三期生を倒してスターダム新人王となった夕陽がタッグ王座挑戦へ!イオと木村はシングル王座への挑戦を表明!

121209_Stardom-1_edited.jpgスターダム
Goddesses in Stars2012
ROOKIE OF STARDOM2012
〜スターダム新人王決定トーナメント〜
日時:12月9日(日)開始:12:00
会場:新木場1stRING
観衆:315人(満員)

 9日、新木場1stRINGで行われたスターダムSeason9『Goddesses in Stars2012』。今大会では今年デビューした三期生、宝城カイリ、翔月なつみ、安川惡斗にZERO1野良犬道場所属ながらスターダムにレギュラー参戦している夕陽を加えた4人で、ROOKIE OF STARDOM2012〜スターダム新人王決定トーナメント〜を行った。

 先シリーズのタッグリーグ戦で右手の指を骨折した宝城カイリだが、1回戦の相手に同じ全力女子の夕陽を指名。宝城としては夕陽を対し、決勝戦で翔月なつみと宝翔天女(仮)対決といきたいところだったが、翔月は1回戦で安川惡斗に敗退。
 コンディション的にもモチベーション的にもあまりよくない宝城だが、試合開始と同時にケガをしていない左腕でエルボーを連打。夕陽が張り手を返していくと、ニヤリと笑った宝城はさらにエルボーから左腕でのチョップを連打。
 ついに右手も加えてダブルチョップを叩き込んだが、右指の痛みで顔を歪ませる。それでもエクスプロイダーからイカリに捕らえた宝城は背中を大きく反らして夕陽を追い込む。夕陽もジャーマンからハニーフラッシュを狙うが、宝城はスクールボーイで切り返すと、スライディングD。
 だが、日高郁人からスライディングD対策を伝授されていたという夕陽は、横十字で切り返す。辛くもカウント2で返した宝城だが、痛む右腕でのスライディングDは無理。仕方なく全身を浴びせていった宝城だが、夕陽はこの新人王のために用意していた秘技、キックを囮にして蹴り足を相手がキャッチしたところを飛び付き式首固めで丸め込むハニートラップを決めて3カウントを奪った。

121209_Stardom-2_edited.jpg 決勝は大本命の安川惡斗vs.ZERO1野良犬道場の逸材・夕陽。序盤は惡斗が関節技を駆使して夕陽の右ヒザを攻撃していったが、夕陽も腰に爆弾を抱える惡斗に対し逆エビ固め。さらにそのまま横回転して下になった夕陽はシーサーホイップで投げてロープに叩き付けると619。
 場外に出たあくとに夕陽がケブラーダを発射すれば、惡斗もエプロンからトペコン。惡斗がフロントネックロックから振り回せば、その勢いで夕陽がバックを取るといった感じで両者譲らない。だが、体格で勝る惡斗がACTスペシャル、胴絞めフロントネックロックで夕陽を追い込むと、トップコーナーからの惡斗トーンで勝負に出る。
 これを剣山で迎撃した夕陽のヒザが惡斗の腰にクリーンヒット! 立ち上がれず四つん這い状態の惡斗に低空のハニーフラッシュを叩き込んだ夕陽は、野良犬ハイキックで勝負に出るが、今度は惡斗がキャッチしてアクトロックで丸め込む。カウント2で返した夕陽はジャーマンで投げると、コーナー最上段で天を仰いでから両手を広げ、450°スプラッシュを投下して3カウント!
 デビューから約7カ月半ながら、スターダムの新人王トーナメントで優勝してみせた夕陽は、「この間のタッグリーグで私はベルトを獲れませんでした。だけど次、12月24日後楽園ホール大会で、タッグのベルトに挑戦したいです」と表明。しかもYダッシュの愛川は赤いベルト挑戦が決まっているため、共にZERO1道場で練習している姉貴分の松本浩代をパートナーに指名。
 それを聞いたタッグ王者の川葛だが、まず世IV虎が「新人王になった奴はスターダムで出世するっていうジンクス知ってるか? まぁうちは試しにやってみてもいいけど」と、自身が昨年の新人王だったこともあり、今年の新人王となった夕陽を"査定"する意味でも挑戦を受ける構えを見せると、夏樹も「そのジンクス、知ってる! 知ってる! まぁいいんじゃないの」と承諾した。

121209_Stardom-3_edited.jpg その川葛の2人はこの日、高橋奈苗、愛川ゆず季、脇澤美穂、紫雷イオを加えた6選手で抽選によってチームを決める"スターダム・インクレイブル6人タッグ"に出場。
 抽選の結果、奈苗&夏樹&脇澤が赤コーナーチームで、愛川&イオ&世IV虎が青コーナーチームに決定。早くも赤コーナー側は夏樹と脇澤が口論をはじめるが、奈苗が何とかなだめる。だが、奈苗がイオのブレーンバスターを逆に投げたところに夏樹が入ってきて、奈苗とダブルのカウンターエルボーから合体式フェースクラッシャー。奈苗と夏樹の息の合ったところを見て、脇澤と世IV虎は複雑な表情。
 さらに脇澤を入れて3人でパッショントレインから決めポーズまで決めると、さすがの世IV虎も「ちょっと......」と夏樹に抗議。 その世IV虎がリングインすると、脇澤が入ってくるが、世IV虎は鬱憤を晴らすようにチョーク攻撃から串刺しラリアット。さらにロープに脇澤を張り付けると、そこに夏樹が入ってきて世IV虎と両側から踏みつける。世IV虎が顔面ウォッシュを見舞っていくと、勝手にタッチした愛川が入ってきて脇澤を蹴っていく。
 愛川、イオとつないで世IV虎にタッチすると、目の前には夏樹。戸惑いの表情を浮かべながら突進した世IV虎に対し、夏樹はカニ挟みからドロップキック。すると世IV虎も「ごめん!」と叫びながらショルダータックルでなぎ倒し、ジャイアントスイングでブン回してからセントーンを投下。川葛対決が実現したが、愛川が夏樹を羽交い締めにしたところへ世IV虎が放ったラリアットは夏樹がかわしたため誤爆!
 すると夏樹が世IV虎の背後から抱きつき、そのまま世IV虎が愛川の上にプレス。愛川を捕まえた奈苗組は夏樹と脇澤が連続でダイビング・ボディプレスを投下すると、最後に奈苗が冷蔵高爆弾。だが、愛川も赤いベルト挑戦前に負けるわけにいかず踏ん張る。タッチを受けたイオが反撃に出るが、脇澤がイオの足にしがみつくと、奈苗の延髄斬りと夏樹のソバットのサンドイッチ攻撃。
 さらに脇澤がバックスライド・フロム・ベノム(堀口元気公認)で抑え込むがカウント2。ならばと3人一斉にコーナーに登ってダイビング・ボディプレスを投下するが、かわしたイオはムーンサルトプレスから、愛川、世IV虎と3人同時でシャイニング・ウィザード。最後はバズソーキックからのマヒカ・デ・イオで脇澤から3カウントを奪った。
 するとイオは「こんなタイトル持っているチャンピオンばかりが集まっている6人タッグの中での価値ある勝利ということで、この私がタイトルの次期挑戦者として名乗りをあげたいと思います!」と言うが、そこに木村響子が入ってきて「スターダムを代表する6人? GPに準優勝したのを忘れてるんじゃねぇか? こっちは準優勝してんだよ」と5★STAR GP準優勝という実績をアピール。
 2人に向かってワールド・オブ・スターダム王者の奈苗が「だったら2人で次の挑戦者を決めればいいじゃないか!」と提案すると、現ワンダー・オブ・スターダム王者の愛川が「12月24日に私が(赤い)ベルトを獲るので、次の相手は私になると思います」と割って入る。さらにハイスピード王者の夏樹まで「残念ながら木村には挑戦の資格はないから。イオ、勝って挑戦してこいよ」と言い出し、結局イオと木村がどの王座に挑戦したのかが分からないまま話が進んでしまったため、イオは「最終的な結果は会社に任せます」と団体側に一任した。

121209_Stardom-4_edited.jpg また、ヘイリー・ヘイトレッドと組んで岩谷麻優&須佐えり&鹿島沙希の1・2期生混合チームと対戦したが、圧倒的な強さで食い下がる須佐を下した木村は、試合後も須佐と岩谷を制裁。必死でセコンドの横尾由衣が止めに入るが、ヘイリーが投げ飛ばす。すると横尾は何とヘイリーにエルボーで向かっていき、さらには「キムラモンスター軍のやり方があまりにも卑怯だったので、つい入ってしまいました。だからと言うわけじゃないですけど、私のデビュー戦の相手、キムラモンスター軍を逆指名します! リングでやられたことはリング上できっちりやり返します!」とマイクアピール。
 それを聞いた木村は「オメー誰だよ! オイ、風香! おめーの躾どうなってんだよ。リングの上はプロデビューしてもいない奴が上がっていい場所じゃないんだよ。おめーみたいな奴勘違いした奴が増えて、こっちは忙しいんだよ。おめーの立場を見極めろ。おめーみたいな奴と後楽園でやりたくねぇよ。だけど、行儀の悪いことしたんだから、うちのヘイリーがキッチリ落とし前つける」と横尾のデビュー戦の相手にヘイリーを指名した。

※完全詳細はバトル・ニュース携帯サイトをご覧ください。

▼第1試合 ROOKIE OF STARDOM2012~スターダム新人王決定トーナメント~1回戦 15分1本勝負
●翔月なつみ
7分48秒 ACTスペシャル→体固め
○安川惡斗

▼第2試合 ROOKIE OF STARDOM2012~スターダム新人王決定トーナメント~1回戦 15分1本勝負
○夕陽(ZERO1野良犬道場)
7分7秒 ハニートラップ
●宝城カイリ

▼第3試合 変則タッグマッチ 20分1本勝負
岩谷麻優/●須佐えり/鹿島沙希
13分26秒 モンスタークラッシュ→体固め
○木村響子(フリー)/ヘイリー・ヘイトレッド(フリー)

▼第4試合 スターダム・インクレイブル6人タッグ 30分1本勝負
高橋奈苗/夏樹☆たいよう/●脇澤美穂
18分45秒 マヒカ・デ・イオ
○紫雷イオ/愛川ゆず季/世Ⅳ虎

▼第5試合 ROOKIE OF STARDOM2012~スターダム新人王決定トーナメント~決勝戦 30分1本勝負
○夕陽(ZERO1野良犬道場)
11分12秒 450°スプラッシュ→片エビ固め
●安川惡斗
※夕陽がROOKIE OF STARDOM2012に優勝

このページの先頭へ
速報予定
大会詳細をケータイサイトで!
コラム女子プロレス団体『FEATURES』
スターダム世IV虎の番長日記

最新記事
12/29 年末の風物詩、新宿駅前で『猪木祭り』が公開会見!石井が遅刻した藤田に対し「そういうバカタレはシバキ回したい」
12/29 JWP中島との二冠戦に引き分けたイオに新ハイスピード王者の夏樹が挑戦表明!たわしーずが涙の6人タッグ王座奪取!
12/28 DDT1.3後楽園で高木vsマイケルのウェポンランブル、1.12&13大阪2連戦で全タイトルの次期挑戦者決定戦を開催!
12/27 「ことり」との一騎打ちでメインを務めた里歩が新曲を熱唱!帯広のパッションを受け止めた奈苗が貫禄勝ち
12/27 曙に邪道サンタから「三冠のベルトを持って電流爆破のリングに上がってきてくれ」というクリスマスプレゼント!
12/26 大家が宿敵・浪口を撃破!一歩前進したガンプロは4月の第2章旗揚げ戦に向け、ユニオンとの全面対抗戦へ!
12/25 12.31『猪木祭り』の一部カード変更!カシンが中国人留学生のデビュー戦の相手に!アレクがサップとタッグ
12/24 イッテンヨンまで待ったなし!中邑&オカダvs棚橋&内藤のW前哨戦タッグマッチは壮絶30分ドロー!
12/23 HARASHIMAが坂口との激闘を制して再び三冠王に!アジャが三四郎にリップロックして6人タッグ王座奪取!
12/21 引退試合でもヘビー級トーナメント覇者ベホーベン相手に退くことなく前に出続けたアーツ!敗れたものの笑顔で引退
月別アーカイブ
団体
タグ