プロレス・格闘技ニュースサイト『バトル・ニュース』の会員専用プレミアム版

赤井沙希インタビュー【第3回】

赤井沙希インタビュー【第3回】

PREMIUM_赤井沙希インタビュー3

赤井沙希がプロレスラーとしてデビューし、引退した愛川ゆず季さんとは違うアプローチの仕方で、プロレスをもっと世間に広げようとしてきた。
あのオスカープロモーションに所属するタレント・モデルでありながら、男色ディーノのケツに顔を突っ込み、中澤マイケルのお下劣殺法にも耐える姿は、普段プロレスを見ない人たちにとっても衝撃的だったようで、当バトル・ニュースや記事配信しているYahoo!ニュースでは高いアクセス数を叩き出した。
その一方、ちょうどデビュー1周年となった2014年8月17日のDDT両国国技館大会では、6人タッグマッチとはいえ、あのアジャ・コングと対戦。そこで赤井はしっかり“プロレスラー”としてアジャと渡り合ってみせた。1年経ってきちんと成長していた姿を見せられたことで、DDTファンは改めて「赤井沙希はプロレスラー」だと認識したのではないだろうか。
【取材・文/佐瀬順一】

赤井 いまとなってもどっぷりプロレスに気持ちは浸かっているんですけど、その時はDDTに所属して1選手となっちゃったら世間とプロレス界をつなぐ橋渡し的な役割が出来ないんじゃないかなと思って。その辺のバランスが難しいですね。リングに上がる以上は何があるか分からないですからきちんと練習はやっていますし、ぶっちゃけプロレスのことばかり考えてますけど(笑)。

ーー愛川(ゆず季)さんも引退する際に「もっともっと世間一般に女子プロレスを届けたかった」と言っていました。プロレスに浸かれば浸かるほど世間からは遠ざかってしまう。届けよう届けようと頑張ってもなかなか届かない。そういうジレンマみたいなものはあるでしょうね。どれが正解なのかとかは分からないですけど、愛川さんと違うアプローチの方法を選んだことで、また違う結果が出る可能性はありますよね。

赤井 これはあくまでも私の考えですけど、女性が一生懸命鍛えて強くなる……これはプレイヤーとして確かに素晴らしいことですけど、女子界で最強になっても男性には敵わへん。それやったら自分は、男子にないしなやかさとか柔らかさを見せていく選手なんかなと思っているんですね。

赤井沙希流のやり方でプロレスをもっと世間に届かせる

ーー世間に届くようにという点で言えば、愛川さんが顔をボコボコに腫らした写真は確かにアクセス数が高かったです。でも実は赤井選手が男色ディーノ選手のケツに顔を埋めた写真もかなりアクセス数が高かった!

赤井 アハハハ、ホンマに!?

ディーノのケツに顔を突っ込まされた赤井

2014年5月18日ユニオンプロレス後楽園大会にレディビアードと“お友達タッグ”を組んで出場。チェリー&男色ディーノと対戦した赤井は、ディーノのケツに顔を押し付けられてしまう。この写真はYahoo!ニュースで高いアクセス数を叩き出した

ーーモデル、タレントであることを考えればなかなか勇気のいることだと思いますが(苦笑)、それでもあのシーンを見たとき、赤井沙希のプロレスに対する本気度は感じました。愛川さんのバッチバチの試合とはアプローチの仕方が違うだけで、世間に届けたいという気持ちは同じなのかもしれませんね。

赤井 そうですね。最近は普通に男子と闘っているっていうか、カードを見たら女子がうち1人ってこともよくあるんですけど、たまに女子と闘うときは歩いてきた道は違えど同じ性別やから倒しにいく気持ちで行ってますね。そういう意味で両国でアジャ(コング)さんとやってときは怖かったけど楽しかったですね。

ーーそういえばデビュー戦のときに対戦したスターダムの世IV虎選手とは試合後に睨み合いになったりしてましたね。世IV虎選手といえば“アイドルレスラーキラー”ですから、女子プロレスラーとの闘いみたいなものもやっていくのかなと思ってました。ところが徐々に対戦カードの中に女子1人だけになっていって、それも違和感がなくなり、もはや女子プロレスラーというよりは“DDTのレスラー”っていうイメージになってますよね。

赤井 そうなんですよ! 最初のほうこそ外から女子選手を呼んでくれたりしていたんですけど、最近は全然呼んでくれへん(笑)。私もデビューする前は「試合が終わったあとに乱闘とかするのはナンセンスよ。スポーツなんだから試合が終わったら、そこで終わり」とか言ってたんですけど、デビュー戦で試合が終わったあとに世IV虎と睨み合ってましたね(笑)。いや、プロレスをやらなかったら生まれへんかった感情っていっぱいありますよ! 泣くこともあまり普段はないんですけど、アジャさんとやったときも実は試合後に泣いたんですよ。

ーーえっ、何で泣いたんですか?

