『全国プロレス選手権大会 グローカル・タッグトーナメント2022』二回戦を終え全国の地方団体ベスト4が決定!準決勝・決勝戦は12/3福岡!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 全国の地域密着型プロレス団体が集い「最強の地方」を決定する「グローカル・タッグトーナメント」。初開催となった前回は九州プロレスが主催し福岡で開催。全国から8チームが参加し、みちのくプロレスの「友達タッグ」GAINA、のはしたろう組が激戦を制し優勝を果たした。
 そして二回目となった今回は、みちのくプロレス、大阪プロレス、九州プロレス、琉球ドラゴンプロレスリング、2AWが実行委員となり開催され、10月4日、東京・後楽園ホールで開幕。全国から16チームが参加し、そこで勝ち進んだ8チームによる二回戦が11月12日、大阪の地で開催された。

 試合開始に先立ち今大会実行委員を務める大阪プロレス・ゼウス社長と九州プロレス・筑前りょう太理事長による挨拶が行われ、来場者への感謝と大会出場者への応援をお願いしながらも、ゼウス社長から「実行委員という立場を置いて」と前置きした上で「大阪が持っていくと信じています」と発言。それを受けて筑前理事長も「九州が勝つ」と応戦。リング中央で睨み合った後、握手を交わしたが冒頭から地域対抗ムードが場内を支配した。


 第一試合は、一回戦で千葉代表の2AWを倒した九州プロレスの野崎広大とめんたい☆キッド組と、一回戦では愛媛代表を降した栃木プロレスの田中将斗、星野良組の対戦。先発は九州プロレス現王者の野崎広大と「弾丸戦士」田中将斗で火が出るようなエルボー合戦からスタート。田中将斗が鋭利かつ圧倒的な攻撃力を発揮するもパワーの野崎、スピードのめんたいがチーム力としては勝り、最後は新鋭・星野をめんたい☆キッドが得意技「めんたい☆スプラッシュ」で制した。第一試合からリング板が破損する程の大激闘が展開された。


 続いては、一回戦で川崎代表のヒートアップを降した神戸代表DRAGONGATE 堀口元気と横須賀ススム組と、一回戦で横浜代表の大日本プロレス組から勝利した琉球ドラゴンプロレスリングのウルトラソーキ、首里ジョー組の対戦。「糸満の人間魚雷」琉球・前王者ソーキと首里ジョーによるコンビ「ダンプウォリアーズ」は勢いよく攻め立てるも大ベテランのDRAGONGATE組の老獪さに大苦戦。しかし最後は首里ジョーの拳骨(メーゴーサ)が決まり大逆転で琉球組が勝利。元気、ススム組は潔く二人の勝利を称えリングを降りた。


 前回優勝したGAINA、のはし組は一回戦で、東京代表のいたばしプロレスを倒し二回戦進出。対するは一回戦で新潟プロレスとの大激闘を制し勝ち上がってきた名古屋代表のチームでら、高井、影山組。ゴング前に奇襲をかけた名古屋組は勝利への意欲が溢れ出そうな程、気合満点。「名古屋が日本のど真ん中だ!」と叫び、ゴングやマットプロレスで培ったマットを使った大胆な攻撃で追い込んだが、最後は一発逆転の秘技ラ・マヒストラルでのはしが影山から3カウントを奪い準決勝進出を決めた。


 グローカル・タッグトーナメント2022、二回戦メインイベントとして行われたのは、一回戦で海外代表、東北代表をそれぞれ撃破した九州プロレスの玄海、佐々木日田丸組と大阪プロレスのHUB、タイガースマスク組の一戦。10年前まで大阪を主戦場としていた玄海と大阪勢とのかつて知ったる絡みに、Uの遺伝子・佐々木が混じる事で異色の名勝負となった。玄海が肩鎖関節脱臼と靭帯断裂した右肩を攻められるも佐々木が蹴りと関節で奮闘し粘る。しかし最後はタイガースマスクのデルフィンスペシャル3号が炸裂。大阪代表がホーム・大阪で団体の歴史も込めたフィニッシュホールドで準決勝進出を勝ち取った。

二回戦の結果、九州、沖縄、東北、大阪がベスト4に進出し、12月3日に福岡・アクロス福岡で準決勝、決勝戦が行われ「最強の地方」が決定する。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2023年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る