MAOが朱崇花を下し、UNIVERSAL王座2度目の防衛!共鳴した2人はコンビを結成し、タッグ王座獲りへ

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが5月1日、横浜武道館で春のビッグマッチ「MEGA MAX BUMP 2022 in YOKOHAMA」を開催。DDT UNIVERSAL王者のMAOが朱崇花を下し、2度目の防衛に成功。互いを認め合った2人はタッグ結成に動くことになった。

 空中戦を得意とする両者の戦いだけに、MAOがハリウッドスタープレスを見舞えば、朱崇花はムーサルトアタックで応戦。戦前には朱崇花のハードコア要求を拒否していたMAOだが、プラスチックケースを自ら持ち込んだ。しかし、朱崇花は逆にチョークスラムでMAOをプラスチックケースに叩き込み、MAOが犠牲に。10分過ぎ、朱崇花はジャーマンからムーサルトプレスを狙うも、MAOは剣山で阻止。朱崇花が蹴りを見舞えば、MAOは掌底で返した。さらにMAOはみちのくドライバーⅡからキャンボール450°をズバリと決めてピンフォールを奪った。試合後、2人はガッチリ握手を交わして互いの健闘を称え合った。

 MAOは「メッチャ強い。同じ宮城県出身で、2015年8月デビューの同期。男とか女とか関係ない。自分の今までやってきたこと全部出し切るような試合になるとは思わなかった。もうちょっと楽に勝てると思った。本当に認めます。強いです。次は未知の外国人とか、競技が違う人とか、プロレスで幅広く戦っていきたい」とコメント。

 朱崇花は「勝負だけど、どこかに私たちのこれからにつながる試合ができたらいいなというのがすごくあって、それを確かめられた。肌を合わせてみて、プロレス観とかほぼ合わない。この2人が融合したら、きっと面白いことができるんじゃないかと思いました」と話した。

 その後、2人は共鳴して、セミファイナルのKO-Dタッグ選手権の後にタッグを組んで挑戦の名乗りを挙げ、5・22後楽園でのチャレンジが決まった。また、MAOは6・1後楽園で高梨将弘の挑戦を受ける。

関連記事

サイト内検索

日別

2022年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る