プロレス・格闘技ニュースサイト『バトル・ニュース』の会員専用プレミアム版

赤井沙希インタビュー【第2回】

赤井沙希インタビュー【第2回】

PREMIUM_赤井沙希インタビュー2

赤井沙希がプロレスラーデビューしたのが2013年8月18日のDDTプロレスリング両国国技館大会。その約4か月前、同じ両国国技館でプロレスを引退した愛川ゆず季。
女子プロレス大賞を2年連続で受賞するなど、愛川さんの活躍はプロレス界だけに留まらず、世間一般でもニュースや話題になることが多かった。それだけに同じようにタレントから女子プロレスラーとなった赤井は、デビュー直後“ポストゆずポン”と呼ばれ、どうしても愛川さんと比べられることが多かった。
だが、ボコボコに腫れ上がった顔、壮絶な試合……愛川さんがタレントレスラー、アイドルレスラーのハードルを一気にあげたのは間違いない。それだけに、赤井にはプレッシャーもあっただろうし、愛川ゆず季という存在をどれくらい意識したのか気になるところ。そこでズバリ聞いてみた!
【取材・文/佐瀬順一】

ーーちょうどプロレスに興味が出てきた頃に、新日本プロレスをいろいろと観られたり、選手に直接疑問をぶつけたり出来たことで、よりプロレスにハマっていったって感じだったんですね。

赤井 あー、そうですね。お芝居とかドラマでもないのに、人の気持ちが動いたりとか、泣いたりとか、「頑張れ!」って叫んだりするのとかって凄いなって思って。リングはステージと違って四方から観られているし、これは凄い世界だなって思ってどんどんハマっていきましたね。これはいい世界を知れたなぁなんて思っていた頃に、番組が終わっちゃったんですよ。

ーー『ラジオ新日本プロレス』は開始からほぼ1年の2013年3月に終了しちゃいましたね。

赤井 このどっぷりハマった私はどうすればいいの?って。仕事関係なく大阪までG1(クライマックス)を観に行ったりとかしてましたからね。

ーーおぉ、ハマってる、ハマってる!

ラジオ新日本プロレスのアシスタントを務めていた赤井

2013年1月3日の『大プロレス祭り』内で『ラジオ新日本プロレス』の公開収録が行われ、“格闘王”前田日明をゲストに迎えてトークした赤井

赤井 新日を勉強をするために、他の団体とどう違うのかっていうのを見るためにDDTとかドラゲーとか、あとは……レジェンドプロレスとかノアも観に行ったりしてましたからね。人それぞれ好みがあるとは思うんですけど、私が番組が終わったあとも見続けていたのは新日とDDTとドラゲーでしたね。私みたいに1年間いろいろと勉強はしたけど、まだまだ知識が浅い人にも分かりやすかったし、カッコイイ選手がいたり、華やかやったり。

すっかりプロレスにハマった頃に飛び込んだ仰天オファー

ーープロレス女子だった赤井選手が何をキッカケに、見る側からやる側になったんですか?

赤井 番組が終わったあともインタビューとか、ちょこちょこプロレスのお仕事があって、DDTとか観に行ってたんです。で、高木社長が私が(会場に)来てるってことを耳にしたらしくて。うちの事務所には元々高木さんと知り合いの人もいたので、一度ご挨拶をするってなったんですね。そこで高木社長が「今年は両国(国技館大会)を2日間やるんですけど、1日目はファッションショーをやるのでモデルをやってほしい」って言われて。もうプロレスにそういう形で関われるのは面白いなぁって思っていたら、「2日目はプロレス一色なんですけど、選手として出てもらえないか?」って言われて「えぇ!」って(笑)。

ーー1日目モデルで2日目レスラー! すごいオファーですね(笑)。

赤井 さすがにすぐに「分かりました」とは言えなかったですね。それに私なりに1年間プロレスを見てきて、あんまりレスラーじゃない人がリングにあがって何かするのが好きじゃなかったんで……。だからこそ、そういう思いをDDTファンの人にしてほしくないって思ったし、私がリングに上がることでプロレスを舐めているって思われるのも嫌だったし、プロレスそのものが舐められるのが嫌だった。あと芸能人としてアカンかったからプロレスをやりはじめたって思われるのも嫌やった! 芸能がダメだったからプロレスでとか、プロレスはそんな場所やない! プロレスのリングっていうのは選ばれし者しか立てない尊敬される場やと思っているので、すごく悩みましたね。やっぱりお母さんも反対やったし、電話で朝までいろいろ言いながら。「親子の縁切る」まで言われて。

ーーどちらかと言うと競技とかスポーツのイメージがあるK-1への出場も反対されたのだから、親御さんからすればプロレスなんてとんでもないって感じでしょうね。

赤井 でも私はDDTも大好きやったし、プロレス自体にどっぷりハマっていたんで、「もう縁切ってもいい」くらいのことを言ったんです。私はそれぐらいプロレスに懸けているし、ひとつのことをやり切りたいっていう思いが強かったんで。

ーーそこまでプロレスをやってみようと思った要因はなんですか? ひとつのことをやり遂げたいっていう思い?

赤井 それも強かったですけど、一般の人がプロレスに触れたり、知ったりする機会があまりないなっていうのが大きかったですね。タレントとして「プロレス面白いんですよ」って“外”から応援するよりも、“中”に入っちゃったほうが、一般の人まで届くような気がしたというか、プロレスを知るキッカケを作れるんじゃないかと思ったんです。そういうことをすることで、DDTをもっと上にあげたいっていう思いもありますね。

ーー同じようなことをプロレスを引退した愛川ゆず季さんも言っていました。ただ、彼女の場合は団体に所属してどっぷりと女子プロレスの世界に入って、バリバリ最前線で闘うことで口コミだったり、そのボコボコに腫れ上がった顔の写真が広まることで少しでも興味を持ってもらえればというアプローチの仕方だった。何と言うか王道のやり方と言うか……

赤井 そうですね、プロレスラーとして(王道)。

ーー「プロレスを広めたい」という思いは同じですが、愛川さんと赤井選手ではアプローチの仕方が違います。愛川さんの存在ややり方は意識しましたか?

