【帰ってきた #プロレス今日は何の日】1984年6・1 高松市民文化センター 長州力vsアンドレ・ザ・ジャイアント

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

【帰ってきた #プロレス今日は何の日】
1984年6月1日 高松市民文化センター
長州力vsアンドレ・ザ・ジャイアントっ!

84年第2回IWGPリーグ戦!世界各国から12名の強者が集まり、6.14蔵前で前回優勝者ハルク・ホーガンと優勝決定戦を行うというもの!昨年の第1回大会で猪木を舌出しKOで下したホーガンは84年1.23MSGにてアイアン・シークを下しWWF世界ヘビー級チャンピオンにまで上り詰めておりました!

今回の参加選手はこちらの通り!
日本代表)アントニオ猪木、藤波辰巳、マサ斎藤、長州力
米国代表)ビッグ・ジョン・スタッド、ディック・マードック、アドリアン・アドニス、ケン・パテラ
北米代表)アンドレ・ザ・ジャイアント、マスク・ド・スーパースター(当初予定されていたリック・マーテルの代打出場)
欧州代表)オットー・ワンツ、ビッグ・ジョン・クイン
※あ、マサさんがアメリカで収監されるきっかけになったケン・パテラとの公式戦も見たいな・・・

さあ、 223cm200kgのアンドレ、レフェリーのタイガー服部氏が真上を見上げるかのようなサイズ感!長州コールのお客さんにイライラするアンドレ、ぶわぶわパーマの頭を掻きむしる!

気持ちを落ち着かせた後はズイズイと歩を進めるアンドレ、後ずさりする長州!二階からパンチ、ヘッドパッド!「ハッハッハッハー!」と大きく笑うアンドレ!

長州をブンっとロープに振ってショルダースルーを狙うアンドレ!しかしそこへカウンターの長州キック!そのまま「でぃいいいいやっ!」とボディスラム敢行!バランスを崩しながらも投げ切った!日本人ではアントニオ猪木に次いで二人目!館内大拍手と「ヒッヒッホ、ヒッホッホー!」ですよ(今回もここは初代ファイプロ必殺技の歓声の感じでお願いします。PCエンジンのやつです)

「やはりですね、タイミングが良ければね、行くわけですね!」と解説の(山本)小鉄さん!
しかし片膝を付くアンドレのベアハッグにつかまってしまう!脱出しようとハンマーパンチを何度も繰り出す距離が近すぎて効いてる感じがしない!長州辛そう!

ヘッドパッドからロープに振るアンドレ、返ってきた長州を人間エグゾセミサイルで迎撃だ!「どぅわあああ!」と吹っ飛ばされダウンする長州、そこへアンドレのヒップドロップだ!そりゃもうカウント3つ!5分57秒、長州撃沈!

「次はお前や!上がって来い、ガオー!」とワンサイドゲームとなったからか、もういっちょやったろかいとセコンドのマサ斎藤を指し吼えるすアンドレ!お~、こわ!

その後このリーグ戦は前年の汚名返上とばかり勝ちに勝った猪木がホーガンと優勝決定戦を迎えます。しかし長州が乱入、猪木にラリアット、ホーガンとはボンバー・ラリアットの相打ちダウン。猪木がリングアウト勝ちで優勝しちゃうというなかなかのフィナーレを迎えるのでした。

さて、ここ数年いろんな番組で「当時のアンドレは強かった」と振り返る長州さん、
「上野の西郷隆盛像よりアンドレの方がデカイ」
「ワインのボトルなんか2本の指でタバコを吸うみたいに飲んじゃう」
「アンドレ用の太巻き寿司は消火器ぐらいある、3人がかりで作る」
などなど、イイ話が盛りだくさん!(多分まだまだあると思いますw)

今日もプロレス最高っ!

著者:スレンダー川口
【元祖 #プロレス今日は何の日 since2014 】
バトルニュースで2周目突入!
キン肉マン、プロレス、ファミコンで育った少年期から早や数十年、
「ほんとにこれで良かったのかな・・・?」と自分の判断に自信がないと相談されたら
「それは選ばれし者の恍惚と不安だよ!ごちゃごちゃ言わんと迷わず行けよ!行けばわかるさ!」 と新旧格闘王mixでお応えします!

プロレストークライブ企画・制作・券売などお手伝いしております。
↓実績一例
「待っていてくれて本当にありがとう!ファイプロ復活祭!」
「俺達のG1クライマックス!ライガーさんに聞いてみよう!」
「Go for broke!俺たちのマサ斎藤さんを語る夜!」
「燃えろ!俺たちのケロちゃん旅日記!」
「山ちゃんがやっちゃった 燃えろ俺たちのUWF」など
その他、プロレス興行のSNS告知・販促協力もさせていただいております。
お仕事依頼やご相談頂けます際はtwitterからお気軽にDMくださいませ〜
Twitter:@slender_kg

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

サイト内検索

日別

2022年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る