HARASHIMAが坂口との激闘を制して再び三冠王に!アジャが三四郎にリップロックして6人タッグ王座奪取!

131223_DDT-4.jpgDDTプロレスリング
NEVER MIND 2013
日時:12月23日(月・祝)開始:12:00
会場:東京・後楽園ホール
観衆:2013人(超満員札止め)

 12月23日(月・祝)に東京・後楽園ホールで行われたDDTプロレス『NEVER MIND 2013』。メインではKO-D無差別級&DDT EXTREME王者のHARASHIMAとアイアンマン王者の坂口征夫が、KO-D無差別級王座を賭けて激突。

 開始直後坂口が走りこんで蹴りを放つもHARASHIMAはこれを避け場外へ降りる。リングに戻ってきたHARASHIMAと距離をとる坂口だったが、HARASHIMAが自分から倒れてグラウンドを要求すると、坂口はかぶさりグラウンド勝負へ。
 ポジションを取り合う両者。バックの取り合いからHARASHIMAが腕を巻き込むも回転してそれを切った坂口がフロントネックを狙うが、HARASHIMAは横回転でそれを逃れると仰向けになった坂口の足を取り、そのまま後転させるように巻き込んで坂口をうつ伏せにし潰していく。

 だが、坂口はHARASHIMAの腕を引き込み伸ばそうとするが、HARASHIMAが掌底をボディに叩き込み逃れると両者スタンドへ。坂口がHARASHIMAのストレートを避けバックを取るとそのまま巻き込みグラウンドへ。HARASHIMAは坂口の腕を取りにくが、坂口はこれを抜くとスタンドでの腕固めへ。そのまま自ら倒れ引きこむとHARASHIMAのクラッチを切り腕を伸ばす。HARASHIMAはすぐさま足をロープに伸ばす。
 スタンドで坂口が右のミドルを数発叩き込みフォールもHARASHIMAが足をロープに伸ばす。坂口は左右の掌底コンビネーションからスナップメイヤーで倒し、背中にサッカーボールキック。

 HARASHIMAは坂口の蹴りを避け逆に坂口を蹴りで倒すと「お返しだ」とサッカーボールキック。さらにその背中にストンピングからレッグドロップ。倒れたままの坂口を執拗にストンピングで攻めていったHARASHIMAは、膝立ちになった坂口のスピンキックから膝を叩き込み、さらにコーナーに押し込むとロープの反動をつけた串刺しニーを連続で叩き込む。HARASHIMAはリング中央に坂口を投げ捨てるとキャメルクラッチ。坂口はロープに手を伸ばし脱出。
 HARASHIMAは坂口をロープに乗せると、下から蹴りあげてエプロンに落とす。エプロンから上半身を場外に出した坂口に、HARASHIMAはレッグドロップを投下するが、坂口はそれを避けたためHARASHIMAは場外にそのまま落下!

 立ち上がったHARASHIMAに坂口はエプロンを走りこんでのサッカーボールキックから、場外にそのまま降りHARASHIMAを場外フェンスに叩きつけていく。HARASHIMAも場外でビッグブーツを叩き込むが、坂口が再度フェンスに叩きつけリングに戻す。
 坂口はコーナーに上り、ダイビングキックを叩き込みフォールも2。坂口はミドル連発からバックドロップを狙うが、バックを逆にとったHARASHIMAを倒すとナックル連打。坂口の正面からのサッカーボールキックを避けたHARASHIMAが下から顔面を蹴りあげ、ふらつく坂口をコーナーに登らせると雪崩式ブレーンバスター。さらにラッシーボムで叩きつけフォールも2。

 HARASHIMAは山折りを狙うが、背後に着地した坂口がスリーパー。だが前に投げ捨てたHARASHIMAはドロップキックでふっ飛ばし蒼魔刀を狙う。これを避けた坂口はスリーパーで捕らえるが、落ちたかと思われたHARASHIMAは顔面を蹴りあげて脱出。
 お互い顔面を張り合った後、HARASHIMAがヘッドバッド。HARASHIMAはフランケンから串刺しニー。再度コーナーに走ったHARASHIMAに坂口が追走式の右ミドル。坂口は左右のハイからジャンピングニーを顎に叩き込みフォールも2。膝をつくHARASHIMAに膝を叩き込んだ坂口がフォールも2。

 坂口はグラウンドでスリーパーに捕らえるが、HARASHIMAはそのまま立ち上がり坂口を前に落とすと、すぐさま蒼魔刀を発射。HARASHIMAは坂口の背中にハンマーを落とした後、膝を叩き込んで四つん這いとなった坂口の後頭部を踏みつけていく。HARASHIMAは坂口を担ぎあげるとつるべ落としから正調・蒼魔刀を発射。これで3カウントを奪い、激闘を制した。
 試合後、マイクを持ったHARASHIMAが「坂口、今回のこのタイトルマッチ、やっててすげぇゾクゾクしたよ。この緊張感、なかなか感じることの出来ない。すっごいね、一瞬も気を緩められないような、そんな空気を感じながら闘うことができたよ。坂口、僕の顔はどんな顔かな? この試合がすっごく楽しかったってことだよ! ありがとう!」と言うと、坂口と握手をしてから抱き合う。

