いまだ騒ぎが収まらない中、チャンピオン・カーニバル開幕!諏訪魔は潮崎とドロー、KENSOは黒星スタート!

130418_AJP-1.jpg全日本プロレス
2013 チャンピオン・カーニバル
日時:4月18日(木)開始:19:00
会場:後楽園ホール
観衆:1800人

 18日、後楽園ホールで行われた全日本プロレス『2013 チャンピオン・カーニバル』開幕戦。いまだ"白石オーナー騒動"が収まらない中、開幕したチャンピオン・カーニバル(以下CC)。メインでは三冠ヘビー級王者の諏訪魔vs.バーニングの潮崎豪の公式戦が行われた。

 シングル初対決の両者だが、共にパワーもテクニックも持つオールラウンドプレイヤー。それだけにお互いのテクニックを存分に活かしつつの真っ向勝負で時間がどんどん過ぎていき、20分を経過した辺りで諏訪魔は串刺しラリアットから投げ捨てジャーマン。さらにショートレンジラリアットで倒しフォールもカウントは2。
 バックの取り合いから諏訪魔がパワースラム、バックドロップと追い込んでからラストライドを狙うが、フランケンで返した潮崎がトラースキック2連発。ラリアットを狙った諏訪魔をよけた潮崎は逆に豪腕ラリアット。さらにもう一発豪腕ラリアットを叩きこむがカウントは2。
 ならばと潮崎はゴーフラッシャーを狙うも着地した諏訪魔。だが潮崎はローリングラリアットを叩きこみ諏訪魔がダウン。潮崎は強引に引き起こすと豪腕ラリアットを狙うが、諏訪魔はバックドロップで投げ捨て両者ダウン。
 立ち上がるとエルボー合戦から諏訪魔がダブルチョップ。チョップ合戦になり潮崎がグーパンチ。さらにビッグブーツを叩きこむが諏訪魔がこれをキャッチしエクスプロイダー。そこから諏訪魔はコーナーに上るが、追いかけていった潮崎は雪崩式ブレーンバスター。すぐさま諏訪魔は立ち上がりラリアットを放つが、これを避けた潮崎がジャーマン。だがすぐに立ち上がりジャーマンの応酬へ。
 潮崎が走りこむも諏訪魔はドロップキックで迎撃するとバックドロップ。そしてラリアットからのラストライドを狙うが、潮崎はラストライドを逃れると豪腕ラリアットを叩き込んで両者ダウン。もつれ合いながらお互いにカバーしようとするが、ここで時間切れとなりお互い1点スタートとなった。

130418_AJP-2.jpg 白石オーナーからリストラ候補として名前を挙げられたKENSOは、CCで優勝してZERO1の『火祭り』に乗り込むと宣言。開幕戦ではバーニングの秋山準と公式戦を行った。開始直後からエンジン全開のKENSOは、バックドロップとラリアットで秋山を場外に追いやるとプランチャを放っていくが、秋山は冷静にかわして自爆させる。
 場外乱闘になると、秋山はKENSOの右足を攻撃。しかしKENSOも張り手とビッグブーツで反撃するとスピアーを叩き込んでからコーナーへ。だが、追いかけていった秋山は雪崩式ブレーンバスター。そしてエクスプロイダーで投げていくが、すぐに立ち上がったKENSOはジャーマンをお返し。
 ダブルダウン状態から秋山がKENSOへランニングニー。さらにエクスプロイダーで投げていくがカウントは2。すると秋山はヒザ爆弾を連発するが、KENSOも張り手から葉隠れを発射。KENSOは秋山に走りこむが、ラリアットで迎撃してからランニングニーを叩き込んだ秋山はリストクラッチ式エクスプロイダーでトドメを刺し、KENSOは黒星スタートとなった。

130418_AJP-3.jpg 3・17両国大会でのヘビー級転向第一戦で、いきなり現GAORA TV王者の真田聖也を撃破し、新三冠王者となった諏訪魔に宣戦布告したKAIだが、観客の反応はイマイチ。新生KAIの真価が問われるのがこのCCだろう。
 開幕戦でいきなり前三冠ヘビー級王者の船木誠勝と激突したKAI。だが、今のKAIの実力をはかるには持って来いの相手ではある。奇襲攻撃を仕掛けていったKAIは制止するレフェリーを無視してストンピングの嵐。だが、船木はローキックで反撃すると、掌底と蹴りで倒してのアンクルホールドに捕らえる。
 ロープに逃れたKAIはパワースラムからの垂直落下式ブレーンバスター。さらにミドルキックを出していったKAIだが、船木はランニングローから再びアンクルホールドへ。これもロープに逃れたKAIは、ロープに飛び乗ってのジャンピングキックからLATで叩き付ける。さらに延髄斬りからパワーボムで叩き付けたKAIは、スプラッシュ・プランチャを投下。
 しかしこれをかわした船木は浴びせ蹴りからバックドロップで投げると顔面蹴り。カウント1で返す意地を見せたKAIだが、船木は掌底から再び顔面蹴りを叩き込むと、グロッキー状態のKAIを引き起こしてハイブリッド・ブラスターで叩き付けて3カウントを奪った。

※完全詳細はバトル・ニュース携帯サイトをご覧ください。

▼第1試合 シングルマッチ 20分1本勝負
○河野真幸
5分31秒 ジャイアント・ニードロップ→片エビ固め
●大和ヒロシ

▼第2試合 アジアタッグ&世界ジュニアW前哨戦 全日本プロレスvsバーニング 6人タッグマッチ 30分1本勝負
●田中稔/金本浩二(フリー)/SUSHI
11分2秒 エンドレスワルツ
金丸義信(バーニング)/○鈴木鼓太郎(バーニング)/青木篤志(バーニング)

▼第3試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負
曙(フリー)/浜亮太/●中之上靖文
7分23秒 レボリューションボム→エビ固め
○ジョー・ドーリング/カズ・ハヤシ/近藤修司

▼第4試合 2013 チャンピオン・カーニバル Bブロック公式戦 30分1本勝負
●KENSO【1敗=0点】
12分43秒 リストクラッチ式エクスプロイダー→片エビ固め
○秋山準(バーニング)【1勝=2点】

▼第5試合 2013 チャンピオン・カーニバル Aブロック公式戦 30分1本勝負
●大森隆男【1敗=0点】
13分22秒 THIS IS IT Version.2
○真田聖也【1勝=2点】

▼第6試合 2013 チャンピオン・カーニバル Bブロック公式戦 30分1本勝負
○船木誠勝【1勝=2点】
12分45秒 ハイブリッドブラスター→体固め
●KAI【1敗=0点】

▼第7試合 2013 チャンピオン・カーニバル Aブロック公式戦 30分1本勝負
△諏訪魔【1分=1点】
時間切れ引き分け
△潮﨑豪(バーニング)【1分=1点】

このページの先頭へ
速報予定
大会詳細をケータイサイトで!
コラム女子プロレス団体『FEATURES』
スターダム世IV虎の番長日記

最新記事
12/29 年末の風物詩、新宿駅前で『猪木祭り』が公開会見!石井が遅刻した藤田に対し「そういうバカタレはシバキ回したい」
12/29 JWP中島との二冠戦に引き分けたイオに新ハイスピード王者の夏樹が挑戦表明!たわしーずが涙の6人タッグ王座奪取!
12/28 DDT1.3後楽園で高木vsマイケルのウェポンランブル、1.12&13大阪2連戦で全タイトルの次期挑戦者決定戦を開催!
12/27 「ことり」との一騎打ちでメインを務めた里歩が新曲を熱唱!帯広のパッションを受け止めた奈苗が貫禄勝ち
12/27 曙に邪道サンタから「三冠のベルトを持って電流爆破のリングに上がってきてくれ」というクリスマスプレゼント!
12/26 大家が宿敵・浪口を撃破!一歩前進したガンプロは4月の第2章旗揚げ戦に向け、ユニオンとの全面対抗戦へ!
12/25 12.31『猪木祭り』の一部カード変更!カシンが中国人留学生のデビュー戦の相手に!アレクがサップとタッグ
12/24 イッテンヨンまで待ったなし!中邑&オカダvs棚橋&内藤のW前哨戦タッグマッチは壮絶30分ドロー!
12/23 HARASHIMAが坂口との激闘を制して再び三冠王に!アジャが三四郎にリップロックして6人タッグ王座奪取!
12/21 引退試合でもヘビー級トーナメント覇者ベホーベン相手に退くことなく前に出続けたアーツ!敗れたものの笑顔で引退
月別アーカイブ
団体
タグ