二代目クレイジーSKBのロビンが初戦で完敗を喫すると、あの男が三代目を襲名!ギラギラガールズに観客の視線は釘付け!?

110606_666-1.jpg暗黒プロレス組織666
666 vol.40
日時:2011年6月6日(月) 開始:19:30
場所:新木場1stRING
観衆:666人(超満員札止め)

 6日、新木場1stRINGで行われた暗黒プロレス組織666『666vol.40』。記念すべき40回目の本興行は、奇しくも6月6日の"666の日"に開催されることになった。
 昨年12・23『vol.38』でウルトラマンロビンが発射したビーム光線が誤爆してしまったバカ社長ことクレイジーSKBは宇宙のチリと化してしまった。だが、前回の4・16『vol.39』で、ある条件が揃えば666秒だけバカ社長が地球に戻ってこれることが判明。メインで666軍がピンチに陥ったととき、すべての条件が揃い一瞬だけ地球に戻って来られたバカ社長だったが、あっという間にM666星雲に戻ってしまった。
 すると、そこにバカ社長を消してしまった張本人であるロビンさんが現れ、突如"二代目クレイジーSKB"襲名を宣言! 今大会は40回大会並びに二代目クレイジーSKB襲名記念大会として開催された。

 二代目クレイジーSKB初戦の相手は何と葛西純! 666のエースとして果敢に葛西に挑んでいったが、二代目だがサイドスープレックスもクロスボディもウルトラデスティニーも葛西にはまったく効いていない。すると初代クレイジーSKBを彷彿させる赤いツンツンヘアーのヅラを自ら取ってしまった二代目は、一旦バックステージに引っ込んで、ばってん多摩川らしき黒子と、唯我らしき黒子の協力を得て飛びながらリングに生還。
 「どうすりゃいいんだ! 扱いずれぇ!」と戸惑う葛西に対し、黒子を存分に使ったコーナーtoコーナーのドロップキックや対角線to対角線のダイビング・ボディプレスを決めた二代目。さらに唯我もリップロックをお見舞いすると、葛西のズボンを脱がして迫っていく。葛西は容赦なくリバース・タイガードライバーの体勢に入るが、二代目がカット。しかし唯我のリップロックは葛西がかわして二代目に誤爆!
 すかさず二代目にラリアットを叩き込み、パールハーバー・スプラッシュを投下した葛西が3カウントを奪った。二代目クレイジーSKBを襲名し、666のエースとなったはずのロビンさんだが、何といきなり初戦で完敗! そこに今大会が666初登場となったタイガースマスクが現れ、大の字に倒れたロビンさんを「何やってんですか、ロビンさん。もう帰れ! 今日名古屋に帰れ!」と激しく罵倒。
 するとロビンさんは渋々立ち上がり、「後は任せたぞ、"三代目"!」と言って立ち去っていった......。恐らく二代目(ロビン)から三代目(タイガース)への引き継ぐくだりがあったと思われるが、ロビンさんはその流れを一切無視してオチを先に言ってしまうという大失態をやらかす。マスク越しにも動揺しているのが分かるタイガースは「か、葛西純よ、我々666は決してお前の手下にならない! 1、2、3、4、5、デストローイ!」と、4・16『vol.39』のときのロビンさん同様、大事な「6」を言い忘れてしまう。
 心配になったロビンさんが花道まで出てくるが、タイガース改め三代目クレイジーSKBは「も、もうロビンさんは来なくていいです!」と言うと、今度こそ「1、2、3、4、5、6、デストローイ!」と叫んで記念すべき40回目の大会を締めくくった。

110606_666-2.jpg そのタイガースマスクは藤田みねぴょんと組んで、4・16『vol.39』から結成された宮本裕向&山田太郎の暴走ヤンキー師弟タッグと対戦。何とタイガースも大阪のヤンキー学生風の格好で登場し、最近某団体に入団したとかしないとか言われているみねぴょんは、ロングスカートのヤンキー女子高生風セーラー服で登場!
 あまりにもよく似合っているみねぴょんのセーラー服姿に、思わず山田がスカートをめくると、タイガースが「俺の女になりするんじゃ!」と言いながらケンカをふっかけていき試合開始。場外乱闘に巻き込まれた(?)リングサイドの女性客に殴りかかっていったタイガースに対し、山田が身を挺して女性客を守ると、ヤンキー師弟タッグのセコンドについていた唯我が、宮本に「私のほうがいい女だと言って」と言いながら迫っていく。すると宮本は容赦ない張り手をお見舞いし、さらにボディスラムで叩き付けるのか思いきや、何とファイアーサンダーで叩き付ける!
 その宮本のバックをみねぴょんが取ると、宮本は急所蹴り。だが、みねぴょんは笑顔を見せて効いていないアピール。まさかソッチも女の子になっちゃったのか?と思われたが、もう一度宮本が下から蹴り上げると、みねぴょんはやっぱり悶絶! すかさずトレイン攻撃から宮本のローリングセントーン→山田のダイビング・フットスタンプと畳みかけていったヤンキー師弟タッグだが、みねぴょんもスカートをひるがえしながら山田にシャイニング・ウィザードを返す。
 さらにタイガースがハイキックから投げ捨てジャーマン、バズソーキックと叩き込むが、カウント2で宮本がカット。そこにみねぴょんが入ってきて宮本にトルベジーノを決めると、タイガースが山田にタイガースープレックスを狙うが、山田は急所蹴り。悶絶しながらもタイガースは山田を丸め込んで何とか3カウントを取った。だが、宮本は敗れた怒りをみねぴょんにぶつけ、何とスカートと上着を脱がし、蛍光ピンクのブラと黒のパンツ姿にするという暴挙に出る!
 その姿を見た"彼氏"のタイガースは「フジコちゃん、別れよう。お前と宮本が何もないのは分かっているんだけど、いつかこの関係にもケリをつけないといけないと思ってたんだ。俺はこの団体でやることができちまったんだよ。だからもうフジコちゃんにカマってる暇はないんだよ」と突然の別れを告げたのだが、そのやりたいことが三代目クレイジーSKBの襲名だったというわけだ。

110606_666-3.jpg 前回の4・16『vol.39』で突如登場した忍とヘラクレス千賀のギラギラボーイズ。対戦相手だった大橋あっくんも完全に感化されてギラギラボーイズ化してしまったが、今回ギラギラボーイズは筋骨隆々のギラギラしたボディビルダーに加え、本家ギラギラガールズのセクシーなお姉ちゃんたち(with唯我)も連れて登場! これには対戦相手のあっくんも一層ギラギラしてしまったのだが、1人いつも通りクールなのがあっくんのパートナーの円華。
 「あっくんいいねぇ〜。でもあの人だけは普通〜! 本当はギラギラしたいんでしょ〜?」と円華を挑発する忍に襲いかかっていった円華。アームドラッグで投げられた忍も、すぐさまドロップキックを返して円華を場外に追いやると、ケブラーダを発射。だが、千賀とあっくんのギラギラした攻防が展開し始めると、大半の観客はリング上よりも場外やエプロンでセクシーに腰をくねらすギラギラガールズに目を奪われていく。
 思わず実況のMEN'Sテイオーも「これ週○ロが取材したら、見出しは『プロレスが負けた日』になるんだろうな」と漏らすほどの惨劇に、忍と千賀も唯我に攻撃したり、必要以上に受け身の音を大きくしたりして、何とか観客の注目を取り戻そうとするが、ギラギラガールズの破壊力はかなりのもの。だが、そんな中円華はギアをフルスロットルにして、ランニングエルボーやブレーンバスターを決めていき、観客の視線を取り戻す!
 あっくんが円華にタッチを求めると、ようやく忍&千賀もサンドイッチ・ジャンピングキックを決め、さらに忍は予告なしのSEXボンバーであっくんを吹っ飛ばす! 予告しなければ意外と決まることが分かったSEXボンバーだが、あっくんはなおもSEXボンバーを連発する忍を何度もオースイスープレックスで切り返していく。カウント2で返した忍はエルボーからトドメのSEXボンバーを狙ったが、あっくんはまたしてもオースイスープレックスで切り返して3カウント!
 試合展開はどうあれ忍から3カウントを奪った大橋。忍は「あっくんはギラギラして強くなったね〜! それに引き替え(円華は)普通でしょ!」と大橋を称えて円華を批判。円華は憮然とした表情で1人先に引き揚げてしまったが、忍、千賀、あっくんはリング上にボディビルダーとギラギラガールズを上げると、試合用のタイツを脱いでアンダータイツ姿で踊り始める。すると、そこに豹柄のパンツ姿となり、ギラギラした円華が登場! 最後はとってもリング上がギラギラしていた。

※完全詳細はバトル・ニュース携帯サイトをご覧ください。

▼第1試合 ストップ・ザ・食中毒!プロレスラーよ生肉を食らえ!スクランブルパンクハウス焼肉デスマッチ
○乞食/乞食/Kouzy
11分42秒 ダイビング・ボディプレス→片エビ固め
佐野直/●ばってん多摩川/見た目が邦彦

▼第2試合 怪盗vs極道vs泥棒!新木場の女神像は誰の手に?黄金の女神像争奪デスマッチ
●K666
7分49秒 後方回転エビ固め
○GOEMON
※もう1人は先輩

▼第3試合 本能直下型プロレスユニット ギラギラボーイズ6月号!
●忍/ヘラクレス千賀
10分58秒 オースイスープレックスホールド
円華/○大橋あっくん

▼第4試合 新木場に幽霊船漂着?人気海賊映画、先行公開!怨霊オブカリビアン
怨霊/●白兎/チェシャ猫
10分48秒 ネックハンキングボム before ディープキス
海賊A/海賊B/○女海賊

▼第5試合 暴走ヤンキー師弟タッグ!目指すはテッペン!
宮本裕向/●山田太郎
9分34秒 丸め込み
藤田みねぴょん/○タイガースマスク

▼第6試合 二代目バカ社長就任!666の平和も守れ!
●二代目ザ・クレイジーSKB(ウルトラマンロビン)
4分55秒 パールハーバースプラッシュ→片エビ固め
○葛西純

このページの先頭へ
速報予定
大会詳細をケータイサイトで!
コラム女子プロレス団体『FEATURES』
スターダム世IV虎の番長日記

最新記事
12/29 年末の風物詩、新宿駅前で『猪木祭り』が公開会見!石井が遅刻した藤田に対し「そういうバカタレはシバキ回したい」
12/29 JWP中島との二冠戦に引き分けたイオに新ハイスピード王者の夏樹が挑戦表明!たわしーずが涙の6人タッグ王座奪取!
12/28 DDT1.3後楽園で高木vsマイケルのウェポンランブル、1.12&13大阪2連戦で全タイトルの次期挑戦者決定戦を開催!
12/27 「ことり」との一騎打ちでメインを務めた里歩が新曲を熱唱!帯広のパッションを受け止めた奈苗が貫禄勝ち
12/27 曙に邪道サンタから「三冠のベルトを持って電流爆破のリングに上がってきてくれ」というクリスマスプレゼント!
12/26 大家が宿敵・浪口を撃破!一歩前進したガンプロは4月の第2章旗揚げ戦に向け、ユニオンとの全面対抗戦へ!
12/25 12.31『猪木祭り』の一部カード変更!カシンが中国人留学生のデビュー戦の相手に!アレクがサップとタッグ
12/24 イッテンヨンまで待ったなし!中邑&オカダvs棚橋&内藤のW前哨戦タッグマッチは壮絶30分ドロー!
12/23 HARASHIMAが坂口との激闘を制して再び三冠王に!アジャが三四郎にリップロックして6人タッグ王座奪取!
12/21 引退試合でもヘビー級トーナメント覇者ベホーベン相手に退くことなく前に出続けたアーツ!敗れたものの笑顔で引退
月別アーカイブ
団体
タグ