船木を下して三冠王座を奪取した諏訪魔が、世界タッグを奪取したバーニングに宣戦布告!話題のアノ人がリング上へ...

130317_AJPW-1.jpg全日本プロレス
2013 プロレスLOVE in 両国
〜BASIC & DYNAMIC〜
日時:3月17日(日)開始:16:00
会場:両国国技館
観衆:9000人(満員)

 17日、両国国技館で行われた全日本プロレス『2013 プロレスLOVE in 両国〜BASIC&DYNAMIC〜』。メインでは船木誠勝の持つ三冠ヘビー級王座に、LAST REVOLUTIONの諏訪魔が挑戦。

 試合前、認定書を読み上げる馳浩PWF会長が「認定書を読むのはこれが最後になります」と突然発言。そしてこの日来場していた小橋建太に、5月11日の引退試合が終わったあと、PWF会長を引き継いでもらうと発表。馳会長が「小橋、あとは頼んだよ」と言うと、小橋は立ち上がって一礼。選手権宣言を読み上げた馳会長は最後に「王道プロレスの神髄を見せてください」と付け加えた。
 試合は船木が諏訪魔が首を痛めていることもあって、徹底的にグラウンドに持ち込んで、隙あらば三角絞めや腕十字を狙うという展開が続く。諏訪魔も船木の左腕に狙いを定めて集中攻撃していくが、船木は掌底で反撃。だが、拳ではたき落とした諏訪魔はバックドロップ。串刺しジャンピングニーからダブルアーム・スープレックスで投げた諏訪魔は、船木の蹴り足をキャッチしてアンクルホールドへ。前転して切り返した船木はアンクルホールドを返すと、横からの三角絞めへ。
 さらに諏訪魔はスロイダーで場外まで投げ飛ばすとプランチャ。しかしラストライドをウラカンで切り返した船木はまたも三角絞め。そのまま持ち上げて、パワースラムで叩き付けた諏訪魔は串刺しドロップキック、投げ捨てジャーマン、ラリアットと畳みかける。だが、ラリアットをハイキックで迎撃した船木は曙を破った顔面蹴りからハイブリッド・ブラスターを狙ったが、ヘッドバットで脱出した諏訪魔。
 船木は左右の掌底を連打していくが、ショートレンジラリアットでなぎ倒した諏訪魔。それでも船木はスリーパーで絞め落とそうとしたが、そこをバックドロップで投げていった諏訪魔はラストライドとラリアットで追い込んでおいて、最後は船木の掌底をかわしてのバックドロップ・ホールドで3カウント!

 諏訪魔が三冠のベルトを久し振りに腰に巻くと、早速この日ヘビー級転向第1戦で真田聖也に勝利したKAIが現れ、「諏訪魔! 俺はお前を倒すことだけを考えてやってきたんだ。誰が何と言おうと俺がお前を倒す!」と宣戦布告。だが、諏訪魔は「結果出してからもう一度来い! 俺はやりたい奴がいるんだよ。バーニング出てこい!」とKAIを一蹴してバーニングを呼び出す。
130317_AJPW-2.jpg この日、GET WILDの持つ世界タッグ王座に挑戦したバーニングの秋山準と潮崎豪。秋山の多彩なヒザ攻撃と潮崎のチョップでGET WILDのワイルド攻撃に対抗。さらに征矢に潮崎の袈裟斬りチョップと秋山のランニングニーをサンドイッチで決めるがカウントは2。ならばと潮崎はムーンサルトプレスを投下するが、カットに入った大森はダブルラリアットでバーニングを吹っ飛ばす。
 今度はGET WILDの合体攻撃。征矢がカナディアンバックブリーカーで担ぎ上げたところに、大森がダイビングギロチンドロップで合体。さらに征矢が潮崎に垂直落下式デスバレーボム、大森が秋山にアックス・ギロチン・ドライバーを同時に決めるが、これもカウントは2! 征矢はワイルドボンバーを狙うが、潮崎は2度もトラースキックで迎撃。しかし倒れない征矢はショートレンジでラリアットを叩き込む。
 辛くもカウント2で返した潮崎に狙い澄ましたワイルドボンバーを狙った征矢だが、潮崎は豪腕ラリアットで迎撃! ここで秋山が入ってきてニーリフトでカチ上げると、潮崎が豪腕ラリアット。しかしカウント1で返す意地を見せた征矢は潮崎の逆水平チョップにナックルパートで応戦。
 さらにヘッドバットを連打した征矢。だが、潮崎もアッパーカットで迎撃すると、袈裟斬りチョップの連打から豪腕ラリアット。これもカウント2で返した征矢だが、潮崎は完璧な形でゴーフラッシャーを決めて3カウントを奪い世界タッグ王座を奪取。
 その秋山&潮崎がリングに上がると、諏訪魔が「オイ、潮崎。お前全日本に俺とやるために入ってきたんだろ? スカした顔して調子コイてんじゃねぇよ」と挑発。これで乱闘になると、諏訪魔は「オイ、チャンピオン・カーニバルでしっかりとケリつけてやる! 今日は帰れ!」と、「来い」と言っておきながら「帰れ」というジャイアンぶりを発揮した。

130317_AJPW-3.jpg そして事件は大会が終了し、照明も落ち、観客が帰りはじめた頃に起こった。
 突如リング上に謎の人物が上がる。素早くその人物が何者か気付いた観客のブーイングで場内が包まれる中、その人物はマイクを持つと、自分がいま話題の白石伸生オーナーであることを明かした。
 白石オーナーはポケットに手を入れたまま「オイ、内田!」と内田代表を呼び出し、「この客席見ろよ。これで超満員なんて発表するなよ! 純粋な数で(実数発表の)新日本と勝負しろ」と命令口調で指示。
 さらに一部で"クビ宣告"をしたKENSOを呼び出して、「お前、ガチンコ出来るのかよ?」と詰め寄る。KENSOはあくまでもKENSOらしく「いつも第2試合でガチンコプロレスやってますよー! KENSOのガチンコプロレス見たいですかー!」と観客に尋ねる。観客はKENSOを支持し、相変わらず白石オーナーにブーイングを飛ばすが、白石オーナーはKENSOと睨み合うと、何とKENSOに張り手をお見舞い。
 KENSOはレスラーである以上、素人相手に手を出せないため、グッと堪える。そこで白石オーナーがリングから降りようとするが、ずっとリングサイドから白石オーナーに向かって抗議していた佐藤光留が、ついにブチ切れてリングに上がり白石オーナーに掴みかかる非常事態に。
 慌てて全日本の所属選手が光留を止めると、白石オーナーは逃げるように会場を飛び出し、駐車場に一直線。追いかけてきたマスコミに向かって「僕はプロレスラーじゃないんで、こういうような取材は受けられません。僕にも感情があるんで、後日」と言い残し、車に乗り込んで会場を後にした。

※完全詳細はバトル・ニュース携帯サイトをご覧ください。

▼第1試合 タッグマッチ 30分1本勝負
●大和ヒロシ/佐藤光留(パンクラスMISSION)
9分2秒 フィッシャーマンバスター→片エビ固め
○SUSHI/アンディ・ウー

▼第2試合 タッグマッチ 30分1本勝負
○渕正信/西村修(フリー)
7分35秒 首固め
KENSO/●リード・フレアー

▼第3試合 アジアタッグ選手権試合 60分1本勝負
[王者組]○田中稔/金本浩二(フリー)
17分50秒 ミノルスペシャル
[挑戦者組]●鈴木鼓太郎(バーニング)/青木篤志(バーニング)
※第91代王者組ジュニスタが初防衛に成功

▼第4試合 世界ジュニア・ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
[王 者]○金丸義信(バーニング)
14分10秒 タッチアウト→片エビ固め
[挑戦者]●カズ・ハヤシ
※第35代王者・金丸が初防衛に成功

▼第5試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負
曙(フリー)/浜亮太/●中之上靖文
7分11秒 レボリューションボム→エビ固め
蝶野正洋(アリストトリスト)/○ジョー・ドーリング/近藤修司

▼第6試合 スペシャルタッグマッチ 60分1本勝負
○武藤敬司/ドン・フライ
9分57秒 フランケンシュタイナー
高山善廣(高山堂)/●河野真幸

▼第7試合 スペシャルシングルマッチ 60分1本勝負
●真田聖也
11分33秒 ジャンピング・サンダーファイアーパワーボム→エビ固め
○KAI

▼第8試合 世界タッグ選手権試合 60分1本勝負
[王者組]大森隆男/●征矢学
24分53秒 ゴーフラッシャー→片エビ固め
[挑戦者組]秋山準(バーニング)/○潮﨑豪(バーニング)
※第64代王者組GET WILDが3度目の防衛に失敗。秋山&潮崎が第65代王者となる

▼第9試合 三冠ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
[王 者]●船木誠勝
30分15秒 岩石落とし固め
[挑戦者]○諏訪魔
※第45代王者・船木が5度目の防衛に失敗。諏訪魔が第46代王者となる

このページの先頭へ
速報予定
大会詳細をケータイサイトで!
コラム女子プロレス団体『FEATURES』
スターダム世IV虎の番長日記

最新記事
12/29 年末の風物詩、新宿駅前で『猪木祭り』が公開会見!石井が遅刻した藤田に対し「そういうバカタレはシバキ回したい」
12/29 JWP中島との二冠戦に引き分けたイオに新ハイスピード王者の夏樹が挑戦表明!たわしーずが涙の6人タッグ王座奪取!
12/28 DDT1.3後楽園で高木vsマイケルのウェポンランブル、1.12&13大阪2連戦で全タイトルの次期挑戦者決定戦を開催!
12/27 「ことり」との一騎打ちでメインを務めた里歩が新曲を熱唱!帯広のパッションを受け止めた奈苗が貫禄勝ち
12/27 曙に邪道サンタから「三冠のベルトを持って電流爆破のリングに上がってきてくれ」というクリスマスプレゼント!
12/26 大家が宿敵・浪口を撃破!一歩前進したガンプロは4月の第2章旗揚げ戦に向け、ユニオンとの全面対抗戦へ!
12/25 12.31『猪木祭り』の一部カード変更!カシンが中国人留学生のデビュー戦の相手に!アレクがサップとタッグ
12/24 イッテンヨンまで待ったなし!中邑&オカダvs棚橋&内藤のW前哨戦タッグマッチは壮絶30分ドロー!
12/23 HARASHIMAが坂口との激闘を制して再び三冠王に!アジャが三四郎にリップロックして6人タッグ王座奪取!
12/21 引退試合でもヘビー級トーナメント覇者ベホーベン相手に退くことなく前に出続けたアーツ!敗れたものの笑顔で引退
月別アーカイブ
団体
タグ