りほが"いつでも誰とでも対戦権"を行使してデビュー戦の相手である奈苗と対戦!突如休業宣言したドラミにつくしがその場での対戦を直訴!

120616_Teens6-1.jpg10代レスラー主催興行
Teens6
日時:6月16日(土)開始:14:00
会場:アイスリボン道場
観衆:80人

 16日、埼玉県蕨のアイスリボン道場で行われた、みなみ飛香を代表に10代レスラーによる大会『Teens6』。4・15『Teens5』で"いつでも誰とでも対戦権"を獲得したりほが、この権利を行使して対戦相手にスターダムの高橋奈苗を指名。自身のデビュー戦の相手でもあり、スターダム旗揚げ前にはアイスリボンで共に闘っていた奈苗を相手に、りほが成長を見せることができるか注目された。

 りほはドロップキックで先制攻撃を仕掛けていくが、久しぶりの蕨での試合となった奈苗はパワーですぐさま形勢逆転。それでもりほはドロップキックを連発し、奈苗をコーナーまで追い詰めると、フットスタンプを投下してから中央に連れて来て「上げるぞー!」と叫んでからブレーンバスターの体勢へ。だが奈苗は「上げてみろー!」と叫び、踏ん張ってりほに投げさせない。
 逆に「クソチビがー!」と叫びながらボディスラムで叩き付けていった奈苗は、りほの腕をロープに絡ませ動けないようにしてから顔面を踏みつける。さらに串刺しラリアット、ワキ固め、アルバトロスと厳しい攻撃でりほを追い込んだ奈苗は、ニーリフトをガンガン叩き込んでいったが、膝をキャッチしたりほは空いた手で奈苗にビンタ。
 ロープに奈苗を押し込んだりほは一発強烈なビンタを打ち込み反対側のロープで反動をつけ走りこむ。だがこれを奈苗は膝で迎撃。負けじとビンタを連打するりほは、奈苗をコーナーに振り走りこむも前蹴りで倒される。倒れたりほにセカンドコーナーからボディプレスを放つ奈苗だったが、これを転がって避けたりほは奈苗にランニングニー。これで倒れた奈苗にコーナートップからのダイビングフットスタンプ2連発。フォールするも2。
 りほはなおも場外に出た奈苗にエプロンからそうまとうを発射すると、リングに戻ってきたところでくるくるリボン。カウント2で返されるとコーナー最上段に登っていったりほだが、追いかけていった奈苗は張り手から雪崩式ブレーンバスター。カウント2で返して意地を見せたりほだが、奈苗はここで"スターダムの高橋奈苗"となってから使い始めたワンセコンドを繰り出す。初めてこの技をくらったりほは堪らずギブアップ。りほは顔を伏せ泣きながら無言でリングを後にした。

120616_Teens6-2.jpg この日、第1試合でつくしと組んで、くうみ&"ザ・バカ外人"クレイジー・マリー・ドブソンと対戦して敗れたドラミが、試合後突如「明日の北沢大会で一旦プロレスに区切りをつけたいと思います。理由などはまた発表させていただきます。とにかく北沢17日、ケジメの試合とさせていただきます」と発表。
 すると、それを聞いたつくしが「ちょっと待って! 今日くるみと闘って、明日りほさんと飛香さんと闘って、自分は闘って。前回のTeensでドラミにシングルで負けてるし、自分はドラミともう1回シングルがしたい。お願いします」とドラミとの対戦を直訴。そこで代表の飛香がメイン終了後に"特別授業"として、ドラミvs.つくしを行うことをその場で決めた。
 そして試合ではつくしがスピードでドラミを翻弄すると、おてんばダッシュをお見舞いするが、ドラミもおてんばダッシュをお返し。さらに体重を乗せた攻撃でつくしを追い込むと、ドロップキックもはたき落としてみせる。セントーン、ダイビング・セントーンで追い込んでいったドラミだが、つくしも串刺しドロップキックからトゥインクルスター・ロックで応戦。
 さらに2発目のダイビング・セントーンをかわして自爆させたつくしは、ミサイルキックを発射。ドラミもラリアットを返していくが、つくしはハルカゼを決める。カウント2で返して再びラリアットを叩き込むドラミはつくしを肩車してドラドラドライヴを狙うが、つくしは一瞬の隙を突いてソフトクリームを決めて3カウント!
 試合後、飛香が「正直いきなりの事だから、ドラミに何て言ったらいいかよく分からないんだ。ちょっとの間なのか、ずっと会えないのかよく分からないけど、明るく終わりたいから、皆泣かないようしよう!」と檄を飛ばすと、最後はドラミが「無期限の休業に入っちゃいますけど、ドラミは、プロレス大好きだしアイスリボン大好きだし、Teensのみんなが大好きなので戻ってきたいと思います。その時はよろしくお願いします!」と笑顔で挨拶した。

※完全詳細はバトル・ニュース携帯サイトをご覧ください。

▼1時間目 タッグマッチ 20分1本勝負
つくし/●長野ドラミ
9分44秒 ラ・マヒストラル
○くるみ/"ザ・バカ外人"クレイジー・マリー・ドブソン(フリー)

▼2時間目 シングルマッチ 20分1本勝負
○高橋奈苗(スターダム)
12分2秒 ワンセコンド
●りほ

▼3時間目 シングルマッチ 20分1本勝負
●みなみ飛香
10分37秒 ランニング・エルボー→片エビ固め
○花月(センダイガールズ)

▼特別授業 シングルマッチ 20分1本勝負
○つくし
7分5秒 ソフトクリーム
●長野ドラミ

このページの先頭へ
速報予定
大会詳細をケータイサイトで!
コラム女子プロレス団体『FEATURES』
スターダム世IV虎の番長日記

最新記事
12/29 年末の風物詩、新宿駅前で『猪木祭り』が公開会見!石井が遅刻した藤田に対し「そういうバカタレはシバキ回したい」
12/29 JWP中島との二冠戦に引き分けたイオに新ハイスピード王者の夏樹が挑戦表明!たわしーずが涙の6人タッグ王座奪取!
12/28 DDT1.3後楽園で高木vsマイケルのウェポンランブル、1.12&13大阪2連戦で全タイトルの次期挑戦者決定戦を開催!
12/27 「ことり」との一騎打ちでメインを務めた里歩が新曲を熱唱!帯広のパッションを受け止めた奈苗が貫禄勝ち
12/27 曙に邪道サンタから「三冠のベルトを持って電流爆破のリングに上がってきてくれ」というクリスマスプレゼント!
12/26 大家が宿敵・浪口を撃破!一歩前進したガンプロは4月の第2章旗揚げ戦に向け、ユニオンとの全面対抗戦へ!
12/25 12.31『猪木祭り』の一部カード変更!カシンが中国人留学生のデビュー戦の相手に!アレクがサップとタッグ
12/24 イッテンヨンまで待ったなし!中邑&オカダvs棚橋&内藤のW前哨戦タッグマッチは壮絶30分ドロー!
12/23 HARASHIMAが坂口との激闘を制して再び三冠王に!アジャが三四郎にリップロックして6人タッグ王座奪取!
12/21 引退試合でもヘビー級トーナメント覇者ベホーベン相手に退くことなく前に出続けたアーツ!敗れたものの笑顔で引退
月別アーカイブ
団体
タグ