「天から仙豆が振ってきてHP回復した」金原正徳がレスリングの攻防を制して貫禄勝利!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 16日、武蔵野の森総合スポーツプラザ・メインアリーナにて『SPASHAN presents RIZIN TRIGGER 3rd』が開催。第6試合では金原正徳vs摩嶋一整が行われた。

 1Rは摩嶋が、2Rは金原がマウントをとるが極めきれず。3Rに摩嶋のタックルを腕を取って切り返した金原が肩固めからマウントをとり、亀になった摩嶋にラッシュを仕掛けレフェリーが試合を止めた。

 なぜかリング上で「よいお年を!」としめた金原がインタビュースペースに現れると「また練習したら試合やりたくはなると思うけど、試合終わってもういいやってなって。試合が近づくと何やってんだって鬱みたいに、起伏が激しい感じになる。セコンドと試合終わったらマイクで『よいお年を』って言おうと話ししていたんで」と苦笑。

 勝因に関して「3Rテイクダウン取った時に天から仙豆が振ってきてHP回復して、これ行くしかないと思っていきました(笑)練習相手の差ですね、彼はすごく攻撃力が強いのでスパーリングを打ち込み感覚でやれちゃうんですよ。突出してる選手はやられる環境にいないので、僕は青木(真也)くんとか北岡(悟)さんとか沢強い人と練習できているので、やられる練習と言うかディフェンスの練習もできるので、一線を崩させないというのがあるのでそこで差が出た」と分析した。

関連記事

サイト内検索

日別

2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る