プロレス・格闘技ニュースサイト『バトル・ニュース』の会員専用プレミアム版

【試合】よねぞーん第1回FCイベントプロレス

【試合】よねぞーん第1回FCイベントプロレス

第1回よねぞーんファンクラブイベントプロレス
日時:2014年8月21日(木)開始:19:00
場所:北千住・シアター1010
観衆:103人(超満員札止め)

第1回FCイベントで主役の米山がハチャメチャ対決の末、尾崎に辛勝!
円華&PSYCHOvs.真霜&倉垣は15分+延長でも決着つかず!

140821_YMZ-00.jpg

  • オープニング
    • 140821_YMZ-01.jpg

       𠮷野恵悟レフェリーの軽妙な前説により、米山や円華の入場時に振り回すための用のYMZタオルを売りさば……いや、急遽売店から持って来て練習生Aが客席を回って訪問販売。𠮷野レフェリーが応援の練習をしている間にタオルも見事に完売した。
       最後はこの日リングアナも務める練習生Aが「よねぞーん大会第1回目でございます。最後まで楽しんでいっていってください。スタートです!」と大会開始を宣言。

▼第1試合 シングルマッチ 10分1本勝負
●初日の出仮面
5分7秒 裏投げ→片エビ固め
○Sareee(ディアナ)

  • 試合詳細
    • 140821_YMZ-02.jpg

       ガッチリ握手を交わすと、初日の出が「日の出」コールを煽る。前転から初野でポーズをする初日の出に「ふざけるな!」と蹴りを入れていったSareeeはグラウンドに持ち込もうとするが、初日の出の切り返して脱出。
       ならばとエルボーを連打したSareeeは「はじめまして、初日の出仮面!」と叫びながらヘアホイップ。さらにミサイルキック2連発を発射したSareeeだが、初日の出もビッグブーツから初日の出アタックで反撃。

       チャンスと見た初日の出はSareeeの攻撃をかわし、アトミックドロップからの初日の出バスターで畳みかけたがカウントは2。ならばと初日の出カッターを狙った初日の出だったが、これを逃れたSareeeはジャックナイフ式エビ固めで丸め込む。
       カウント2で辛くも返した初日の出にSareeeは裏投げを狙うが、必死に踏ん張る初日の出。しかし攻撃しようとした初日の出をキャッチしたSareeeは、今度こそ裏投げで投げて3カウントを奪った。

       試合後、勝ったSareeeが初日の出に近づいていって健闘を称えると、お互いに抱き合って健闘を称え合った。

      140821_YMZ-03.jpg

▼第2試合 タッグマッチ 15分1本勝負
△円華/PSYCHO
15分時間切れドロー
△真霜拳號(K-DOJO)/倉垣翼

▼延長戦  タッグマッチ 3分1本勝負
△円華/PSYCHO
3分時間切れドロー
△真霜拳號(K-DOJO)/倉垣翼

  • 試合詳細
    • 140821_YMZ-05.jpg

       円華&PSYCHOの元K-DOJOコンビと、今も昔もK-DOJOの絶対的エースである真霜のタッグ対決。
       まずはPSYCHOと倉垣の先発で試合開始し、じっくりとした腕の取り合いを展開。続いて円華が入ってくるとハンマーロックに捉えた倉垣は真霜にタッチ。ハイスピードの首の取り合いからガブっていった真霜がヘッドシザースに捉える。

       これを倒立してから首を抜いて脱出した円華は手四つの力比べを挑んでいく。一気に押し込んだ真霜だが、円華もどうにか押し返す。だが、パワーで上回る真霜が押し込むと、真粗菓は後転して下から捻り上げる。蹴り飛ばした真霜は、さらにアームホイップで円華を投げつける。
       串刺し攻撃を狙った円華は真霜にエプロンに追いやられるが、エルボーからスワンダイブ式ミサイルキック。だが、真霜は走り込んできた円華をエプロンのPSYCHOに投げつけると、倉垣とトレイン攻撃。

