激動だった全日本の1年を斧爆弾で締めくくった大森が、新年一発目の三冠挑戦を表明!究極龍が悲願の世界Jr王座奪取!

131215_AJPW.jpg全日本プロレス
2013 ファン感謝デー
日時:12月15日(日)開始:18:00
会場:後楽園ホール
観衆:851人

 12月15日(日)、東京・後楽園ホールで行われた全日本プロレス『2013 ファン感謝デー』。全日本プロレスにとって激動だった2013年を締めくくる年内最終興行のファン感謝デーだが、メインでは分裂騒動後の新生全日本を支えた4選手がタッグマッチで激突。所属選手となり、王道トーナメントで優勝して三冠ヘビー級王座を奪取した曙が、バーニングを離れてXceedを結成し、新生全日本のエースを狙う潮崎豪がタッグを組み、誰よりも早く全日本残留を表明し、誰よりも激しい試合をやってきた諏訪魔が、正パートナー欠場の中でもワイルドに暴れ続けている大森隆男とタッグを組んだ。

 曙はニヤリと笑って三冠挑戦を表明している大森にベルトを見せつける。すると曙vs.大森で試合開始。曙から握手を求めていき大森が応じると、曙は気合いの咆哮。手四つの力比べから一気に押し込んでいった曙だが、大森はガットショットからチョップ、ショルダータックル。しかし曙はビクともしない。
 ガッチリと大森のタックルを受け止め、逆にカウンターのぶちかましでなぎ倒した曙はコーナースプラッシュ。これをかわした大森は丸め込んでいくと、「投げるぞ」とボディスラムを狙うが、逆に曙がボディスラムからエルボードロップ。しかし大森も間一髪でかわしてみせる。

 ここで両軍タッチして諏訪魔と潮崎がリングイン。ロックアップから押し込んだ諏訪魔だが、体勢を入れ替えた潮崎はクリーンブレイク。バックを取ろうとした潮崎だが、腕を取っていった諏訪魔。潮崎はヘッドシザースで切り返すが、首を抜いた諏訪魔はヘッドロックに捉える。
 ロープに押し込んだ潮崎はボディにエルボーを叩き込むと逆水平チョップ。額をくっつけて睨み付けた諏訪魔はエルボーで応戦すると、ショルダータックルでなぎ倒す。潮崎もアームドラッグで投げていくが、諏訪魔は自軍のコーナーに押し込んでいって大森にタッチ。

 チョップを叩き込んでいった大森に対し、ナックルパートを返した潮崎だが、大森はエルボースマッシュでカチ上げると、場外に投げ落とす。すかさず諏訪魔が鉄柵攻撃からナックルパート。しかし潮崎は大森を鉄柵の外に連れ出す。そこに大森が駆け付け、潮崎を鉄製の敷居板に叩き付ける。堪りかねた曙が大森に殴りかかっていき、鉄柵に叩き付けてから突進。
 しかし大森がかわして曙は鉄柱に誤爆してしまう。その間に諏訪魔が潮崎をリングに戻すと、大森がスリーパーで捕獲。曙と諏訪魔は場外で激しい殴り合いを展開。10分が経過し、大森のチョップに潮崎は逆水平チョップで応戦。

 しかし諏訪魔にタッチすると、諏訪魔はガットショット。さらにカウンターのキチンシンクで潮崎を悶絶させた諏訪魔はさらにキチンシンク。潮崎も逆水平チョップを返すと、諏訪魔はダブルチョップから串刺しラリアット。バックドロップを踏ん張った潮崎はフランケンシュタイナーを返すとバックドロップで投げていく。
 ようやく曙にタッチすると、曙はコーナースプラッシュ2連発からショルダータックルで吹っ飛ばしておいてのエルボードロップ。カウント2で返した諏訪魔は、曙のボディプレスをかわして大森にタッチ。フロントキックを連発した大森は後頭部にニールキック。それでも倒れない曙の後頭部にラリアットを叩き込んだ大森は、ハーフダウンの曙にスライディングラリアット。

 15分が経過し、アックス・ギロチン・ドライバーを狙った大森だが、踏ん張った曙はニーリフトからヨドヅナインパクト(=ジャンピングパイルドライバー)を狙ったが、これは諏訪魔がカット。続くラリアットを相打ちに持ち込んだ大森だが、ロープに飛んだ大森に曙は64。ここで両軍タッチして諏訪魔と潮崎が入ってくる。潮崎は逆水平チョップから串刺し式逆水平チョップ。
 さらにフィッシャーマンバスターで叩き付けた潮崎は、ジャンピングショルダーから片膝をついた諏訪魔にトラースキック。拳を握った潮崎は豪腕ラリアットを狙ったが、大森が入って来る。そこをブレーンバスターで投げた潮崎は、曙がホイップした諏訪魔に逆水平チョップ。

 倒れた諏訪魔に曙がジャンピング・ボディプレスを落とすと、潮崎はジャンピングニードロップ。大森がカットに入ると、諏訪魔は突進してきた潮崎をフロントスープレックスで投げていく。連続ショートレンジラリアットを叩き込んでからロープに飛んだ諏訪魔だが、潮崎はカウンターのラリアットからゴーフラッシャー。
 これもカウント2で大森がカットしたが、曙が大森を場外に投げ落とし、潮崎に「行け!}と指示。潮崎はローリング袈裟斬りチョップからリミットブレイク(=リストクラッチ式垂直落下ボルケーノイラプション)を狙うが、大森が入ってきてアックスボンバーでカット。

