世界ジュニア王者・佐藤光留が久々のDDT参戦に意欲!「やっちゃいけないことをやってやろうと考えてます」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが4月20日、東京・渋谷区のライブハウスduo MUSIC EXCHANGEで春のビッグマッチ「MEGA MAX BUMP 2022 in YOKOHAMA」(5月1日、横浜武道館)に向け記者会見を開き、久しぶりに同団体に参戦する世界ジュニア・ヘビー級、IJタッグ王者の佐藤光留(パンクラスMISSION)が意欲を見せた。

 もともと佐藤はパンクラスで総合格闘技をやっていたが、プロレス志向も強く、2008年からDDTに上がるようになり、中澤マイケルと「変態團」を結成してファイト。2010年にはHARASHIMAを破ってKO-D無差別級王座にも就いたが、2014年1月でレギュラー契約を満了。その後は全日本プロレス、プロデュース興行「ハードヒット」などで活躍してきたが、DDTが主催する大会には2019年4月17日の「酒呑童子5周年興行」以来、3年ぶりの参戦となる。佐藤は今回、縁が深いHARASHIMAとタッグを結成し、イラプションの樋口和貞、坂口征夫組と対戦する。

 坂口は「光留さんは自分が初めて獲ったタイトル(KO-Dタッグ)のパートナーであり、総合からプロレスに進む道をつくってくれて、DDTに招いてくれた方で思い入れが深い。佐藤光留、中澤マイケルがいなかったら、DDTの坂口征夫はなかったと言っていいくらい。光留さんが旅立って、自分とHARASHIMAさんは、このリングに立ち続けてる。今回、(KO-D無差別級王座戦にに出る)上野勇希、(DDT UNIVERSAL王座戦に出る)MAO、自分のパートナーの樋口和貞は、光留さんが知らないDDT。いろんなことに対処できて強い樋口に関しては、光留さんの知らないDDTを堪能してもらいたい」と思いを込めて語った。

 樋口は「佐藤光留が知らないDDTを体現しておりますけど、自分としては坂口征夫、佐藤光留、HARASHIMAの3人がいたDDTを体感したことがない。自分の知らないDDTを体感させてもらった上で、今のDDTを生きてる自分がたたき潰してやろうと思っております」と話した。

 懐かしのメイド服で登壇した佐藤は「久しぶりにDDTにお呼ばれしたんで、中澤マイケルと変態團復活だと思って、気合入れてメイド服で来たら全然違いました。もう少し、お帰りなさい的なテンションかと思ったら、征夫さんはとんでもない曲で入場してるし、樋口選手は昔見た頃とちょっと違うなって感じだし、恐怖に思って興奮してます。当時、僕がいたDDTから旅に出てるつもりで今もプロレスをしています。生まれたのはパンクラスですが、僕をプロレスラーとして育ててくれたのはDDTだと思ってます。久々に帰ってきて大暴れしたいと思います」と意欲を見せた。

 タッグを組むHARASHIMAは「僕にとって、とてもスペシャルなタッグマッチです。光留とはすごい久しぶりになるんだけど、2010年にタイトルマッチやったりとか、昔のDDTを知ってる人間なんで、とても楽しみです。あと、坂口さん、樋口。僕から見て、この3人に共通して言えるのは、全力でバチバチやり合える仲なので、そんな4人で戦えるのは楽しみです」と笑みを浮かべた。

 最近のDDTについて、光留は「僕が今関わってる団体に以前いらっしゃった人も何人かいますが・・・。前はプロレス界でやっちゃいけないことの集合体だと思ってましたが、今はやっていいことを含めた集合体だと思ってます。なので、久々にやっちゃいけないことをやってやろうと常々考えています。選手で“これは”っていうのは、僕がいたDDTの頃よりいない。それって雑誌とかニュースで受ける印象なんで、そういう選手がいたら、裏で“メイド服着ない”ってスカウトしたい」とコメント。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る