夏樹、アルファを撃破した奈苗が涙の5★STAR GP制覇!モンスター軍入りを拒否した惡斗は、"対等な立場"で木村と合体!

130923_Stardom-1.jpgスターダム
5★STRA GP2013
日時:9月23日(月・祝)開始:12:00
会場:後楽園ホール
観衆:915人

 23日、後楽園ホールで行われたスターダム『5★STAR GP2013』最終戦。今年が2回目のスターダム最強シングル決定リーグ戦だが、レッドスターズ、ブルースターズ、どちらのブロックも最終戦まで大混戦となった。

 レッドスターズは6点で1位の紫雷イオに9・15大阪大会で勝利したアルファ・フィーメルが5点で猛追。まずアルファがダーク・エンジェルとの"スターダムのナンバー1外国人決定戦"に勝利して7点で公式戦を終了。イオは前回のシングルで引き分けている彩羽匠に勝てば優勝決定戦に進出出来るが、負けるか引き分けるかするとアルファが優勝決定戦に進出するという展開に。
 バイカー風新コスチュームで登場した彩羽は、序盤こそイオに攻め込まれていたが、ケブラーダを狙ったイオの足を掴んで場外に引きずり降ろすと、イオの右肘に狙いを定めていくとエルボースマッシュでカチ上げたり、ロープに巻き付けたりして徹底攻撃。
 さらにぶら下がり式三角絞めやショルダーアームブリーカー、右腕へのコードブレイカーでイオを悶絶させると腕十字へ。何とかクラッチして堪えたイオだが、右肘にかなりのダメージを負ってしまう。みるみるうちに試合時間が経過し、残り3分のところでフランケンシュタイナーを決めたイオだが、カウントは2。
 さらにコーナーに登った彩羽に対し、トップロープに飛び乗り、ドロップキックで場外に蹴落とすと鉄柱越えのプランチャ。さらに彩羽をリングに戻し、ムーンサルトプレスを投下するが、焦るあまり飛距離を誤ってしまう。ならばともう一度ムーンサルトプレスを投下。今度はクリーンヒットしたがカウントは2。必殺のマヒカ・デ・イオも腕十字で切り返されたイオは、アッパー掌底からシャイニング・ウィザードを発射するが、耐え抜いた彩羽がジャーマンで投げたところで時間切れ引き分け。
 まさかのドローにより、イオとアルファが7点で並んだが、直接対決でイオに勝っているアルファの優勝決定戦進出が決まった。

 アルファとの"モンスター軍対決"を目論んでいた木村響子は、シングル初対決の夕陽に対して徹底的な足殺しを繰り出していくが、夕陽も悶絶しながらも食い下がる。どうにか木村の打撃を耐え抜き、夕陽が蹴りで応戦していった結果、木村も15分以内に夕陽を仕留めることが出来ずドロー。これで木村は6点で公式戦を終了し、次の高橋奈苗vs.夏樹☆たいようの結果待ちとなった。
130923_Stardom-2.jpg 5点で並んでいた奈苗と夏樹。2011年11月新木場大会以来、約2年ぶりの一騎打ちで勝ったほうが優勝決定戦進出という大事な一戦。夏樹はこの2年間の間に修得したカンフー殺法で奈苗を追い込んでいくが、奈苗も蹴り足をキャッチしてのドラゴンスクリューや足4の字固め、マシンガン逆水平などで応戦。
 だが、ボディブローから掌底を叩き込んだ夏樹は、奈苗のグーパンチをキャッチしてフロントネックロックに捕らえると、スピニングチョークでグラウンドに持ち込む。奈苗がロープに脱出するとコーナーに登った夏樹だが、奈苗は追いかける。エルボーで叩き落とし、右腕にフットスタンプを投下した夏樹は腕固めでさらに右腕を攻撃。
 さらに雪崩式アームドラッグ、ダイビング・フットスタンプで追い込むが、モモ☆ラッチを押し潰した奈苗は冷蔵庫爆弾を投下。しかし剣山で迎撃した夏樹は3度目のトライでついにたいようちゃん☆ボムを決めたがカウントは2。ならばとレッグクラッチ・スープレックスで投げてからもう一度モモ☆ラッチ。
 これを垂直落下式のナナラッカで切り返した奈苗はコーナーへ。夏樹は追いかけていってたいようちゃん☆スパニッシュフライを狙うが、叩き落としていった奈苗は、それでもなお駆け上がってきた夏樹に対して、一瞬先にマットに降りてみせ、コーナーに駆け上がってきた夏樹を捕まえると奥の手であるチャナラッカ☆百で3カウント!
 まさしく現在の女子プロレス最高峰の闘いと言ってもいい激闘を制した奈苗が、優勝決定戦進出を決めた。

130923_Stardom-3.jpg 今年の3・17後楽園大会でアルファに敗れてワールド・オブ・スターダム王座から陥落した奈苗にとって、リベンジするには絶好の機会。試合順の関係で15分近い夏樹との激闘のあと、10分弱の休憩時間を挟んですぐに優勝決定戦となった奈苗だが、その表情はまったく疲れを知らないといった感じ。
 それでも体格面やパワーで奈苗を上回っているアルファは、まさしくモンスター級の重たい攻撃で夏樹戦で散々痛めつけられた奈苗の右腕を破壊しにかかる。奈苗もアルファの串刺し式ショルダーをかわして場外に転落させると、トペを発射。さらに珍しくアルファにイスを投げつけた奈苗は、リングに戻ると痛む右腕でラリアット。
 その後クロスフェースの応酬やブレーンバスターでの投げ合い、アルファの投げ捨てジャーマンに対して奈苗がバックドロップで対抗するなど、お互いにスタミナを使った攻防を展開。どうにかショートレンジラリアットでアルファをなぎ倒した奈苗は冷蔵庫爆弾で勝負に出るが、アルファは剣山で迎撃。
 アルファは首をかっ斬るポーズから両ヒザをつくパワーボムで奈苗を叩き付ける。これで頭を強打した奈苗は朦朧としながらも、大「奈苗」コールを受けて2発目のパワーボムを首固めで切り返す。さらにアルファプレックスを防御すると、コーナーに登ったアルファを追いかけていって雪崩式ナナラッカ!
 奈苗は今度こそ冷蔵庫爆弾を投下。カバーにいかずもう一度コーナーに登り2連発で投下したがカウントは2。ならばとワンセコンドを狙った奈苗だが、アルファはエルボーからショートレンジラリアットで回避。逆に勝負をかけてロープに飛んだアルファだが、奈苗はズバリとカウンターのラリアットでアルファをなぎ倒し、そのままガッチリと抑え込んで3カウント!

 昨年、赤いベルトの王者としてGPに臨みながら、優勝決定戦のリングにも立てず悔しい思いをした奈苗が待望のGP制覇! 王冠を頭に乗せ、ウィナーズガウンを羽織り、まさしく"五つ星の女王"となった奈苗は「スターダムのみんな、このリーグ戦にかけて毎試合熱い試合が続きました。その中で一番を獲れて嬉しいです!」と涙ながらに語ると、昨年の奈苗と同じように悔しい思いで決勝のリングを見つめていた現赤いベルト王者にイオに向かって「優勝したんで......イオ! 赤いベルト、挑戦表明します!」と宣言。
 それを聞いたイオが「私は全勝優勝を目標にしてやってくたんですけど、見ての通り決勝にも出られなかった。......本当に悔しくて、この鬱憤は高橋奈苗とのタイトルマッチで晴らすしかないと思います! 11月4日、スターダム100回記念大会! 奈苗さん、そこでどちらがスターダムの顔か決めましょう!」と言って握手。
130923_Stardom-4.jpg すると、そこに木村が入ってきて「お前らよ、みんな分かっているよな? 誰がこの5★STRA GPを盛り上げて、引っかき回したと思ってんだよ。木村響子と安川惡斗、この2人だろ? 惡斗、お前面白いよ。お前、面白いからモンスター軍入れよ」と、改めて惡斗をモンスター軍に勧誘。それを聞いた惡斗は「今回1勝4敗、分かっているよ。けどなモンスター軍......入らない! アタシはね、どっかの地名とか名前が入っている軍団とか性に合わないんだよ。でもアタシもバカじゃない。木村響子、お前と対等な立場で組んでやってもいいぞ。以上!」と言い放つと、木村と肩を組んで退場。モンスター軍入りではなく、モンスター軍を率いる木村と、一匹狼の惡斗が"対等な立場"で合体することが決定し、今年の5★STRA GPは幕を閉じた。

※完全詳細はバトル・ニュース携帯サイトをご覧ください。

▼第1試合『世界でいちばん強くなりたい!』プレゼンツ スターダム3WAYバトル 15分1本勝負
○岩谷麻優
6分10秒 ウラカン・ラナ
●脇澤美穂
※もう一人は松本浩代(エスオベーション)

▼第2試合 5★STAR GP2013 レッドスターズ公式リーグ戦 15分1本勝負
●米山香織(フリー)[2勝3敗=4点]
5分52秒 4173
○宝城カイリ[2勝3敗=4点]

▼第3試合 5★STAR GP2013 レッドスターズ公式リーグ戦 15分1本勝負
●ダーク・エンジェル[2勝3敗=4点]
6分53秒 オメガスラム→片エビ固め
○アルファ・フィーメル[3勝1敗1分=7点]

▼第4試合 5★STAR GP2013 レッドスターズ公式リーグ戦 15分1本勝負
△紫雷イオ[3勝1敗1分=7点]
15分0秒 時間切れ引き分け
△彩羽匠[1勝2敗2分=4点]

▼第5試合 5★STAR GP2013 ブルースターズ公式リーグ戦 15分1本勝負
○世IV虎[2勝2敗1分=5点]
9分2秒 ダイビング・セントーン→片エビ固め
●安川惡斗[1勝4敗=2点]

▼第6試合 5★STAR GP2013 ブルースターズ公式リーグ戦 15分1本勝負
△夕陽(ZERO1野良犬道場)[2勝2敗1分=5点]
15分0秒 時間切れ引き分け
△木村響子(フリー)[2勝1敗2分=6点]

▼第7試合 5★STAR GP2013 ブルースターズ公式リーグ戦 15分1本勝負
○高橋奈苗[3勝1敗1分=7点]
14分15秒 チャナラッカ☆百→片エビ固め
●夏樹☆たいよう[2勝2敗1分=5点]

▼第8試合 5★STAR GP2013 優勝決定戦 30分1本勝負
【レッドスターズ得点1位】●アルファ・フィーメル
13分8秒 ラリアット→片エビ固め
【ブルースターズ得点1位】○高橋奈苗
※高橋奈苗が5★STAR GP2013優勝

このページの先頭へ
速報予定
大会詳細をケータイサイトで!
コラム女子プロレス団体『FEATURES』
スターダム世IV虎の番長日記

最新記事
12/29 年末の風物詩、新宿駅前で『猪木祭り』が公開会見!石井が遅刻した藤田に対し「そういうバカタレはシバキ回したい」
12/29 JWP中島との二冠戦に引き分けたイオに新ハイスピード王者の夏樹が挑戦表明!たわしーずが涙の6人タッグ王座奪取!
12/28 DDT1.3後楽園で高木vsマイケルのウェポンランブル、1.12&13大阪2連戦で全タイトルの次期挑戦者決定戦を開催!
12/27 「ことり」との一騎打ちでメインを務めた里歩が新曲を熱唱!帯広のパッションを受け止めた奈苗が貫禄勝ち
12/27 曙に邪道サンタから「三冠のベルトを持って電流爆破のリングに上がってきてくれ」というクリスマスプレゼント!
12/26 大家が宿敵・浪口を撃破!一歩前進したガンプロは4月の第2章旗揚げ戦に向け、ユニオンとの全面対抗戦へ!
12/25 12.31『猪木祭り』の一部カード変更!カシンが中国人留学生のデビュー戦の相手に!アレクがサップとタッグ
12/24 イッテンヨンまで待ったなし!中邑&オカダvs棚橋&内藤のW前哨戦タッグマッチは壮絶30分ドロー!
12/23 HARASHIMAが坂口との激闘を制して再び三冠王に!アジャが三四郎にリップロックして6人タッグ王座奪取!
12/21 引退試合でもヘビー級トーナメント覇者ベホーベン相手に退くことなく前に出続けたアーツ!敗れたものの笑顔で引退
月別アーカイブ
団体
タグ