赤井 アジャさんと闘って自分がまったく通用せえへんかったら、今まで蹴りを教えてくれた(坂口)征夫さんとか、技のアドバイスをくれた飯伏(幸太)さんとか、(高木)社長も気にかけてくれていたし、そういう私を支えてくれているDDTの選手に申し訳ないなと思ってたんですよ。私がリングに立てるのはそういった選手と、応援してくれているファンの人たちのお陰。私が何も出来なかったらそういう人たちの顔を汚しちゃうと思ってたんで、試合が終わったときホッとしてうえーんって泣いちゃいましたね。

ーーあー、なるほど。でもこういってはなんですけど、デビュー戦のときはまだまだ「芸能人がプロレスにチャレンジしてる」っていう印象が強かったですけど、今年の両国での試合は「赤井沙希というプロレスラー」になってましたよ。

両国大会でアジャと対戦したあと、思わずバックステージで涙した赤井

2014年8月17日DDT両国国技館大会で、大石真翔、レディビアードと組んで、アジャ・コング&アントーニオ本多&福田洋と対戦した赤井。試合後、アジャと闘い終えた安堵感からバックステージで思わず涙を流した

デビューしてから1年、レスラーとしての幅もグッと広がった

赤井 うーん、1年前と同じことをしていても仕方ないし、周りからは「成長してる」って言ってもらっていても自分では分からない。逆に映像とか見るともっさーと思うんで、何か今までやったことないことをやってやろうと思ったんです。だから思い切って場外へのプランチャとセカンド(コーナー)からのコルバタ(=ハリケーン・ラナ)をやりましたね。

ーーいくら愛川さんとはアプローチの仕方が違うとはいえ、ただのバラエティ要員じゃなく、やっぱりプロレスラーである以上は強くなっていってほしいじゃないですか。赤井選手の場合、男子レスラーとの対戦が多いので、あまり強さを感じる機会がなかったんですけど、両国でのアジャ選手との試合でバックドロップと垂直落下式ブレーンバスターを食らってもカウント2で返したときはお客さんも沸きましたからね。

赤井 あれはビックリしました〜。でもやっぱりリングに立つ以上は闘っていかないと。

ーーアジャ選手はプロ中のプロですから、素人に毛が生えた程度の選手にあれだけの大技は出さないですよ。赤井選手をレスラーだと認めたから出したと思うし、それをカウント2で返したのは完全に想像以上だったと思います。

赤井 あんな技、生まれて初めて受けましたよ! もう痛いとかケガするかもとか、そういう考えは吹っ飛んでましたね。やっぱりパパも勝負の世界の人だったし、ママもミット持ってトレーナーやっていたんですけど、何かカチーンと来たのはこの時が初めてやったし、坂口さんじゃないですけど、殺(や)られる前にやらないと!って感じでしたね(笑)。

ーーやはり闘う血が流れているんですね! プロレスラーになった以上、そういうヒリヒリとした試合が出来るっていうのはいいことじゃないですか?

赤井 そうですね。闘いとか強さとか、やっぱりプロレスをやる以上、表現したり追求しなくちゃいけないと思うんで。でも、両国のあとマネジャーさんと「最近カッコイイ試合多いですね」なんて話をしていたんですけど、次の埼玉でディーノさんのお尻に顔を押し付けられて(笑)。アジャ様と試合をして私はすごい滾っていたんで、「早く蹴りたい!」とか思っていたらアレですよ(笑)。

ーーいやー、その振り幅がDDTらしいというか、すっかり赤井沙希の持ち味になってますね(笑)。何ていうかNGがないというか、モデルだろうが、赤井沙希だろうが、DDTのメンバーである以上、お下劣なことから激しい試合まで何でもやるぞっていう感じがだいぶオモテに出るようになった気がします。

赤井 だって所属やけど試合組まれへん人だっているし、両国だって私が出られるかどうかなんて分からないじゃないですか。周りの人には「いや両国は出られるでしょう」とか言われたけど、私は後楽園(ホール)で発表されるまで知らんかったから、突然カードが発表されてホンマびっくりした。円陣組むときも私は関係者席にいたんですけど、「おいで」って言われたとき「えっ、私が行っちゃダメでしょ」って思ったし(苦笑)。ビッグマッチに出られることが当たり前と思っちゃダメだと思うんです。

【第4回につづく】

赤井沙希(あかいさき)

赤井沙希

オスカープロモーション所属のモデル、タレント。1987年1月24日生まれ。京都府出身。身長174センチ。2006年には旭化成せんいキャンペーンモデル、2009年にはK-1イメージガールとなる。2011年にはTBS系ドラマ『マッスルガール!』にビッグデビルこと向日葵役として出演。同年6月1日には埼玉・アイスリボン道場で星薫役だった志田光とタッグを組んで、藤本つかさ&真琴と10分間のエキシビションマッチを行った。ラジオ日本『ラジオ新日本プロレス』(2012年4月〜2013年3月)ではアシスタントを務める。2013年8月18日、DDTの両国国技館大会でプロレスデビュー。

赤井沙希オフィシャルサイト

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional