プロレス・格闘技ニュースサイト『バトル・ニュース』の会員専用プレミアム版

DPGインタビュー【第2回】

DPGインタビュー【第2回】

140720_Interview-Title.png

いよいよ明日、7月21日(月・祝)に青森県平内町・夜越山スキー場で開催される『AOMORI ROCK FESTIVAL '14〜夏の魔物〜』。本番直前になってDDTプロレスリング勢が大挙出場する「アイドルランブル」で、高木三四郎大社長のパートナーがビッグダディの元妻こと美奈子であることが発表され、スポーツ新聞やネットニュースを賑わせた(一部では「美奈子がプロレスデビュー」と勘違いされたようだが)。
昨年の『夏の魔物』ではビッグダディこと林下清志がプロレスデビューし、つい最近では林下清志の四男が高校を中退してまで入団したみちのくプロレスを「つらいから」という理由で退団したことが話題になっただけにベストタイミング。
あの手この手で音楽界、アイドル界、プロレス界だけでなく、いわゆる一般世間をも“こちら側”に振り向かせようとする『夏の魔物』主宰者の成田大致。それだけ大きなことをやろうと思えば、どうしても軋轢というか、反発が出てしまいがちだ。
DPGは現在サードシーズンに突入しているが、メンバーもだいぶ変化があった。まるでWWEのスマックダウンとロウのように、対抗勢力となる「ブラックDPG」なるアイドルグループまで生み出した。
この先、DPGはどこに向かっていくのか? そしてDPGのリーダーにして、最近プロレスラーとしてもメキメキと存在感を示してきた福田洋はDPGを、さらに同じようにレスラーとして圧倒的な存在感を示しているのの子(タイガーノノコ)がリーダーを務めているブラックDPGをどう見ているのか? 7.21『夏の魔物』の前に読むもよし、終わってから読むもよし! 前編と合わせて読めば「DPGとは何か」が分かる…はずだ! ドーン・ミス・イット!
【取材・文/佐瀬順一】

ーー福田選手としてはユニオンプロレスの福田洋とDPGの福田洋、同じようで違う、違うようでリンクする2つを同時進行でやるのって大変じゃないですか?

福田 まぁ大変そうには見えると思います。でも僕自身はほかの人たちほどストレスは感じていないと思います。たぶん。ユニオンは月に一度くらいしか試合がないし、DPGはかなり日常に近いですからね。そういう意味ではユニオンに出ている自分のほうが、1日だけの武装した自分なのかもしれないですね。

ーーユニオンのときはがっちり「プロレスラー・福田洋」という鎧をまとって臨む感じで、DPGのときは「人間・福田洋」に近い感じ?

福田 うーん、そうですね……まぁよく分かってないですけどね。
成田 まぁ俺が旗揚げ戦で見せたかったこととか、福ちゃんとやったこととかは、それに近いですよね。アントンさんもそうなんですけど、普段のDDTでのアントンさんよりもたまに見せるアントンさんがすごい好きなんですよ。福田君もそういう魅力があるけどそれをうまく発揮出来ていない気がしていたんですよ。その一番輝ける場所を作ってあげるのがDPGの役割だなって思ってて、旗揚げ戦でアントンとシリアスなシングルマッチを見せることが出来た。DPGのナンバーシリーズもそうだし、いわゆるDPGは福田君の成長物語になっているんじゃないかなと思います。

ーー確かにユニオンでの佐藤光留戦(6月19日、新宿区牛込箪笥区民ホール大会)での福田選手の試合なんかは、DPGでの活動に対して「プロレス以外のことで有名になろうとしてるのは違うんじゃないのか?」みたいなことを言っていた佐藤選手に対して、福田選手があそこまでやってみせたってことで、プロレスラー福田洋の評価が上がった感じがします。

福田 やれば出来るんですよ、福田洋は。
成田 「やれば出来る」って自分で言うか!(笑)今成(夢人)さんとよく言うんですけど、「福田君はラッキーマンに出て来るスーパースターマンみたいだ」って。最初は1人だったんですよ。でもスーパースターマンが輝くためにはラッキーマンや努力マンがいなくちゃダメなんですよ。だからDPGは福田君にとってそういうものにならなきゃダメだなって思いますね。
福田 まぁ僕はスーパースターマンかもしれませんけど、スーパースターマンは家で自分のコスチュームを自分で作っているかもしれないじゃないですか。そういうことですよ。

ーーハハハハハ。見えない努力というか、見せてはいけない裏事情!(笑)『マッスル』がマッスル坂井というプロレスラーの頭の中を見るような場だったように、DPGは福田洋がスーパースターに駆け上がっていくための場なんですかね?

成田 福ちゃんの本来の魅力を伝えたいっていつも思ってますね。
福田 でもそれを伝えられるかどうかは、僕の努力次第ですからね。

ーー後期の『マッスル』は後楽園ホールが常に超満員でしたし、マッスル坂井ならば日本武道館進出も本当に夢じゃないと誰もが思っていた。DPGも福田洋ならばホールが超満員になるところまで行ってほしいと思います。……でも、だいぶDPGのことが分かってきました(笑)。

福田 分かってきましたか? さすが有料サイト!

ブラックDPGとは何か?

ーー3月にはDPGの対抗勢力としてブラックDPGが誕生しました。のの子選手が東京女子プロレスで“ボインメーカー”として話題になったのは、成田さん的にはどうだったんですか?

成田 のの子ちゃんはブラックのリーダーとしての役割を果たしているし、すごい出来る子なので。元々の構想ではDPGは“外敵”と抗争を繰り広げる感じだったんですけど、DPGが何と闘っているのかがよく分からないっていうの問題がありましたね。それにハウスショーをやるときにヒールとベビーフェイスがいたほうが分かりやすいじゃないですか。なので、いまはもうちょっと、ベビーのDPGvs.ヒールのブラックDPGっていう構図を分かりやすくているところですね。あっちはあっちでまた別のラインが走っているし。

ーーボインメーカーのブレイクは計算外だったけど、のの子選手は元々スキルが高いし、ブラックDPGをグングン引っ張っていってくれるからいい方向に転がった感じ?

成田 そうですね。
福田 僕からすれば悪いことをするのも大概にしろよ! 何度現れても同じだぞ!ってことですよ。アンパンマンもバイキンマンを何度も懲らしめますけど、決して殺しはしないじゃないですか。そんな感じですね。

/battle-news.com/fight/swfu/d/140625_DPG3-04.jpg
ブラックDPGのメンバーは左からメトロポリちゃんV、松本都、タイガーノノコ、ケンドー・リリコの4人。大首領は蝶野正洋

ーー福田選手から見て、同じプロレスラーとしてのの子選手とか松本都選手とかはどう評価してますか? 2人とも独特な世界観を築いていますが。

福田 のの子はやっぱりすごいですね。ちゃんと試合見たのは1、2回しかないですけど衝撃的でしたね。ダンスの振り付けとかのの子に教わっていたんですけど、相当芸歴長いんですよ。それにいろんなことをやっているんですよ。さらに進退能力も高いし、舞台で自分の見せ方もやたら弁えている。最初の頃はプロレスを“プロレスじゃない何か”と思ってやっていたと思うんですよ。だからあのキャリアで強いだと思うんです。怪物ですよ! この間も池袋のタワレコでイベントやったんですよ、全員水着で。みんな前はエプロンとかで隠すんですけど、後ろも酷いぞ! 本当に。のの子はもうクラッシャー・バンバン・ビガロみたいな後ろ姿でしたよ。刺青獣です!

ーー刺青ないけどね(笑)。でも確かにのの子選手は女子プロレス界に突如現れた怪物的なものは感じますね(笑)。

福田 松本都のプロレスの試合もちゃんと見たことはないんですけど、結構キ○ガイだなって最近分かりましたね。

ーーいやー崖のふちプロレスでの都選手はかなりクレイジーですよ(笑)。ブラックDPGでは最初の頃はまだそういう部分をあまり出さず、アイドル的な部分を前面に出していましたけど、最近徐々に崖のふち的な部分を出してきましたね。

福田 そうですね(笑)。もうツイッターとか見てても、全然接したことのないような有名人に勝手にリプライとか飛ばしてるじゃないですか。尋常じゃないミーハー!
成田 アハハハハハハハ!
福田 あとリリコは完全にバカですね(笑)。でも一生懸命やるんで愛されるバカなんじゃないですかね。一生懸命さを忘れたら終わりですけど、まぁバカなんで(笑)。

実際に起こっていることをリングに上げてしまうのは、もう終わり!?

ーーすごくプロレス濃度が高まったDPGですが、一方でメンバーチェンジや脱退など、すごくバンドっぽい展開も起きてますね。

福田 何の予定もしていないですけどね(笑)。

ーープロレス団体でも離脱とか退団はありますが、普通は「音楽性の違い」とか「一身上の都合」とかふんわりされるところを、6月25日の『DPG3』(新宿FACE)ではステフがガチンコ過ぎるダメ出しをしたと思ったら、過呼吸で倒れてしまった細身のシャイボーイが突然脱退を表明して去ってしまうというガチンコ過ぎる展開でしたね(苦笑)。

成田 まぁでも本当にやりたい人とだけやりたいっていうのがあるので……。それでいなくなったりする人が出て来ることもあるってだけで……何て言えばいいんだろう。
福田 DPG3から(3rdシングルの)インストアイベント含めてあのときの1週間。1日1歳くらいのペースで老けていきました。

ーーアハハハハハハハハ!

福田 それぐらいの疲労具合に感じますよね(苦笑)。ファンの人が撮った写真とか見ると、(成田)社長もドンドン老け込んでるし。
成田 アハハハハハハハ! バレてる!(笑)
福田 グッタリですよ。

ーー本来であれば決してお客さんの前に出すべきではない裏側のゴタゴタまでさらけ出してしまったし、途中でVTR止まっちゃうしで、やっぱりその疲労たるや……

福田 ああいうのは禁断の果実じゃないですか。パンドラの箱なんですよ。だから開けたら老けるんです(苦笑)。

ーーなかなか興行の最中にマイクを使うことなく、「今日で辞める」って言って衣装を投げ捨てて1人先にバックステージに帰ってしまい、メンバーが戻ってくる頃には控室にもいないなんてガチ過ぎる展開はないですよ(苦笑)。

成田 今回(グレート)サスケさんを呼んだじゃないですか。ステージ上でも言ったんですけど、なんかSASUKE組のときのことを思い出しました。サスケさんが「実はデルフィンは結婚してる」みたいなことを言ってしまったりとか、デルフィンたちの離脱会見の場にサスケさんが現れて揉めたりとか、あの時見てた光景となんか近いなあって思って(笑)。

※SASUKE組=みちのくプロレスで1998年にスペル・デルフィンから「お前はもう、みちのくにいらん」と言われたグレート・サスケがヒールの「SASUKE」となり、クレイジーMAXやトンパチマシンガンズらと結成したヒールユニット。

ーーおぉ、確かに!

成田 あと自分はUWFにも憧れているのですが、本で読んできた揉め事とかが、別にこっちで「再現しよう」と思って仕掛けたわけでもないのに、自然発生してしまうっていうか。
福田 みちのくプロレスの事件も細かくは分からないですけど、あのDPG3のときにリング上にいたみんな、それぞれ自分たちの胸に秘めていることはあるんですけど、1人1人が何となくショーをちゃんと終わらせないといけないっていう気持ちはあったと思いますね。僕もあったし、社長もあっただろうし、細身もあっただろうし。たぶんサスケさんもあったと思います。そういうなんかね……やっぱり人間の心って難しいですね。

ーーだから3rdシングルのタイトルが『キカイノココロ』なんですか?(笑)まぁでも本当だったらちゃぶ台ひっくり返して「もう知らねぇよ!」って投げ出したいぐらいの気持ちなのに、お金取ってお客さんが入っていることを考えれば、やっぱり興行を成立させるためにきちんと終わらせないとダメですよね。

福田 はい。やっぱりああいう場所で本多さんは、ちゃんといいこと言うじゃないですか。でもやっぱり僕が締めなきゃいけないなっていう思いはあるんですよ。ただ、これは言い訳ですけど、あのときの僕の精神状態もあったし、僕はもうパンツ一丁になるしかなかったんですよ。……なんでパンツ一丁になったんだろうって思いましたけどね。

ーーでもあのコスチュームを1つ1つ脱いでいって客席に投げる姿は、UWFインターナショルを辞めるときの田村潔司選手がダブりましたよ(笑)。

福田成田 ハハハハハハハ
福田 そういうことにしておきましょう。

ーーまぁ投げたコスチュームをあとからキチンと回収するところが、福田洋っぽくて良かったですよ(笑)。

福田 (投げたコスチュームを取った人が)持っていっちゃったらどうしようと思いましたよ(苦笑)。

140720_DPG-2.jpg
2014年6月25日『DPG3』で細身のシャイボーイが“DPGのメンバー”として最後のマイク。福田はパンツ一丁姿!

ーーかつてのアントニオ猪木や『マッスル』のように、表現方法の違うはあれど、DPGも見ている人からすればどこまでが虚で、どこからが実なのか分からないような、ある意味そういう“危うさ”みたいなものも魅力の1つなのかもしれないですね。

成田 僕が『マッスル』見ていたときに、坂井さんが追い詰められて見てるこっちもツラいなって思った悲しい思い出があるので、もう(こういう作風は)やめたいなとは思っています(笑)。

ーー『マッスル』は回を重ねるごとにどんどん人気が出てきて、チケットは完売するわ、何を見せてくれるんだっていう異常なまでの期待感で膨らむわで、このままやり続けていたら、いずれ坂井さんがパンクしちゃうんじゃないかっていう心配をしていた中で、結婚・実家の家業を継ぐのでレスラー引退・自分たちの子供たちで20年後にまたマッスルをやる、というすごく前向きな落とどころというか、ある意味で最高な幕引きだったと思います。DPGもいつかパンクしちゃうんじゃっていう部分があるので、そうなる前に理想的な落としどころがあればなぁとは思います。

成田 まぁそうですね。でもあの大会を経て、俺的にはDPGはいいムードになったと思います。DPG3の直後のインストアイベントなんかでは、ファンも含めてより一層団結したイメージがありますね。疲れたけども、得たものは大きかったと思いますね。
福田 インストアイベントは本当に連日狂ってましたね。大内ライダーはなぜキスしたときに舌を入れてくるんだって!(笑)

ーー騎馬戦やったりしてましたね(笑)。福田選手にとってDPGではタッグパートナー的存在だった細身のシャイボーイが離脱してしまったのはどうなんですか?

福田 う〜ん……まぁひとつは……なんでしょうね。僕は最後の細身とのやり取りが印象的でした。

ーー「福田洋はこれからの日本のプロレス界を背負う男なんだよ。お前らで輝かせてくれないか? 格好悪いことは全部、俺がやる」って言ったやつですね。

福田 はい。もう細身は死んだんじゃないかなって。「細身だったらこう思うよ」とか「細身ならこういうとき、こう言うと思う」とか、みんな細身を死んだ人のように扱うんですよ。アレが面白くて……(苦笑)。だから幽霊!

ーー幽霊!?(苦笑)DPGからは脱退したけど、背後霊的な存在としているぞ、みたいな?

福田 僕がライブするときも左肩の後ろあたりにたぶんいますよ。そういうつもりでいますので、死んだことにしましょう。
成田 死んだことにしましょうは酷くない?(笑)シャーマンキングとか(ジョジョの)スタンドみたいな感じでね。
福田 そうですね。そんな感じで青森にもいると思います。

ーーでは最後に、2度目の『夏の魔物』がもうすぐあります。この1年でいろいろなことがありましたが、今年の『夏の魔物』のあと、DPGはどこに向かっていきますか?

成田 今回のCDもオリコンに入ったし、もっともっとメジャーフィールドに行きたいですね。別にアンダーグラウンドなことをやろうっていう気は一切ないんで。福ちゃん1人で新日本プロレスの知名度を抜くくらいにしたいです。
福田 僕は知名度ってものがプロレス界で絶対的に働くと確信しているので。僕がツイッターのフォロワー50万人レベルの人間だとしたら、たぶんユニオンMAXとか挑戦できると思うんですよ。もちろん、実力が伴ってなければ挑戦は出来てもタイトルは獲れないと思うので、プロレスラーとしてコツコツはやっていきますけど、それと同時に虎視眈々とフォロワー50万人レベルの大物を目指します!
成田 紅白(歌合戦)に出るアーティストになったら、G1(クライマックス)にだって出られるんじゃないすか?

ーー「50万人のフォロワーの後押しを受け、ユニオンMAXに挑戦!」とか「紅白出場レスラー、G1初出場」とか、斬新過ぎる見出しが付けられますね(笑)。

成田 今回の件で、やっぱり「DPGは福田洋が上にいくためのもの」っていう再確認が出来たので、こちらもそのためにフィードバックはしていきますよ。
福田 この間の街コンプロレスでも、俺、人気あるなぁってビックリしました。まぁみんな酔っ払ってましたけど。
成田 ハハハハハハ
福田 「ミスター、格好いい」とか言ってるから「俺、格好いいよ」って。まぁみんな酔っ払ってましたけど。
成田 そういうの自分で言っちゃうから!(笑)
福田 初心に返って頑張ります!
成田 アハハハハハハ

この項終わり

成田大致(なりただいち)
1986年青森県生まれ。2006年(当時19歳)に『AOMORI ROCK FESTIVAL〜夏の魔物〜』を主催。音楽好き少年による"手作りロックフェスティバル"として話題なったが、今年で9回目を迎える。元々大のプロレスファンで『マッスル』やみちのくプロレスに多大な影響を受ける。2013年から“歌って踊ってプロレスをする”前代未聞のエンターテイメントユニット「DPG」を結成。DPG社長。

福田洋(ふくだひろし)
1987年8月15日東京都生まれ。2010年にユニオンプロレスが行った「新レギュラーメンバーオーディション」を受けるも落選。その後、練習生として入門。2011年5月4日、ユニオン後楽園ホール大会でデビュー。男色ディーノらが結成した「ほもいろクローバーZ」のメンバーとしてDDTにも登場。日体大武道科卒で柔道三段にもかかわらず、「アメプロこそが最強」を掲げ、2013年3月には自らがプロデュースした『U・S・A〜Ultimate Superstars Action〜』を開催。「Mr.Perfect」の異名を持ち、DPGではリーダーを務めている。

1407015_Interview-2.jpg

夏の魔物テーマソング
スーパーエンタメ大戦
夏の魔物エンタメユニット
DPG VS ブラックDPG

1. キカイノココロ
作詞/只野菜摘 作曲/浅野尚志
Gt/ROLLY
2. ダダダダダン
作詞/只野菜摘 作曲/小池雅也
3. キカイノココロ
(FUNKOT魔改造 BY DJ JET BARON)
Remix/高野政所

1407015_Interview-3.jpg

AOMORI ROCKFESTIVAL '14
−夏の魔物−
日時:2014年7月21日(月・祝)
開場:7:00 開始:8:00
会場:青森県東津軽郡
   平内町夜越山スキー場

<出演>
BRAHMAN、でんぱ組.inc、the telephones、髭(HiGE)、ドレスコーズ,THA BLUE HERB、神聖かまってちゃん、後藤まりこ、大森靖子、曽我部恵一、向井秀徳アコースティック&エレクトリック、大槻ケンヂ(形態未定)、人間椅子、KING BROTHERS、THE NEATBEATS、アルカラ、Wienners、HINTO、サイプレス上野、田我流feat.stillichimiya、アップアップガールズ(仮)、バンドじゃないもん!、LinQ、Negicco、lyrical school、Especia、hy4_4yh、BELLRING少女ハート、寺嶋由芙、ゆるめるモ!、妄想キャリブレーション、ULTRA-PRISM、藤岡弘、水木一郎、吉田豪×杉作J太郎、掟ポルシェ、ベッド・イン、久保ミツロウ×能町みね子、うしじまいい肉撮影会、DJダイノジ、クリトリック・リス、岸田メル、Ladybeard、劇場版テレクラキャノンボール2013、爆音上映会(R-18)、カンパニー松尾、蝶野正洋、葛西純、”黒天使”沼澤邪鬼、DDTプロレスリング、KAMINOGE ROCK FESTIVAL (マッスル坂井、井上崇宏)、MC.アントーニオ本多、DPG VS ブラックDPG、他

夏の魔物公式サイト

【期間限定掲載】

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional