有刺鉄線ボードデスマッチ3連戦、まずは反体制が本隊に勝利!野崎は真琴に圧勝!大原は2人の師匠に暴挙!

120830_WNC-1.jpgWrestling New Classic
Wrestling New Classic後楽園ホール大会
日時:8月30日(木)開始:18:30
会場:後楽園ホール
観衆:1600人

 30日、後楽園ホールで行われたWrestling New Classic。東名阪ツアー開幕戦となる今大会だが、このツアーでTAJIRI&華名&マイキー・ウィップリックvs.AKIRA&朱里&スターバックの有刺鉄線ボードデスマッチと、野崎渚vs.真琴は同一カード3連戦。

 左手首を負傷して2カ月欠場していた真琴がWNC復帰。相手は「好き勝手しにプロレス戻って来ました!」と大原と結託してプロレス界に帰ってきた野崎"ノザビッチ"渚。野崎は竹刀を手に入場。野崎には「ビッチっと!」とどこかで聞いたようなコールが飛ぶ。笑いながら真琴の手首を降り顔面に膝を叩きこむ野崎。さらにストンピング連打からヘアーホイップで投げた野崎はチョークから顔面蹴りと好き放題。
 場外でも竹刀で殴ったり、客席を引きずり回していった野崎は真琴をリングに投げ込むと、マウントポジションからチョーク。反則カウントで野崎が離すとバックを取った真琴だったが、怪我していた手首へ攻撃される。それでも張り手を叩き込んだ真琴は、何とか反撃しようとするが、スピアーをカウンターのニーリフトで迎撃した野崎は嘲笑しながら真琴を挑発。
 さらにスリーパーで絞め落としてみせると、「真琴、超よえー! こんなによえーとかありえねーよ! 追い、お前さ、何のためにプロレスなんかやってんの? てか、なんのために生きてるの? こんなダメ人間なのになんで生きてるの?」と真琴を罵倒。真琴は「うるせー! なんでお前こそプロレスラーに戻ってきたんだよ!」と怒鳴るも、野崎は「だから前から何度も言ってんじゃん! 私は好き勝手しに戻ってきただけなんだよ! お前みてーなダメ人間はな、くたばれ、オラ!」と顔面を蹴りつけていった。

120830_WNC-2.jpg メーンイベントはTAJIRIら本隊側と、AKIRAら反体制側の有刺鉄線ボードデスマッチ3連戦第1R。有刺鉄線ボードの餌食にはギリギリでならないまま、試合を優勢に進めていた本隊側だったが、華名にスリーパーを極められたAKIRAはそのまま立ち上がると、後ろに下がり華名を有刺鉄線ボードに叩きつける。耳の下付近から出血し、のたうち回る華名を尻目に、TAJIRIは朱里を担ぎあげるともう一つの有刺鉄線ボードに投げ捨てる。
 そのTAJIRIへスターバックはトラースキックを叩きこむとパイルドライバーの体勢へ。だが踏ん張るTAJIRIへAKIRAがトラースキックを叩き込み、スターバックのパイルドライバーが炸裂。ついで出てきたマイキーへAKIRAが延髄斬りを叩き込み同じくスターバックのパイルドライバーが炸裂。
 倒れたマイキーにAKIRAがムササビプレス。フォールするも、カットに来たTAJIRI。スターバックは有刺鉄線ボードをTAJIRIへ叩きつける。さらにスターバックはボードをマイキーの上に乗せると、そこへAKIRAがムササビプレス投下。そのままAKIRAがフォールし3カウントを奪った。

120830_WNC-3.jpg 勝ったAKIRAが「生きてんだか死んでんだか分からねぇこの世の中、俺達は革命した! この神経を研ぎ澄まし、新しいニュークラシックを築きあげる! 俺達三人で新しいクラシックを、さらなる高いステージを、俺達で築きあげる!」と絶叫すると、スターバックが「ソウデスネー!」と叫び、反体制側はリングを後にした。
 すると、そこにセミで師匠のウルティモ・ドラゴンと一騎打ちを行ったものの、マスクを剥ぎ反則負けとなった大原はじめと真琴に圧勝した野崎、さらに「僕も大原さんの下で変わりたいんです!」と大原に弟子入り志願した黒潮二郎の3人が乱入し、まだ試合のダメージで横たわっていたTAJIRIらを蹴撃!
 ウルティモに続き、もう1人の師であるTAJIRIの顔面を踏みつけるという暴挙に出た大原は「俺らが好き勝手やるっていうのはこういう事だよ。好き勝手やらしてもらうよ。分かったか? 俺は気に入らねぇ奴を毎月潰していくからよ。まずは先月借りがあるノアの丸藤(正道)。来月待ってるからよ、絶対来いよ」とアピール。東名阪ツアーの開幕戦はバッドエンドに終わった。

※完全詳細はバトル・ニュース携帯サイトをご覧ください。

▼第1試合 シングルマッチ 20分1本勝負
○篠瀬三十七
7分7秒 逆エビ固め
●黒潮二郎

▼第2試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負
エル・イホ・デル・パンテーラ/○バックパッカー・ジョー/リン・バイロン
9分30秒 スワントーンボム→片エビ固め
木藤拓也(クズプロ)/児玉ユースケ/●ジョシュ・オブライエン

▼第3試合 シングルマッチ 30分1本勝負
●土肥孝司
7分36秒 アンクルホールド
○橋本和樹(大日本プロレス)

▼第4試合 シングルマッチ 30分1本勝負
●高橋星人
8分3秒 ダイビングセントーン→片エビ固め
○VENENO

▼第5試合 シングルマッチ 30分1本勝負
●真琴
5分28秒 スリーパーホールド
○野崎渚

▼第6試合 シングルマッチ 45分1本勝負
○ウルティモ・ドラゴン(闘龍門MEXICO)
8分17秒 マスク剥ぎ→反則
●大原はじめ

▼第7試合 有刺鉄線ボードデスマッチ 60分1本勝負
TAJIRI/華名/●マイキー・ウィップリック
21分17秒 ムササビプレス→体固め
○AKIRA/朱里/スターバック

このページの先頭へ
速報予定
大会詳細をケータイサイトで!
コラム女子プロレス団体『FEATURES』
スターダム世IV虎の番長日記

最新記事
12/29 年末の風物詩、新宿駅前で『猪木祭り』が公開会見!石井が遅刻した藤田に対し「そういうバカタレはシバキ回したい」
12/29 JWP中島との二冠戦に引き分けたイオに新ハイスピード王者の夏樹が挑戦表明!たわしーずが涙の6人タッグ王座奪取!
12/28 DDT1.3後楽園で高木vsマイケルのウェポンランブル、1.12&13大阪2連戦で全タイトルの次期挑戦者決定戦を開催!
12/27 「ことり」との一騎打ちでメインを務めた里歩が新曲を熱唱!帯広のパッションを受け止めた奈苗が貫禄勝ち
12/27 曙に邪道サンタから「三冠のベルトを持って電流爆破のリングに上がってきてくれ」というクリスマスプレゼント!
12/26 大家が宿敵・浪口を撃破!一歩前進したガンプロは4月の第2章旗揚げ戦に向け、ユニオンとの全面対抗戦へ!
12/25 12.31『猪木祭り』の一部カード変更!カシンが中国人留学生のデビュー戦の相手に!アレクがサップとタッグ
12/24 イッテンヨンまで待ったなし!中邑&オカダvs棚橋&内藤のW前哨戦タッグマッチは壮絶30分ドロー!
12/23 HARASHIMAが坂口との激闘を制して再び三冠王に!アジャが三四郎にリップロックして6人タッグ王座奪取!
12/21 引退試合でもヘビー級トーナメント覇者ベホーベン相手に退くことなく前に出続けたアーツ!敗れたものの笑顔で引退
月別アーカイブ
団体
タグ