永島勝司 ゴマシオ親父のつぶやきR[第1回]

  • -
    Google+でシェア
  • 1
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

ファンの皆さん、長い間留守にしていてごめんなさい。万全の態勢で今日からカンバックをさせて頂きます。永島の言いたい放題に力を貸して下さい。
さて、現在の日本のプロレス会の現状、事情等を見ると勢力地図に大きなうねりが感じられます。

①ノアが、新日本プロレスに完全に飲み込まれた状態で、この先の成り行きが解り過ぎるぐらいです。

②武藤敬司のW-1のCEOにDDTプロレスの高木三四郎社長、兼レスラーを招請する等、常識的には考えられない事が起こっている。要は、W-1の財布を全て三四郎に任せるという事、これは、俺が前から言っているように、プロレス会の旋風児になるのは、三四郎と新日本の永田をまるで実践したような感じだね。三四郎とこの前話をしたけど、大変プレッシャーを感じながらも、エネルギーを燃やしていたのは実に頼もしい限り。

③全日本プロの諏訪魔が、猪木IGFの藤田に挑戦状を出す等の行動をとっている。このアンサー次第では俺の大好きな団体を超えた大構想に発展する可能性を充分に秘めている。

この3つの事実を総合的に見てみると、今日本のプロレス界の流れというか、勢力地図が大きく変わってきそうな気がする。今すぐには、具体的な動きは起こらないにしても新日本プロのG1クライマックス終了後に何かの動きがあると、俺は予想している。最もそうならなきゃおもしろくねえ。

私ごとで申し訳ないが、人に勧められたこともあり、この程赤坂に『永島K2プロダクション』を開設することになりました。各種、スポーツイベントの開催、それに少しばかり芸能関係にも仕掛けをやってみたいな、と思っています。ファンの皆様にどんなアイデアでも結構ですのでドンドン、バトル・ニュースの方にご連絡下さい。
さあ、暑さに向かう中、頑張ろうぜ!

サイト内検索

日別

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る