赤井 最初に高木さんとお会いしたとき、関係者も交えて食事をしたんですけど、そのとき「ゆずポンは知ってる?」って話になったんですよ。私、元々ゆずポンのファンだったんです。あのちょっとタヌキっぽい顔がタイプで(笑)。プロレスをやっているのも知ってたんですけど、私が「プロレスをやらないか?」って言われたときにはもう引退していて、「女子を引っ張っていく存在がいないんですよ」って言われたんですけど……う〜んって。

ーーゆずポンに代わって女子プロレスを引っ張っていくっていうのはピンとこなかった?

赤井 いまでもゆずポンさんとよく比べられるんですけど、私は自分がつい何年か前までプロレスをまったく知らなかったから、もしその時に可愛い女の子がボッコボコに顔を腫らしたり、血まみれになってる姿を見ても「わー、面白そう」とはならないと思うんですよ。プロレスを知っていけば、どういう過程でそうなったかとか、それがどれくらい凄いことなのかとか分かります。それだけ激しい試合は見ていて凄いとか面白いとか思うとは思うんですけど、私がプロレスに引っ張ってきたいと思っているのはもっとライトな層なんですよ。

ーー「赤井英和の娘が何か面白そうなことやってるな」くらいの感じで興味を持った人たちに会場まで足を運ばせたい?

赤井 そんな感じです。もちろん私だって試合の中で顔が腫れたり、流血するようなことがあってもそれは受け入れますけど、私が「もうボッコボコに顔腫らして、血が出るくらいの試合するから観に来て!」って言っても来てくれないと思うんですよ。

愛川ゆず季の引退試合、赤井のデビュー戦の相手を務めた世IV虎

赤井はデビュー戦で愛川ゆず季引退試合の相手を務めたスターダムの世IV虎と対戦。“アイドルレスラーキラー”の世IV虎を通じて、どうしてもゆずポンと赤井を比べてしまう部分はあった

よく比べられるというゆずポンとの違いは…

ーーそもそも愛川さんと同じことをやっても意味がないというか、ああいうやり方は彼女だからこそ出来たという部分が大きいですよね。

赤井 そうですね。私の場合、高木社長から「ボディラインを変えないで」って言われたんですよ。女の子が憧れるような選手にってことで。もちろん、ゆずポンさんだって可愛いし綺麗やし、憧れる女の子もいるとは思うんですけど。でも引退するときに週刊誌か何かに筋肉が凄い分かる写真が載っているのを見て、単純に「凄い」って思いましたね。

ーープロレスに対しての本気度というか、プロレスにすべてを注ぎ込んでいたんだなという分かりますよね。

赤井 はい。私もプロレスが大好きやし、身を捧げたいというくらいの覚悟は持っているし、当然ケガをしないようにトレーニングもしています。だから筋肉をつけていって、身体をごっつくして、デッカイ選手になるのもひとつの方法ですけど、シュッとしたレスラーがいてもいいんじゃないかなって。そういう選手が好きだという人もいると思うし。その分、パワーがどうしてもないので出来ない技とかも多いですけど。

ーー赤井選手が愛川さんのように女子プロレス団体に入門していたらまた違っていたとは思うのですが、赤井選手が好きになり、「プロレスやらないか?」と声をかけられ、「やってみよう」と思った団体がDDTだったというのも大きいですね。

赤井 そうですね。DDTはまぁいわゆるエンターテインメント性が高い団体だけど、だからこそ外への発信の仕方とかも含めて、私がいままでやってきたお仕事を活かせたりすることも出来るんじゃないかなって思ったので。親はやっぱり大反対していたんですけど、「頼むから(デビュー戦の2013年8月18日)両国は必ず観に来て!」って言って。怒りながらも観に来てくれたんです。で、実際試合を観て、そのあと高木社長ともお話をして「あんたが観に来てほしいって言った理由は分かった」って言ってくれて。

ーーおおー! モデルとプロレスラーの融合というか、いままでやってきた仕事を活かした上でのプロレスラーデビューというのが伝わったんですね。

赤井 はい。そのあと、1回きりで終わりにするのか、このまま続けるのかは別の話で。1回っきりっていうのも考えたんですけど、それだとゲストですよね。それは逆に失礼かなと思ったし、タレントが1回だけゲスト参戦するなら、私じゃなくても出来る人はいるじゃないですか。だから高木社長とうちの事務所の人たち、あと親にも京都から来てもらって話し合ったんです。

ーーいやー、重大な会議ですねぇ。

【第3回につづく】

赤井沙希(あかいさき)

赤井沙希

オスカープロモーション所属のモデル、タレント。1987年1月24日生まれ。京都府出身。身長174センチ。2006年には旭化成せんいキャンペーンモデル、2009年にはK-1イメージガールとなる。2011年にはTBS系ドラマ『マッスルガール!』にビッグデビルこと向日葵役として出演。同年6月1日には埼玉・アイスリボン道場で星薫役だった志田光とタッグを組んで、藤本つかさ&真琴と10分間のエキシビションマッチを行った。ラジオ日本『ラジオ新日本プロレス』(2012年4月〜2013年3月)ではアシスタントを務める。2013年8月18日、DDTの両国国技館大会でプロレスデビュー。

赤井沙希オフィシャルサイト

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional