5・22後楽園でKO-D6人タッグ王座を争うダムネーションT.Aとイラプションがバチバチに火花!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが5月11日、東京・新宿FACEで「DDT FREE -May-」を開催。同22日の東京・後楽園ホールでKO-D6人タッグ王座決定トーナメント決勝を争うダムネーションT.Aとイラプションが前哨戦でバチバチに火花を散らした。

 5・22後楽園ではダムネーションT.Aの佐々木大輔、MJポー、KANON組が、イラプションの樋口和貞、坂口征夫、岡谷英樹が新6人タッグ王座を争奪するが、この日は坂口の代わりに若手の石田有輝が入って前哨戦を戦った。

 ダムネーションT.Aはイス攻撃で奇襲をかけると、キャリアの近いKANONと岡谷が激しくやり合った。樋口が佐々木をブレーンクローで追い込むと、佐々木はクロス・フェースロックでうまく切り返すなどめまぐるしい攻防が続いた。10分過ぎ、ポーがラリアットからデスバレーボムでたたきつけて石田から3カウントを奪取。試合後も、KANONと岡谷はエルボー合戦を繰り広げていた。

 試合を制した佐々木は「俺たち、ダムネーションT.Aにたてついたところで、オマエら相手になんねぇ。何だ、あの赤いの(岡谷)! KANONに勝てると思ってるのか? 俺たちに勝てる自信があるなら相手にしてやる。あと坂口がいるだろ。俺たちがまとめて潰してやる。オマエら二軍落ちだ!」と怪気炎。

 かたや、岡谷は「KANON! ヘラヘラしやがって。ヘラヘラできるのも後楽園までだぞ。ダムネーションT.Aがベルトにふさわしくないってことを証明してやるよ」と粋がり、樋口は「岡谷、いい感じだよ。やってやるよ、後楽園。坂口さん入れて勝負だ」とヤル気満々だった。

関連記事

サイト内検索

日別

2022年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る