プロレス・格闘技ニュースサイト『バトル・ニュース』の会員専用プレミアム版

赤井沙希インタビュー【第4回】

赤井沙希インタビュー【第4回】

PREMIUM_赤井沙希インタビュー4

プロレスデビューから1年以上が経ち、DDTのドラマティック総選挙に初エントリーした2014年、何と第6位にランクイン! すっかりDDTファンからドラマティックドリームチームの一員として認知された赤井沙希。
最近では東京女子プロレスに参戦したり、『プロレスキャンボール2014』では木村響子や里村明衣子らと対戦する機会もあった。さらにデビュー戦のときに対戦したスターダムの世IV虎からはワールド・オブ・スターダム防衛戦の相手に指名された。今後、プロレスラー赤井沙希はDDTという枠の中に留まらず、活動の幅が広がっていくのかもしれない。
しかし赤井本人は一体どういうレスラーになりたいと思っているのだろうか? 何をしたいのか? ロングインタビュー、ラストとなる今回は赤井沙希が目指す、赤井沙希にしか出来ないと思われるレスラー像に迫った。
【取材・文/佐瀬順一】

自分で考えた選挙活動が特製ポケットティッシュ配り

ーー初心を忘れずにコツコツと努力してきたことがDDTファンに伝わったからこそ、ドラマティック総選挙で6位という結果が出たんだと思います。改めて初めての総選挙はどうでした?

赤井 私、去年の結果発表をニコ生で見ていたんですよ。だから選抜に入るのがいかに難しいことなのかっていうのは分かっていたつもりなんで、結果が出たときに「アカンかった! もっとやっておけばよかった〜」って思うよりも、恥かいてもいいからやるだけやって、それで散ったら悔いはないわって思って考えたのがティッシュだったんで(笑)。

ーー例の自腹で赤井沙希特製ポケットティッシュを作って配るという選挙活動ですね!

赤井 選挙って何かなって考えたとき、タスキかけて台の上のって街中で演説するとか、いろいろ考えたんですけど、家に帰ったときに余韻が楽しめることって何かなと思ったら、配っているものをもらえたら嬉しいやないですか。で、団扇を考えたんですけど、季節的にアレだったんでティッシュにしたんです。

ーー某スポーツ紙に「エロティッシュ」と書かれていましたが(笑)、話題性といいインパクトといい、なかなか効果的だったと思います。とはいえ、6位というのは正直予想をはるかに上回る結果でした。

ドラマティック総選挙で6位に入り号泣する赤井沙希

本人もビックリした総選挙6位という結果。発表直後、赤井は号泣しながら「私もっともっとDDTに尽くします。もっと練習してもっとカッコイイ試合します」と挨拶した

赤井 発表されるとき、最初は一丁前にドキドキしてたんです(笑)。下のほうから発表されるから。でも1ケタの発表になったときはもうドキドキしてなくて、「早くアンダーボーイズと20位を発表してくれへんかな」と思ってたんです。で、チェリーさんが7位って発表されたときに「女性でこの順位はすごいわねぇ〜」って思っていたら、「6位、オスカープロモーション」って言われてビックリして悲鳴あげてて(笑)。そのあとはずーっとヒーヒー言いながら泣いていて、頭真っ白になりましたね。密かにアンダーボーイズに入ったとき用のコメントは考えていたんですけど……

ーーその時出てきたコメントが「皆さんにとって急に現れた私を受け入れてくださってありがとうございます」でした。

赤井 DDTファンの人たちにとっては居なくてもよかったのに、急に出てきて「誰やねんコイツ!」って感じだったと思うんですけど、そんな私を受け入れてくれる懐の大きさだったり、優しさだったり、私もドラマティックドリームチームの一員だと思ってくれていることが嬉しくて。客席見たら結構泣いてくれている人もいたし、司会の三田(佐代子)さんもウルウルしてて「なんで泣いてるんやろ?」って思ったんですけど(笑)、あとから聞いたらもらい泣きだって言ってくださって、「私なんかにもらい泣きしてくれるなんて、心が綺麗ねぇ〜」って思って。

ーーなんじゃそりゃ!(笑)

赤井 もう嬉ションしそうでした。もうアジャ様のバックドロップを食らったときと同じぐらいの衝撃でしたね。だって私とかDDT所属じゃないし、オスカープロモーションっていうでっかい看板があって、周りにいろいろやってくれる人とかが居るんでしょって感じで、なかなか感情移入しずらいと思うんですよ。あっ、でも選挙に関しては事務所のバックアップとか一切ないですからね! 組織票があるわけでもないし(笑)。

ーー実は孤独な闘いだった、と(笑)。でも最近女性ファンが増えているDDTで6位に入ったってことは、女性からの投票も多かったと思います。赤井選手が入場してきてコーナーに登ってアピールするとき、会場の女性ファンから「カッコイイ!」って声があがるときもありますよね。もしかしたらプロレスラー赤井沙希を見て、「カッコイイ! 私もああなりたい」って思ってくれる女性が出てくるかもしれないですよね。

赤井 女子プロレスが好きな女の子なら女子プロレスラーに憧れているとは思うけど、例えばアイドルとかって分かりやすいですよね。「まゆゆ(=AKB48の渡辺麻友)みたいになりたいから、髪型をこうしよう」とか、見た目から入っていく人ってたくさんいると思うんですね。だから「沙希ちゃんみたいになりたい」って女の子とか子供に思ってもらえたらいいなって思いますね。

ーープロレスを見るっていうのはだいぶ手軽になってきましたけど、プロレスの世界に入るってかなりハードル高いです。でも女の子から見て憧れの職業とまではいかなくとも、赤井選手は憧れる存在になれる可能性は充分あると思います。

赤井 プロレスって非現実的な世界じゃないですか。普段、男性のお尻に顔を埋めることなんてないですよ!(笑)でもDDTって何か夢の世界というかキラキラしているじゃないですか! だからそのDDTっていうブランドをもうひとつ上にあげるお手伝いをしたいんですよ。だって勿体ないじゃないですか、こんな面白いのに。

ーーおぉ、つい数年前までプロレスのことはほとんど知らなかった赤井選手が、そこまでプロレスにハマるとは……

赤井 私、マッスル坂井さんのことも知らなかったですもん。スーパー・ササダンゴ・マシンさんは好きだったんですけど、バックステージでササダンゴさんがマスクを脱いでたんでね。それで「あれ、ササダンゴさん、どこにいてはるんやろ?」って言ったら、坂井さんを指差して「あれがササダンゴだよ」って教えてくれたんです。でも私は坂井さんを知らんから、「誰やろ、あのおじさん」って感じで。

ーーダハハハハハハ! ササダンゴ・マシンのファンだけどマッスル坂井は「誰、あのおじさん」っていうのは新鮮ですねー!(笑)では最後に、赤井沙希はこれからプロレス界で何をしたいですか? まあDDTを広めたい、もう1段階上にあげたいっていうのは分かるんですが、じゃあ赤井沙希には何が出来るのか……総選挙6位、モデル、タレント、オスカーと、いろいろと武器はあると思いますが。

赤井沙希は今後プロレス界で何をしたいのか

赤井 両国とかああいう大きいところって絶対花道があるじゃないですか。私、あそこは普通にランウェイ(=ファッションショーでモデルが歩く花道)だと思って入場してるんで。女性がたくさん来てくれたら彼氏も来てくれるだろうし、あと子供ですよ! 新日の会場とかって子供も多いじゃないですか。子供が来たいって言えば親も来てくれるし。

ーーあー、なるほど。やっぱりそういう女性とか子供とか、なかなかプロレスに取っつきにくい層に「カッコイイ!」って思われる存在になってほしいっていうのはありますね。個人的には女子レスラーとの試合もたまに見てみたいので、東京女子プロレスやユニオンにも参戦してほしいなとも思いますが。

赤井 私はDDTに惚れたんですよ。でもボス(=高木三四郎)が「行ってこい」と言えばどこへでも行きます! 東京女子も好きですよ。好きですけど、ちょっと思うところがあるので今度(11月3日)の横浜は楽しみなんですよ。私、DDTをプロレスのおウチだと思っていますけど、もっと外に出てもいいとは思っているんで、東京女子に出たときは……アレです、アレ! えーっと……

ーー外敵ですね!(笑)東京女子の選手にしたら赤井選手は仲間っていう意識のほうが強いでしょうけど、ぜひ東京女子の選手が危機感を抱くような外敵っぷりを発揮してほしいです。

赤井 初めて東京女子に出たときはまだ探っている段階だったんですけど、今ならちょっと自信もついたし、ヒールみたいなこともしてみたいし。彼女たちとはキャリアも近いので、いろいろやれると思うんですよ。

東京女子プロレスに参戦した赤井は二段蹴りを叩き込んで中島翔子に勝利

このインタビュー後に行われた2014年11月3日、東京女子の横浜大会に参戦した赤井は、中島翔子に圧勝すると「東京女子のみんなが現状を(どう思っているのか)。団体を大きくしたいと思っているのか、自分がただ目立ちたいと思っているのか。団体をもっと大きくしたいんだったら、やっぱりちょっと気にするところがあるんじゃない?」と、“外敵”として問題提起した

ーーおお、新しい赤井沙希の一面が見られそうですね!

赤井 DDTはおウチだし、1兵士になりたい! 私は所属じゃないけど、ボスから「行ってこい」って言われるってことは、DDTの看板を背負っていくってことだと思うんですね。だからボスの信頼を裏切るようなことはしたくない! あ、あと私ベルトにはあまり興味なかったんですけど、ユニオンでビアちゃん(=レディビアード)が持っていたベルト(=Fly to Everwhereワールドチャンピオン)はカワイイなぁって思って。誰よりも似合う自信はあるんで、あのベルトはいずれ獲りたいですね! いま持ってるのは(紫雷)美央さんですよね? 正直、まだ美央さんとシングルで闘わせたい相手として私の名前は挙がらないと思うんですよ。でもあのベルトは絶対私が一番似合うと思うので、タイトルマッチが出来るくらいの選手、そしてベルトを腰に巻くに相応しい選手になりたいです!

【この項終わり】

赤井沙希(あかいさき)

赤井沙希

オスカープロモーション所属のモデル、タレント。1987年1月24日生まれ。京都府出身。身長174センチ。2006年には旭化成せんいキャンペーンモデル、2009年にはK-1イメージガールとなる。2011年にはTBS系ドラマ『マッスルガール!』にビッグデビルこと向日葵役として出演。同年6月1日には埼玉・アイスリボン道場で星薫役だった志田光とタッグを組んで、藤本つかさ&真琴と10分間のエキシビションマッチを行った。ラジオ日本『ラジオ新日本プロレス』(2012年4月〜2013年3月)ではアシスタントを務める。2013年8月18日、DDTの両国国技館大会でプロレスデビュー。

赤井沙希オフィシャルサイト

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional