夏樹&世IV虎のオリジナル川葛がタッグリーグを制覇して、第2代タッグ王者となる!世IV虎は待望の初ベルト!

121125_Stardom-1.jpgスターダム
Goddesses in Stars2012
~第2回GODDESSES OF STARDOMタッグリーグ戦〜 最終戦
日時:11月25日(日)開始:12:00
会場:新木場1stRING
観衆:403人(超満員札止め)

 25日、新木場1stRINGで行われたスターダムSeason9『Goddesses in Stars2012』第2回GODDESSES OF STARDOMタッグリーグ戦もいよいよ最終戦。
 レッドゴッデスはタッグ王座返り咲きを狙う愛川ゆず季が夕陽と結成した新タッグ"Yダッシュ"が2戦2勝の得点4で単独首位。最終戦の相手は唯一の2年連続出場チームにして大本命と言われている夏樹☆たいよう&世IV虎の"川崎葛飾最強伝説"。川葛は1勝1敗の得点2だが、第1試合でサンダーロック(紫雷イオ&岩谷麻優)が須佐えり&NOZOMIに敗れたため、勝ったほうが優勝決定戦進出となる。

 奇襲攻撃を仕掛けた川葛。愛川は蹴りで反撃しようとするが、世IV虎はすべて防御するとチョークでロープまで押し込んでからロープに飛ぶ。だが、愛川はカウンターのYKイエロー(ハイキック)。さらにYダッシュはダブルのミドルキックからサンドイッチ・ランニングロー。だが、川葛も連係攻撃で夕陽を追い込む。世IV虎のセントーンから夏樹をオンブした世IV虎がボディプレス。愛川が入ってきて今度はYダッシュが合体攻撃を狙うが、世IV虎はダブルラリアットで迎撃。
 愛川は世IV虎の髪の毛を掴んで張り手やヒザ蹴りを叩き込むと、喧嘩腰で顔面を蹴っていく。これに怒った世IV虎はヘッドバットを叩き込むと、馬乗りになってチョーク攻撃。さらに愛川の髪の毛を掴んで振り回すと、ロープに飛んだ愛川に追走してラリアット。さらにロープに押し付けてショートレンジラリアットを連打。
 止めに入るバーブ佐々木レフェリーを張り手で吹っ飛ばした世IV虎は、セントーンからホップトスを投下。タッチを受けた夏樹はフロッグスプラッシュからミサイルキック、串刺しドロップキックと怒濤の攻撃。夕陽も日高郁人門下生同士、夏樹とバチバチの打撃戦を展開。夕陽の野良犬ハイキックに対して夏樹もアッパー掌底を返す。夏樹のハイキックをかわした夕陽はジャンピングハイ。残り3分となり、ハニーフラッシュがクリーンヒットしたが、カウント2で世IV虎がカット。
 夕陽は450°スプラッシュを狙ってコーナーに登るが、夏樹は駆け上がっていくと雪崩式アームドラッグ。そこに世IV虎がコーナー二段目からのボディプレスを投下。さらに夏樹がダイビング・フットスタンプ。さらに川葛は合体式世IVドンを決めるがカウントは2。ならばと夏樹がたいようちゃん☆ボムをズバリと決めて夕陽から3カウント。得点4で並んだ両チームだが、直接対決で勝った川葛が優勝決定戦に進出となった。

121125_Stardom-2.jpg ブルーゴッデスは下馬評を覆し、宝城カイリ&翔月なつみの"宝翔天女(仮)"が開幕戦で高橋奈苗&脇澤美穂に勝利し、強敵・木村響子&クリスティーナ・フォン・エリーに引き分け、ここまで負けナシの1勝1分得点3でトップタイ。最終戦では安川惡斗&鹿島沙希の"青森島根レベルアップストーリー奮闘記伝説"と対戦したが、15分時間切れ引き分け。この時点で宝翔天女(仮)は1勝2分の4点。
 そして宝翔天女(仮)と並んでトップタイの木村響子&クリスティーナ・フォン・エリーの"キムラモンスター軍☆"は、1勝1敗得点2で逆転優勝決定戦進出を狙う高橋奈苗&脇澤美穂の"ナナミホ"と対戦。10・21大阪大会でモンスター軍潰しを宣言した奈苗としては、木村と待望の直接対決!
 奈苗と木村は開始早々お互いに髪の毛を掴み合って喧嘩腰。脇澤とクリスティーナも感化されるように激しくやり合う中、奈苗は木村に串刺しラリアット2連発からショートレンジラリアット。だが、腕を取った木村はアームロックに捕らえる。強引に肩口まで担ぎ上げた奈苗だが、木村はフロントネックロックに切り返す。10分が経過し、胴絞め式に移行した木村だが、奈苗は辛くもロープに脱出。木村はエルボーの連打からビッグブーツで借り倒すが、意地で立ち上がった奈苗はラリアット。
 木村も立ち上がってビッグブーツを叩き込むが、奈苗は再びラリアットを叩き込むとシャイニング膝アッパー。しかし立ち上がった木村はヘッドバットを返す。奈苗もロープに押し付けてからジャーマンで投げ捨てるとバックドロップ。木村も投げ捨てジャーマンを返す。その後、木村は場外で脇澤を羽交い締めにし、そこにクリスティーナがコーナー最上段からのプランチャを投下。
 これをかわして誤爆させた脇澤は、逆にコーナー最上段からプランチャ。残り1分となり、クリスティーナをリングに戻したナナミホは奈苗のバックドロップと脇澤のクローホールドSTOの合体技。カウント2で返したクリスティーナだが、奈苗はコーナー最上段から冷蔵庫爆弾を投下して3カウント。この結果、ナナミホは2勝1敗の4点となったが、同じ4点の宝翔天女(仮)が直接対決で勝っているため、宝翔天女(仮)の優勝決定戦進出が決定した。

121125_Stardom-3.jpg 優勝決定戦は大本命・オリジナル川葛vs.台風の目・宝翔天女(仮)という組み合わせに。試合は川葛が試合のペースを完全に掴む中、上からヨシコをかわしたところに翔月がコーナー二段目からダブルニーを投下してから宝城がダイビング・エルボードロップを投下したり、宝城が世IV虎を持ち上げようとしても持ち上がらないと、翔月が入ってきて卍固めに捕らえたりと、宝翔天女(仮)も何とか食らい付くという展開に。
 だが、宝城を捕まえた川葛が合体式世IVドンを決めると、最後は世IV虎はコーナー二段目からダイビング・セントーンを投下して3カウント! この日行われた宝翔天女(仮)vs.青森島根レベルアップストーリー奮闘記伝説の試合が15分、ナナミホvs.モンスター軍が14分32秒、川葛vs.Yダッシュが14分と熱戦が続いただけに、優勝決定戦はややアッサリした決着に感じたが、それだけ川葛と宝翔天女(仮)に実力差、さらにベルトへの思いの強さがあったということだろう。
 待望のベルト奪取ということで抱き合って喜んだ川葛。世IV虎が「このベルトは絶対うちらが持っていく。そのためにどこであれ挑戦を受け入れる。でもこのベルトを価値を高めたいから、弱い奴とはやらない」と言えば、夏樹も「このままの勢いで初防衛戦は、(12・24)後楽園ホールでどうでしょうね? それまでに強い奴、うちらに立ち向かってこられるような勇気のあるタッグチームがいるんなら、どんどん名乗りを挙げてほしいと思います。誰でも来いやー!」と叫ぶと、最後は初のベルト奪取を達成した世IV虎が大会を締めくくった。

※完全詳細はバトル・ニュース携帯サイトをご覧ください。

▼第1試合 レッドゴッデス公式リーグ戦 15分1本勝負
紫雷イオ/●岩谷麻優【1勝2敗=2点】
8分54秒 バックブロー→片エビ固め
○須佐えり/NOZOMI(東京女子プロレス)【1勝2敗=2点】

▼第2試合 ブルーゴッデス公式リーグ戦 15分1本勝負
宝城カイリ/△翔月なつみ【1勝2分=4点】
15分00秒 時間切れ引き分け
鹿島沙希/△安川惡斗【2敗1分=1点】

▼第3試合 ブルーゴッデス公式リーグ戦 15分1本勝負
○高橋奈苗/脇澤美穂【2勝1敗=4点】
14分32秒 冷蔵庫爆弾→片エビ固め
木村響子/●クリスティーナ・フォン・エリー【1勝1敗1分=3点】
※宝城&翔月と奈苗&脇澤が4点で並んだが、直接対決で勝っている宝城&翔月が優勝決定戦に進出決定

▼第4試合 レッドゴッデス公式リーグ戦 15分1本勝負
愛川ゆず季/●夕陽【2勝1敗=4点】
14分00秒 たいようちゃん☆ボム
○夏樹☆たいよう/世Ⅳ虎【2勝1敗=4点】
※夏樹&世IV虎と愛川&夕陽が4点で並んだが、直接対決で勝っている夏樹&世IV虎が優勝決定戦に進出決定

▼第5試合 第2回GODDESSES OF STARDOMタッグリーグ戦優勝決定戦 30分1本勝負
[レッドゴッデス得点1位チーム]夏樹☆たいよう/○世Ⅳ虎
9分50秒 ダイビング・セントーン→片エビ固め
[ブルーゴッデス得点1位チーム]●宝城カイリ/翔月なつみ
※夏樹&世IV虎が第2回GODDESSES OF STARDOMタッグリーグ戦優勝と共に、第2代GODDESSES OF STARDOM王者となる

このページの先頭へ
速報予定
大会詳細をケータイサイトで!
コラム女子プロレス団体『FEATURES』
スターダム世IV虎の番長日記

最新記事
12/29 年末の風物詩、新宿駅前で『猪木祭り』が公開会見!石井が遅刻した藤田に対し「そういうバカタレはシバキ回したい」
12/29 JWP中島との二冠戦に引き分けたイオに新ハイスピード王者の夏樹が挑戦表明!たわしーずが涙の6人タッグ王座奪取!
12/28 DDT1.3後楽園で高木vsマイケルのウェポンランブル、1.12&13大阪2連戦で全タイトルの次期挑戦者決定戦を開催!
12/27 「ことり」との一騎打ちでメインを務めた里歩が新曲を熱唱!帯広のパッションを受け止めた奈苗が貫禄勝ち
12/27 曙に邪道サンタから「三冠のベルトを持って電流爆破のリングに上がってきてくれ」というクリスマスプレゼント!
12/26 大家が宿敵・浪口を撃破!一歩前進したガンプロは4月の第2章旗揚げ戦に向け、ユニオンとの全面対抗戦へ!
12/25 12.31『猪木祭り』の一部カード変更!カシンが中国人留学生のデビュー戦の相手に!アレクがサップとタッグ
12/24 イッテンヨンまで待ったなし!中邑&オカダvs棚橋&内藤のW前哨戦タッグマッチは壮絶30分ドロー!
12/23 HARASHIMAが坂口との激闘を制して再び三冠王に!アジャが三四郎にリップロックして6人タッグ王座奪取!
12/21 引退試合でもヘビー級トーナメント覇者ベホーベン相手に退くことなく前に出続けたアーツ!敗れたものの笑顔で引退
月別アーカイブ
団体
タグ