 諏訪魔と潮崎はダブルダウンの状態から、先に諏訪魔が大森にタッチ。20分が経過し、大森はトラースキックからアックス・ギロチン・ドライバーで潮崎を叩き付けるが、カウント2で曙がカット。諏訪魔と大森を同じコーナーに投げつけてコーナースプラッシュを狙った曙だが、諏訪魔も大森もかわすと諏訪魔が万力スリーパーホールドで捕まえる。
 その間に大森は潮崎にアックスボンバーを狙うが、潮崎は腕へのラリアットで迎撃。しかし潮崎が豪腕ラリアットを打つ前に大森がアックスボンバーを叩き込んで3カウント。

 試合後、曙に近づいていき、睨み付けた大森はマイクを持つと「曙...横綱! そのベルトに挑戦させろ。来年、一発目、俺は三冠獲りにいくぞ!」と改めて三冠挑戦を表明。それを聞いた曙は「分かりました。喜んでこのベルトを賭けて闘います!」と承諾してベルトを掲げる。睨み合ってから曙とガッチリ握手を交わした大森が「今日、出場した選手、全員リングに上がってくれ!」と叫ぶと、Mr.クリスマスやSUSHI、Xceedのメンバーらがリング上へ。
 すると、ファン感謝デーらしくサインや交換できる商品などが書かれたカラーボールが客席に投げ込んだ。

 新生全日本を先頭で支えた諏訪魔が「今日はご来場いただき、ありがとうございます。この1年いろいろなことがありました。でもこうして1年間すべての日程を終えることが出来たのではファンの皆さんのお陰です。また全日本プロレスの選手一同、来年も盛り上げます。本年はありがとうございました!」と挨拶すると、最後は三冠王者の曙が「たくさんご来場ありがとうございます。来年頭から三冠戦が控えていると思います。リングにいるみんな力を合わせて、もっともっとファンが全日本ファンと恥ずかしがらないで堂々言えるようにまだまだ頑張っていきますので、よろしくお願いします!」と挨拶して、激動だった2013年の全日本プロレスを締めくくった。

※完全詳細はバトル・ニュース携帯サイトをご覧ください。

▼第1試合 六本木DINING BAR Hitomiプレゼンツ お食事券争奪3ウェイマッチ 20分1本勝負
●渕正信
8分52秒 アルゼンチン式背骨折り
○井上雅央(フリー)
※もう一人は佐藤光留(パンクラスMISSION)

▼第2試合 Xceed vs Statesmans タッグマッチ 30分1本勝負
○鈴木鼓太郎/青木篤志
11分56秒 エンドレスワルツ
西村修(フリー)/●土方隆司(フリー)

▼第3試合 プレクリスマススペシャルシングルマッチ 30分1本勝負
○Mr.クリスマス
9分50秒 TEKKAMAKIを切り返す→エビ固め
●SUSHI

▼第4試合 Xceed vs DK シングルマッチ 30分1本勝負
○宮原健斗(フリー)
12分48秒 レフェリー暴行→反則
●KENSO

▼第5試合 世界ジュニアヘビー級選手権試合 60分1本勝負
[王 者]●金丸義信
17分54秒 アサイDDT2連発→片エビ固め
[挑戦者]○ウルティモ・ドラゴン(闘龍門MEXICO)
※第35代王者・金丸が8度目の防衛に失敗。ウルティモが第36代王者となる

▼第6試合 タッグマッチ 60分1本勝負
曙/●潮崎豪
20分52秒 アックスボンバー→片エビ固め
諏訪魔/○大森隆男

このページの先頭へ
速報予定
大会詳細をケータイサイトで!
コラム女子プロレス団体『FEATURES』
スターダム世IV虎の番長日記

最新記事
12/29 年末の風物詩、新宿駅前で『猪木祭り』が公開会見!石井が遅刻した藤田に対し「そういうバカタレはシバキ回したい」
12/29 JWP中島との二冠戦に引き分けたイオに新ハイスピード王者の夏樹が挑戦表明!たわしーずが涙の6人タッグ王座奪取!
12/28 DDT1.3後楽園で高木vsマイケルのウェポンランブル、1.12&13大阪2連戦で全タイトルの次期挑戦者決定戦を開催!
12/27 「ことり」との一騎打ちでメインを務めた里歩が新曲を熱唱!帯広のパッションを受け止めた奈苗が貫禄勝ち
12/27 曙に邪道サンタから「三冠のベルトを持って電流爆破のリングに上がってきてくれ」というクリスマスプレゼント!
12/26 大家が宿敵・浪口を撃破!一歩前進したガンプロは4月の第2章旗揚げ戦に向け、ユニオンとの全面対抗戦へ!
12/25 12.31『猪木祭り』の一部カード変更!カシンが中国人留学生のデビュー戦の相手に!アレクがサップとタッグ
12/24 イッテンヨンまで待ったなし!中邑&オカダvs棚橋&内藤のW前哨戦タッグマッチは壮絶30分ドロー!
12/23 HARASHIMAが坂口との激闘を制して再び三冠王に!アジャが三四郎にリップロックして6人タッグ王座奪取!
12/21 引退試合でもヘビー級トーナメント覇者ベホーベン相手に退くことなく前に出続けたアーツ!敗れたものの笑顔で引退
月別アーカイブ
団体
タグ