夕陽のデビュー戦の相手として、ゆずポンのZERO1参戦が決定!さらに4・24後楽園大会には本間朋晃やジミーズも緊急参戦!

 14日、ZERO1元気道場で行われたプロレスリングZERO1の『海岸プロレス chapter2』。打倒菅原拓也&藤田峰雄の秘密兵器として、ドラゴンゲートでジミーズとして活躍しているジミー・カゲトラとタッグを組んだ日高郁人は、4・24後楽園大会に向けた試運転として、この日クレイグ・クラシック&ニック・プリモと対戦。

 日高も「さすが」と感心するほどの動きを見せたカゲトラは、ドラゲー特有のスピーディな攻防と、日高との絶妙な連携で、最後はヘビー級のニックから完全勝利。そこに菅原&藤田が乱入し「おい日高、毎度毎度、俺様への動揺作戦とはご苦労なこったな」と挑発すると、日高は「菅原、今度こそこのカゲトラとライトタッグを獲ってやる!」とカゲトラとの新タッグでタイトタッグ王座奪取を宣言。
 これを聞いた菅原が「なんなら、この場でやってやるか!」と乱闘を仕掛けていくと、場外に菅原と藤田を落とした日高&カゲ。ところがその瞬間、カゲトラが日高にまさかのキック! 「日高さん! タイトルは聞いてなかったですよ! タイトルなら僕はパートナーのジミーススムと出ますよ!」まさかの裏切り!
 それを聞いた菅原が「じゃあ、俺らとススム&カゲで王座決定戦でいいな! 日高、お前はしょうがないよ、仲間がいないいんだから!」と言い放ち、またも日高が孤立すると思われた瞬間、控室から"青い目のサムライ"クレイグ・クラシックが大声を出しながら登場し、「ヒダカ! お前のパートナーは、俺、クレイグだ!」と名乗りを挙げた。
 すかさず日高が「よし、こうなったら俺らチームZERO1と菅原&藤田、そしてカゲ! ススムを連れてこい! 3WAYでやってやる!」と言い放ったため、4・24後楽園大会でのライトタッグ選手権は3WAYが濃厚となった。

120414_Zero1.jpg 続いて日高は夕陽、リングに上がってこい!」と、4・24後楽園大会で得ビューする愛弟子の現役国立女子高生の夕陽を呼び込むと、「今からお前の対戦相手を発表する! その選手はこの人だ!」とデビュー戦の相手を呼び込む。
 そこに登場したのは、何とスターダムのワンダー・オブ・スターダム&ゴッデス・オブ・スターダム王者のゆずポンこと愛川ゆず季! 「今回は日高選手からお話を頂き、心から感謝しています! 夕陽選手、一度しかないデビュー戦、頑張りましょう!」と挨拶した愛川に対し、いきなり2011年女子プロレス大賞を獲った超大物と対戦することになった夕陽は「正直、大変ビックリしています。でも、私は師・小林聡、同じくプロレスの師・日高郁人に教わった精神で、白星を狙って行きます! 応援宜しくお願い致します!」と挨拶した。

 さらに第2試合に出場した大谷晋二郎が試合を終えると、沖田リングアナが会社に挑戦声明が届いた事を報告し、その場で読み上げた。
 「大谷選手ご無沙汰してます。こけしこと元新日本プロレスの本間朋晃です。ゼロワンのリングは選手も熱い! スタッフも熱い! そして何より、お客さんが熱い! そんなリングだと思います。
 その熱いゼロワンのリングで復帰戦をしたいと思い連絡しました。ご検討よろしくお願いいたします。いや、ご検討ではなくこれは挑戦状です」
 何と挑戦表明の差出人は、先日新日本プロレスを退団した本間朋晃! これを聞いた大谷は「選手も熱い? スタッフも熱い? そして何より、お客さんが熱い? あたりめぇだろ! 挑戦表明なんかしてないで、24日、(後楽園ホールに)来い! 試合組んでやる! 本間、ZERO1に上がる条件は1つだけだ! 熱い! それだけだ」と本間の直訴を受諾した。
 そして決定した4・24後楽園大会『Over The Rainbow』の対戦カードは下記の通り。

プロレスリングZERO1
Over The Rainbow
日時:4月24日(火)開場:17:45 開始:18:30
場所:後楽園ホール

▼曙vs.大仁田 初対決! スペシャルタッグマッチ 60分1本勝負
曙(フリー)/大谷晋二郎
vs.
大仁田厚(フリー)/田中将斗

▼NWAライトタッグ王座決定戦 3WAY 60分1本勝負
日高郁人/クレイグ・クラシック
vs.
菅原拓也(フリー)/藤田峰雄
vs.
ジミー・ススム(DRAGON GATE)/ジミー・カゲトラ(フリー)

▼ZERO1vs.BJW 30分1本勝負
佐藤耕平/橋本大地
vs.
関本大介(大日本プロレス)/橋本和樹(大日本プロレス)

▼スペシャルシングルマッチ 30分1本勝負
フジタ"Jr"ハヤト(みちのくプロレス/九龍)
vs.
長島☆自演乙☆雄一郎(フリー)

▼「現役国立女子高校生」夕陽 デビュー戦 30分1本勝負
夕陽
vs.
愛川ゆず季(スターダム)

▼本間朋晃 復帰戦 8人タッグマッチ 30分1本勝負
KAMIKAZE/植田使徒/横山佳和/本間朋晃(フリー)
vs.
崔領二/ライディーン/ニック・プリモ/マーカス・ビーン

【記事提供/プロレスリングZERO1】

2012年4月15日 02:45
このページの先頭へ
速報予定
大会詳細をケータイサイトで!
コラム女子プロレス団体『FEATURES』
スターダム世IV虎の番長日記

最新記事
12/29 年末の風物詩、新宿駅前で『猪木祭り』が公開会見!石井が遅刻した藤田に対し「そういうバカタレはシバキ回したい」
12/29 JWP中島との二冠戦に引き分けたイオに新ハイスピード王者の夏樹が挑戦表明!たわしーずが涙の6人タッグ王座奪取!
12/28 DDT1.3後楽園で高木vsマイケルのウェポンランブル、1.12&13大阪2連戦で全タイトルの次期挑戦者決定戦を開催!
12/27 「ことり」との一騎打ちでメインを務めた里歩が新曲を熱唱!帯広のパッションを受け止めた奈苗が貫禄勝ち
12/27 曙に邪道サンタから「三冠のベルトを持って電流爆破のリングに上がってきてくれ」というクリスマスプレゼント!
12/26 大家が宿敵・浪口を撃破!一歩前進したガンプロは4月の第2章旗揚げ戦に向け、ユニオンとの全面対抗戦へ!
12/25 12.31『猪木祭り』の一部カード変更!カシンが中国人留学生のデビュー戦の相手に!アレクがサップとタッグ
12/24 イッテンヨンまで待ったなし!中邑&オカダvs棚橋&内藤のW前哨戦タッグマッチは壮絶30分ドロー!
12/23 HARASHIMAが坂口との激闘を制して再び三冠王に!アジャが三四郎にリップロックして6人タッグ王座奪取!
12/21 引退試合でもヘビー級トーナメント覇者ベホーベン相手に退くことなく前に出続けたアーツ!敗れたものの笑顔で引退
月別アーカイブ
団体
タグ