 鶴見亜門GMが登場し、「HARASHIMAさん、防衛おめでとうございます。これで見事三冠王に返り咲きました。あとは大晦日の年越しプロレスです。そこでも三冠王として年を越してください! 期待してます!」と激励。HARASHIMAも笑顔で元気よく「はい!」と答えた。
 そして全選手が会場に現れ選手たちからクリスマスプレゼントが客席に投げ入れられる。改めて全選手がリングに戻ると「2013年、DDTを応援して下さりありがとうございました。DDTが今年一年飛躍できたのも皆さんの応援のおかげだと思っております。皆様とともに走って行きたいと思っておりますので、今後共DDTを応援よろしくお願いします! それでは最後は皆さん一緒に三本締めで締めたいと思います」と、観客と一緒にHARASHIMAの音頭による三本締めで2013年最後の後楽園ホール大会を締めくくった。

※完全詳細はバトル・ニュース携帯サイトをご覧ください。

▼ダークマッチ 平田一喜今年のうちに試練の5番勝負(11:30頃開始予定)
<一本目>
●平田一喜
1分44秒 逆エビ固め
○松永智充

<二本目>
○平田一喜
1分26秒 スライディングキック→片エビ固め
●伊橋剛太

<三本目>
●平田一喜
1分30秒 回転エビ固め
○ワンチューロ

<四本目>
○平田一喜
1分45秒 ルース
●趙雲子龍(新北京プロレス)

<五本目>
●平田一喜
4分13秒 パールハーパースプラッシュ with 有刺鉄線バット→片エビ固め
○葛西純(FREEDOMS)
※平田が2勝3敗で負け越し

▼第1試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負
石井慧介/○入江茂弘/高尾蒼馬
8分15秒 フライングソーセージ→片エビ固め
MIKAMI/マサ高梨/●彰人

▼第2試合 年忘れ三大シングルマッチ 30分1本勝負
○佐藤光留(パンクラスMISSION)
4分39秒 アルティメットベノムアーム相打ち→体固め
●中澤マイケル

▼第3試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負
○KUDO/ヤス・ウラノ/赤井沙希
11分59秒 ダイビングダブルニードロップ→片エビ固め
アントーニオ本多(フリー)/●佐々木大輔(フリー)/GAMI(WAVE)

▼第4試合 年忘れ三大シングルマッチ 30分1本勝負
○飯伏幸太
9分48秒 フロントネックロック
●DJニラ(新潟プロレス)

▼第5試合 年忘れ三大シングルマッチ 30分1本勝負
○竹下幸之介
10分47秒 ジャーマンスープレックス→片エビ固め
●遠藤哲哉

▼第6試合 KO-D6人タッグ選手権試合 60分1本勝負
[王者組]●高木三四郎/大鷲透(フリー)/曙(全日本プロレス)
12分30秒 男色ドライバー→漢固め
[挑戦者組]○男色ディーノ/大石真翔/アジャ・コング(OZアカデミー)
※第6代王者組が3度目の防衛に失敗。チーム・ホモサピエンスが第7代王者組となる

▼第7試合 KO-D無差別級選手権試合 60分1本勝負
[王 者]○HARASHIMA
16分34秒 蒼魔刀→体固め
[挑戦者]●坂口征夫(坂口道場一族)
※第46代者HARASHIMAが4度目の防衛に成功。HARASHIMAが第979代アイアンマンヘビーメタル級王者となる

このページの先頭へ
速報予定
大会詳細をケータイサイトで!
コラム女子プロレス団体『FEATURES』
スターダム世IV虎の番長日記

最新記事
12/29 年末の風物詩、新宿駅前で『猪木祭り』が公開会見!石井が遅刻した藤田に対し「そういうバカタレはシバキ回したい」
12/29 JWP中島との二冠戦に引き分けたイオに新ハイスピード王者の夏樹が挑戦表明!たわしーずが涙の6人タッグ王座奪取!
12/28 DDT1.3後楽園で高木vsマイケルのウェポンランブル、1.12&13大阪2連戦で全タイトルの次期挑戦者決定戦を開催!
12/27 「ことり」との一騎打ちでメインを務めた里歩が新曲を熱唱!帯広のパッションを受け止めた奈苗が貫禄勝ち
12/27 曙に邪道サンタから「三冠のベルトを持って電流爆破のリングに上がってきてくれ」というクリスマスプレゼント!
12/26 大家が宿敵・浪口を撃破!一歩前進したガンプロは4月の第2章旗揚げ戦に向け、ユニオンとの全面対抗戦へ!
12/25 12.31『猪木祭り』の一部カード変更!カシンが中国人留学生のデビュー戦の相手に!アレクがサップとタッグ
12/24 イッテンヨンまで待ったなし!中邑&オカダvs棚橋&内藤のW前哨戦タッグマッチは壮絶30分ドロー!
12/23 HARASHIMAが坂口との激闘を制して再び三冠王に!アジャが三四郎にリップロックして6人タッグ王座奪取!
12/21 引退試合でもヘビー級トーナメント覇者ベホーベン相手に退くことなく前に出続けたアーツ!敗れたものの笑顔で引退
月別アーカイブ
団体
タグ