「試合前は夜中に病院に運ばれたりしたこともあった」50億円を生んだ『THE MATCH 2022』で闘った武尊がうつ病とパニック障害を告白し無期限療養に伴うK-1王座返上

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 27日、都内某所にて6月19日の『THE MATCH 2022』メインイベントにて那須川天心と対戦した武尊が記者会見を行った。

 天心vs武尊戦のスタートはRIZINが旗揚げされた2015年にまで遡る。
 Krush58kg級王者であった武尊がKrush55kg級王者であった大雅との王者対決を制して世間の注目を集めると、RISEバンタム級王者となった天心がK-1の会場に現れ「RIZIN大晦日で戦いましょう」とラブコールを贈ったことで両者の対戦の可能性が生まれた。
 ファンは当然この頂上対決に熱い期待を寄せたが、それぞれ違う組織の象徴たる2人の対戦は当事者間だけでは決められるものではなく、様々な“大人の事情”によって実現には至らなかった
 しかし、2020年の大晦日RIZINに武尊が現れて天心と抱擁を交わし「来年に実現させる」という決意を表明。“大人”たちも実現に向けた動きを見せ始め、ついに2022年6月19日に世紀の一戦が実現。

 武尊は惜しくも天心に判定負けを喫したものの、互いに大きなものを背負い、互いが互いをリスペクトしながら行われた一戦は多くの感動を呼び、その経済効果は約50億円とも言われる。
 試合後にも言葉少なに去っていった武尊だが、世紀の一戦から約1週間経ったこの日、初めて公の場に姿を見せてその胸中を語った。

 武尊は天心戦当時のコンディションを振り返り、「試合2週間くらい前に1回歩けないくらいの状態、右の蹴りが一切蹴れない状態になったときがあった」「試合前は夜中に病院に運ばれたりしたこともあった」と長年の闘いで蓄積されたダメージで身体がボロボロであったことを明かす。

 試合自体については「あのときの僕の心と身体で出来る100%を出したんで悔いはない」と語り、「天心選手がいなかったら僕はこの年齢まで格闘技をやれてないと思うし、どこかで満足するか燃え尽きるかしてモチベーションを保つことも出来なかったと思うし、約10年負けないで勝ち続けてこれたのも天心選手という存在がいたからモチベーションを落とさず強さを維持できたと思うんで。言葉では表せないですけど、同じ時代に、この闘いの世界の中にいてくれて本当に感謝しか無いです」と天心にも感謝を述べる。
 しかし、『今後天心選手と2人で話してみたいか』という質問に対しては「それは多分お互い引退してからなんじゃないかな。天心選手はこれからもボクシングで活躍していくと思うし、同じ格闘界にいる間は、仲良くは出来ないかなと思います」と格闘家としての複雑な気持ちを語った。

 そして、「敗者はスポットライトを浴びずに勝者がスポットライトを浴びて、敗者は静かに帰るイメージだったんですけど、花道にたくさんのファンの人達が集まってきてくれて、あそこで沢山の人からもらった『ありがとう』という言葉が、どんな勝利よりも僕は報われた。そういう言葉がなかったら僕はホントなんの後悔もなくキッパリ辞めるっていう選択肢を取ったと思う」と試合直後にファンからかけられた言葉、試合後にSNS等でファンから送られたメッセージに対して何度も感謝の言葉を発した。

 さらに、武尊は長年悩まされていた拳の怪我のほか、腰の分離すべり症、ヒザの外側靭帯&前十字靭帯損傷といった身体的な怪我、そして精神科でパニック障害とうつ病と診断されていたことを公表。
 格闘家としては一時的に休養期間に入り、これに伴って現在武尊が保持しているK-1世界王座のベルトを返上することを発表した。

 武尊は、休養について「知らず知らずのうちに自分の心が壊れていっているのを感じていて。今回の試合前に、ちょっと体調が悪くなった時期があって、そのときに今の格闘家としての人生だけじゃなくて、僕のこれからの人生を考えたときに、まずは一旦これを治さないと、この後の人生が壊れてしまうと思った。僕がまた病気や怪我を克服して復活する姿を見せることが僕の1個目の次の戦いかなと思ってるんで。なので、まずはその闘いにしっかり勝って、また元気な姿をみんなに見せられるように必ず復活したいと思うんで、まずはその闘いを応援してくれたら嬉しいなと思います」と説明。
 王座の返上については「今回の試合もK-1の代表として闘ったつもりだったんで、そのK-1代表としても負けてしまったってことは、僕はもうK-1を背負う資格はないなと思ってるんで、ケジメとしてこのベルトは返上させてもらって、次の世代にバトンタッチしたいなって思ってます。K-1に感謝しているからこそ中途半端にK-1を背負いたくないし、あと僕がいることによって次の世代が光を浴びないっていうか、そういう部分もあると思うし、僕がいる間は次のK-1を背負う選手って出てこないのかなと思って」と持論を述べた。

 精神的にも不調を抱えていたという武尊だが、天心戦での敗北を経て“負け”に対する考えも変わってきたのだという。
 「ホント毎日負けることが怖くて、この10年間ずっと恐怖と闘ってたなと思って。格闘技大好きだし、試合も大好きなんで試合の時には笑って楽しんでるんですけど、それ以外の時間って苦しさと恐怖しかなかった。今回こうやって約10年ぶりに負けて、ホントに僕の中ですごく大切なものに気付けた。もちろん負けるのは悔しいし、今も負けた自分は許せないし。だけど、自分の歪んでいた部分だったり、負けに対してのネガティブな気持ちっていうのはちょっと変わったかなって思いました。これで1つ強くなれたんじゃないかなと思いました。負けるっていうことについて、自分の中での価値観が良い意味で変わったんで、そこの恐怖がなくなった分、もっと思い切り闘えるんじゃないかなと思うし、多分これから僕はもっと強くなれるなって確信しました」と語った武尊はどこか吹っ切れた様子。

 休養も現時点では復帰を前提としたものであり、K-1の次世代を背負う選手が出てきた際には「その選手と試合をやりたくなるかもしれない」と語るなどK-1の頂点を取り戻すことにも意欲的だ。会見の最後には「最後勝つ姿を見せてから終わりたい」と語って締めくくっており、またリング上で武尊の勇姿を見ることはただの夢の話には終わりそうにない。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る