       「ファイアー」と真霜と一緒にポーズを決めた倉垣は逆片エビ固めえに捉える。何とかロープに逃れた円華だが、円華の声援を送る女性ファンに悪態をついた真霜は円華に「どうした? 円華って言ってんぞ」と挑発。立ち上がった円華は強烈な逆水平チョップを叩き込んでいくが、真霜は「効かねぇな、オイ」と挑発。
       円華のダブルチョップを受け止めた真霜はミドルキックで蹴り倒す。続いて倉垣がサソリ固めに捕らえると、真霜が巧妙にロープを遠ざける。倉垣がバックドロップで投げると、10分経過のアナウンス。

       円華は真霜の串刺し攻撃を蹴りで迎撃すると、ハリケーン・ラナで投げてからネックブリーカーを決めてPSYCHOにタッチ。スワンダイブ式エルボーから串刺し式浴びせ蹴りで攻撃していったPSYCHOだが、真霜もサイドスープレックスを返す。タッチを受けた倉垣がPSYCHOを攻撃していくが、円華が救出に入る。
       2人がかりで倉垣をコーナーに乗せていくが、真霜がカットに入ると倉垣は円華とPSYCHOの2人をまとめてアルゼンチン・バックブリーカーで担ぎ上げる。さらにムーンサルトプレスを投下して真霜にタッチ。

       円華がファルンコローで叩き付けてからエナジームーンサルトを狙うが、この時点で残り30秒を切った状態。しかも真霜がすでに立ち上がっていて円華のバックを取ると投げ捨てジャーマン。そこに倉垣とPSYCHOも加わって総力戦となったが、最後までお互いに極めきれず15分時間切れドロー。

      140821_YMZ-04.jpg

       すると円華がマイクを持ち「こうなったらお客さん、納得いかないでしょう! OK、延長だ! 延長3分!」と言って延長戦に突入。円華が真霜をファルコンアローで叩き付けると、PSYCHOがハイフライバムを投下。さらに円華がその場飛びムーンサルトからランヒェイ(=高速雁之助クラッチ)を狙ったが、踏ん張った真霜。

       エルボー合戦からパンチ合戦になると、円華がロープに飛んだが、真霜はカウンターのジャンピングハイ。そこから倉垣がPSYCHOをアルゼンチン・バックブリーカーで勝つガイゲルと、真霜は円華に無道。だが、PSYCHOがスウェ〜ニョで切り返すと、円華も真霜をクロスフェースに捉える。
       どうにか逃れた真霜はミドルキックからバズソーキックを叩き込むが、円華もカウント2で返したランヒェイを狙う。だが、真霜がサイドスープレックスで切り返そうとしたところで時間切れのゴング。

       すると真霜が「もう1回延長します? もうちょっと倒せたと思うんですよ。円華、ヘロヘロじゃん」と挑発すると、円華は殴りかからんばかりの勢い。PSYCHOが「場所変えて、次やれよ!」と言うと、「会場には撤収時間というのがあるんですよ。もう3分オーバーです。僕らが怒られるので帰ります!」と言って引き上げていった。

      140821_YMZ-10.jpg

▼完全決着!スペシャルシングルマッチ 1010分1本勝負
○米山香織
2分10秒 リングアウト
●尾崎魔弓(OZアカデミー)with西尾美香(OZアカデミー)

▼再試合
●米山香織
7分5秒 後方回転エビを切り返す→エビ固め
○尾崎魔弓(OZアカデミー)with西尾美香(OZアカデミー)

  • 試合詳細
    • 140821_YMZ-06.jpg

       試合前に𠮷野レフェリーからYMZの次回大会が9月21日に西新井大師西スタジオ大会が決定したと発表があった。
       観客がタオルを振り回す中、米山も初日の出と一緒にタオルを振り回しながら入場。そして3枚重ね着してきたTシャツを客席に投げ込むが、尾崎から「大して喜ばれてねぇもん投げるなよ」と言われた挙げ句、握手も拒否されて早くも半泣きの米山。

       「米山」コールを煽ってもよねぞーんのイベントなのに、観客の反応はイマイチ。逆に「お前ら、分かってるな!」と威嚇してから尾崎がコールを煽ると「尾崎」コールの大合唱。さらにセコンドの西尾が米山の足をすくった倒し、場外に引きずり出すと場外乱闘に。乱闘になって扉の向こう側に出ていった米山と尾崎。
       すると米山だけ会場内に入ってきて、初日の出たちに扉を押さえるように指示。そのまま場外カウント20を数えられてしまい米山がリングアウト勝ち! 喜ぶ米山だが、当然納得いかない尾崎と西尾が米山を袋叩きにすると、米山は再試合を承諾。

       だが、怒りが収まらない尾崎と西尾は米山を踏んづけたり、尾崎がバックステージから持ってきたホウキで首を絞めたりとやりたい放題。米山も尾崎がカバーしたところをブリッジで逃れると、低空ドロップキックを返す。さらにバックを取った米山はエルボーで逃れようとした尾崎をノーザンライト・スープレックスで投げてから千豚♪(=セントーン)を投下。
       続けてコーナー二段目から千豚♪を投下するがカウントは2。ならばと最上段から千豚♪を投下するが、かわして自爆させた尾崎はチェーンを掴んで米山を殴打すると、何度もチェーンを投げつける。ブレーンバスターから腕固めに捉えた尾崎。

       米山はロープに足を伸ばすが、尾崎はその足ごと固めていく。さらに噛みついていった尾崎はコーナーに登っていくが、コーナーに登って追いかけていった米山は、雪崩式ダブルリストアームサルトで投げていく。続けてダイビング千豚♪を投下したが、西尾がレフェリーのカウントを妨害。尾崎がダブルハンマーからカバーすると初日の出仮面が乱入してカウントを阻止。
       その後もハルク女や円華も乱入してきて大混乱の中、米山が尾崎を次々と丸め込む。しかし後方回転エビ固めで丸め込んだところを逆に尾崎がエビ固めで切り返して3カウント。

      140821_YMZ-07.jpg

▼延長戦 YMZ恒例三本勝負
<1本目/相撲対決>
●米山香織
2秒 チェーンラリアット
○尾崎魔弓

<2本目/ジャンケン対決>
○円華
2秒 パー
●西尾美香

<3本目/似顔絵対決>
【お題】西尾美香
○米山香織
お客さんの判定
●尾崎魔弓
※2-1で米山の勝利

  • 試合詳細
    • 140821_YMZ-08.jpg

       よねぞーんのイベントプロレスなのに負けたことに納得いかない米山は、YMZ恒例の三本勝負を要求。米山は似顔絵対決を要求するが、体型から相撲対決に。立ち合いから突進した米山だが、尾崎はチェーンで殴打! 米山が倒れたため尾崎の勝利。
       二本目はお馴染みのジャンケン対決。米山と尾崎の対決にもかかわらず、米山がいまだジャンケンで負けたことがない円華を“代理人”として出すと、尾崎も西尾を指名。ガチンコセメントなジャンケン対決は、パーで円華が勝利。円華の不敗神話を更新した。

       そして迎えた決着戦、最後の三本目は米山の主張通り似顔絵対決に。題材は西尾美香。両者とも何とも個性的な西尾の似顔絵を描いた挙げ句(写真参照)、観客ジャッジの結果は米山が勝利。
       これでトータル2−1で米山が勝利すると、米山は「勝ったんだから言いたいことが1つある。私をまたOZアカデミーに上げてください!」と要求するが、観客の反応はイマイチ。尾崎から「言うことがつまらないから観客の心が掴めないんだ」と指摘されると、米山は半ばヤケクソに「もう勝手に出る! 事務所に電話する。(観客の心を掴む)その術を尾崎魔弓に教えてもらう!」と言い放った。

       そして出場選手がリングに上げると、最後は今大会の主催者である米山が「これからも楽しくてごきげんなことをやっていきます!」と第1回よねぞーんイベントプロレスを締めくくった。
       ……のだが、サインボール投げを忘れていた米山が慌てて戻ってきて、スーパーのビニール袋から取り出したボールを1人で投げるという、何ともYMZらしいドタバタな締めとなった。

      140821_YMZ-09.jpg

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional