上がる団体それぞれにやりたいことがありますから。柱になるのはシングルのベルトを獲るってことですけど、必要とされればどの場所でも闘うのがプロだと思うし、どの団体にも闘いたい相手はいますからね。

盟友・中川ともか

ーー結果的に中川ともか選手との対戦も『Catch The Wave』決勝トーナメントでの対戦が最後になってしまいました。優勝を目指していた松本選手にとっては、同じエスオベーションの盟友である中川選手に敗れて勝ち上がることが出来なかった悔しい一戦だったわけですが、あの時点ではこの試合が最後とは思っていなかったですよね?

松本 まだあると思ってましたね。このときは純粋に敵として、お互いにリーグ戦での優勝を目指して闘いましたね。う〜ん……あれが最後のシングルということに関して、とくに悔いはないですけどね。敢えて言うならベルトですかね。4年前にOZが(横浜)文体を初めてやることになって、そこでベルトを持って試合がしたいって言っていたんですけど、直前でベルトを獲られちゃって。2年後にまた文体でやることになったんで、そこでベルトを持って入場して防衛をしたいって。それは実現出来たので、1つ夢は叶ったんで次は防衛記録だって話をしていて、ようやくホールで防衛戦をやるってときにケガをしたんでね。シングルでもう1回やりたかったっていうよりも、最後まで一緒にタッグのベルトを持っていたかったですね。

ーー松本選手と中川選手って同じエスオベーションに所属しながら、お互いフリーとして結構別々の団体で活躍していたイメージが強いですよね。OZアカデミーではタッグ王者になったこともあって、一緒のイメージがありますが。

松本 そうですね。だから「いろんなところが防衛戦がしたい」っていう話もしていたんですよ。どこかの団体でやるのか、どこからか呼ぶのか分からないですけど、私たちにしか出来ないというか、私たちらしい防衛戦をしていきたかったですね。

松本浩代と中川ともか

ーーちょっと話は反れますが、松本選手がWAVEに参戦すると必ず雨が降って、GAMI社長から「次、雨降ったらもう出さない」って言われたっていうのが、結構話題になっていましたね。

松本 本当にすごいと思うんですよ。だってWAVEのリーグ戦、全部雨!(笑)公式戦じゃなくて(旧姓・)広田(さくら)さんとの試合のときは降らなかったんですけど、その日も午前中までは雨だったし。

ーーいや〜、雨女・松本浩代の本領発揮というか面目躍如ですね(笑)

松本 そうなんですよ。天も味方してくれましたね……って言ったら、またGAMIさんに怒られそうだけど(笑)。でも、あれはちょっと伝説ですね。

ーーWAVEといえば、結果的に今年の『Catch The Wave』に優勝して、その後Reginaのベルトも巻いた志田光選手とライバル関係が出来つつあるような感じでしたが。

松本 ずっとライバルがいない状態が続いてはいたんですけど、志田光のことはデビューしたときから知っていたし、いまも上にいる……とは言いたくないですね(苦笑)。横にいると言いたい! まあそういう人を見つけられたのは大きな収穫だなと思いますし、あとは同期ですね。同期がいっぱいいるのがWAVEなんで。大畠(美咲)だったり、水波(綾)だったりとか、遠くからしか知らなかったんですけど、ちょっと垣間見られましたね。またここから道が交じり合うこともあるのかな?

ーー志田選手のようにフリーでありながらWAVEを主戦場に定めて、シングル王座を奪取するという方法もあると思いますが、松本選手はここっていう主戦場を定めないですよね。先ほども「必要とされればどこでも闘う」と言ってましたけど。

松本 いろいろな団体に出ることは正直、誰にでも出来ることだと思うんです。その中でフリーがその団体のメインを務めることって並大抵のことじゃ出来ないと思うんですよ。キャラクターなのかどうか分からないですけど、私はやっぱり強さ! 受け身を取る、基礎体力をつけるっていうのはみんなやっていることだけど、本当にギリギリのところまで追い詰めて、追い詰められて、辛さを経験して強くなっていくってことって、自分にしか出来ないんじゃないかなって思っているので。本当の強さが手に入れば、どんな相手だろうが、どんな試合だろうが見ている人に「強い」って分かってもらえると思うんですよ。

ケガをした瞬間

ーーなるほど。どこの団体のファンが見ても「松本浩代は強い」と思えるような試合がしたいと。その上でシングルのベルトを獲るというのは、確かに明確な目標ですね。実際、パンクラス道場での出稽古などを積んで、松本選手本人も少しずつ強くなっている実感はあったでしょうし、まさにここからってタイミングでケガ(左ヒザ十字靱帯断裂&半月板損傷)をしてしまったわけですが、ケガをしたのはいつ頃ですか?

