天龍源一郎も大絶賛するTORUがインディープロレス統一に王手!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 16日、東京都・新木場1stRINGにてTTT『INNOVATION3』が開催され、ガッツ石島が瀧澤晃頼を制してTTT認定インディー統一無差別級王座を防衛。TORUと年間最大のビッグマッチで至宝をかけて闘うことが決まった。

 今回のガッツと瀧澤が王座戦を行った経緯は、複雑な人間関係が絡み合った結果と言える。

 TTTでは黎明期インディープロレス界を生き抜いてきたキャラの濃い選手たちによる群雄割拠が展開されているが、中でもひときわ異彩を放つ“唯一神”藤原秀旺は黎明期インディープロレスを思い起こす『おもちゃ箱をひっくり返したような』奇行でリング内外を賑やかせている。

 瀧澤はTTT所属の高いポテンシャルを持つハイフライヤーの若手として期待を集めてきたが、シングルプレイヤーとしては伸び悩んでおり、TTTでの戦績も振るわずにいた。

 最近、瀧澤に目を付けている秀旺は、体重の増量を強いて強制的に饅頭をドカ食いさせたり、唐突に手錠で拘束して拉致し公園で秘密の公開特訓を行ったりと、愛情の発露ともただの嫌がらせとも取れる奇行に走っている。
 前回大会では、バナナ千賀との盟友対決を制してTTT認定インディー無差別級王座を防衛したガッツ石島の元へ秀旺が瀧澤を手錠で拘束しながら登場。秀旺がガッツへ挑戦表明を行うのかと思われたが、秀旺は「コイツが挑戦してやる!」と瀧澤を1人残して退場。ガッツも戸惑いながら「お前はそれでいいのか?」と問いかけるものの、瀧澤はヤケクソな様子で「やっ、やってやるよぉ~!」と挑戦表明。
 瀧澤の主体性はどこにあるのか。内に秘めたる覚悟を棚ぼたのチャンスで爆発させるのか。様々な疑問と期待を背負い、瀧澤がガッツの持つ至宝に挑んだ。

 瀧澤はバックボーンに持つレスリングのテクニックを駆使してガッツをグラウンド戦へと引きずり込んでいくものの、ミスター雁之助仕込みのテクニックを持つガッツも互角以上の立ち回りを見せ約50kgの体重差を生かしてじわじわと優位を取っていく。
 すると瀧澤はガッツにはない持ち味であるスピードを生かした戦法に切り替え、変幻自在のロープワークから多彩なネックブリーカーやRKOといった頭部への集中攻撃を展開。ガッツが受けに回る展開となるも、瀧澤の必殺技であるファイヤーバードスプラッシュをかわして自爆させ、カウンターの重爆ニールキックを叩き込んで一気に流れを変え、ゴーストバスターからのフェイスバスターと黄金コンボを決めて3カウントを奪った。

 試合後、すべてを出し切って仰向けに倒れ込んだままの瀧澤の元へ秀旺がやってきて手錠で拘束した上で拉致。この光景も皆見慣れてきたのか瀧澤の正タッグパートナーのTORUも含めて誰も真剣に止めようとしない。

 TORUがリングに上ってくると、ガッツは6月19日に新宿FACEにて行われる年間最大のビッグマッチでの挑戦者に指名。
 これを受けたTORUは「ガッツさんにそうやって言われるまで忘れてましたよ。そうだよ。俺まだ、この団体に入って1回もトップ取ったこと無かったですわ。あぁ、そうやそうや。『面白くないなあ』って思って出てることも、ちょっと忘れかけてました。あなたがそのベルトを巻いて、ずっとメインで闘ってる。……ガッツワールドと変わらないじゃないですか。それがおもんないから、それをぶち壊したいから、このリングに、この団体に所属してプロレスやってることも、今思い出させてもらいました。6月19日!新宿FACEでTORUの挑戦を受けていただきます」と不敵に笑いながらガッツと握手を交わした。

 TORUはTTTのエースとして旗揚げ時から強い期待を背負っていたものの、怪我に泣き団体内ではシングル戦線からはしばらく遠ざかっていた。
 しかし、昨年4月から始動した新生・天龍プロジェクトでのTORUは始動時からのレギュラー参戦メンバーとして注目を集め、同年11月にはシングルトーナメント『龍魂杯』で天プロの王者を全員倒して優勝を果たす快挙を達成。今年2月には至宝・インターナショナルジュニアヘビー級王座(※IJ王座)を戴冠。天龍源一郎も大絶賛するシングルプレイヤーとして一躍プロレス界で強い存在感を放つ選手となっている。

 天龍のお膝元で昇り龍のごとく飛躍を遂げトップを取ったTORUが自団体の頂に至ることは出来るのか。今インディープロレス界で最も熱い男と言っても過言ではないTORUの大一番の行方に期待が高まる。

関連記事

サイト内検索

日別

2022年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る