松本 8月7日くらいですね。

ーーそれは練習中ですか?

松本 練習ですね。(靱帯が)切れてたんですよ。その瞬間は切れたっていうのは分からなかったんですけど、「あ、ヤバイな。何かやったな」とは思って病院に行ったんです。でもまだMRIとかは撮っていない状態だったし、割と歩けたので「タイトルマッチは出ないと」と思って。

ーーその試合が8月10日のスターダム後楽園ホール大会ですか。この試合でたわしーず(脇澤美穂、岩谷麻優、松本のユニット)が負けたら解散するっていう6人タッグのタイトルマッチでしたね。

松本 負けたら解散するっていう試合を欠場するわけにはいかないですよ(苦笑)。ケガのことは2人(脇澤と岩谷)も知っていたので全力でフォローしてくれましたね。対戦相手とかは気付いていなかったと思うけど。でも負けちゃった原因は私のヒザのこともあったかもしれないけど……

ーーケガばかりは仕方ないですよね。しかしたわしーずっていうのは、イロモノ的な見方もされ、松本選手には「何であんなことをやっているんだ」っていう声もありましたね。6人タッグのチャンピオンにもなったんですけどね(苦笑)。

松本 何かハートのチームでした。別にこっちは笑わせるっていうつもりはなくて、とにかくガムシャラにやるチームだったんでね。私はたわしーずはやってよかったと思っています。実際のお客さんの声が正解だと思うんで。こっちは本当に一生懸命でしたからね。たわしってめっちゃくちゃ痛いし。プロ意識も高く、プロレスが大好きな3人が集まって、一生懸命闘って、一生懸命馬鹿やって、ベルト獲ったら泣いて。本当に感情が振り切ることが出来るユニットでしたね。

ーー6人タッグのベルトを獲ったとき、大きなたわしを愛おしそうに抱えている3人に、観客が大歓声を送っている姿は本当に感動的でしたね。

松本 みんな笑顔だったじゃないですか。だからいいことだと思いますね。大人になってから社会科見学とかなかなか出来ないですからね(笑)。貴重な経験ですよ。

たわしーず

ーー脇澤選手も12月23日でラストマッチを行う予定なので、試合を通じて絡むのはこの試合が最後になっちゃうんですね。

松本 そうなんですよね。でも私はワッキーとの闘いは悔いはないですね。たわしーず結成に至るまでに散々やり合ったし、因縁のある相手ではないので。いなくなるのは寂しいですけど、とにかく無事に成仏してほしいですね(笑)。それは本人も分かっていると思うので、最後は笑顔で終わってくれればそれで……

ーーでも結果的にたわしーず解散後、岩谷選手はワンダー・オブ・スターダムのチャンピオンになり、脇澤選手はラストマッチに向けて全力で突き進み、それぞれが自分の道へ進んでいくひとつの転機になった。そういう意味で、本来だったら松本浩代もいよいよシングル王座獲りへ向かうはずだっただろうし、中川選手や脇澤選手の引退にもしっかり試合を通じて送り出せたと思います。そういったものがすべて吹っ飛ぶほどの大ケガだったわけですが、実際ケガの状態を聞いたときはどんな思いでした?

松本 最初、お医者さんから聞いたときは「またまた〜。切れてないですよ〜」って(笑)。でもMRI撮ったらやっぱり切れてて、(医者から)「跡形もないよ」って言われて、「どうしよう……ちょっと考えさせてください」って言ったんですけど、「前十字切ってまともに(プロレスが)出来ている人いないよ」って言われて……。まあ中川さんの引退のこととか、(OZのタッグ)ベルトのこととかが一番よぎりましたけど、よくよく考えたら人の引退よりも、引退を含めて自分の人生のことを考えなくちゃいけなくて。

ーー確かに治る保証はどこにもない、選手生命を奪いかねない大ケガですもんね。

松本 遅らせれば遅らせるほど中途半端な状態が続いて、結果も残せないだろうし。あと中川さんのことを考えたら、私がケガしたのが8月、中川さんの引退が12月……それまでの4か月騙し騙しやるのか? それから欠場したら復帰するまでどれくらいかかるんだろうとか、いろいろ考えましたね。もう自分も29歳……どんどん遅れるなぁって思ったし、このケガのことを調べたら復帰まで大体6か月〜1年くらいなんですよ。で、中川さんが海外で完全に引退するのが春なので、かすかな希望にかけてそっちで最後送り出せたらなって思って。

ーーおぉ、なるほど! その手がありましたね。

松本 まだ現時点ではどういう状況になるか全然分からないですよ。目標があったほうがいいんで、とりあえずそれを目指してやっていきます。

【第2回につづく】

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional