ガンバレ王者・高岩竜一が前哨戦で今成夢人に完勝!「5・3後楽園、こんなことじゃベルト獲れんだろ!」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 ガンバレ☆プロレスが4月9日、東京・新木場1stRINGで「クライ・ベイビー2022」を開催。5月3日、東京・後楽園ホール大会でスピリット・オブ・ガンバレ世界無差別級選手権に臨む、王者の高岩竜一が前哨戦の6人タッグマッチで挑戦者の今成夢人に完勝し、防衛に絶対的な自信を見せた。

 今大会のオープニングでタイトル戦に向けた公開調印式が行われ、今成は「公開調印式があって、タイトルがあって、そこに僕が出る。すごいプレッシャーですね。1ヵ月後に向かって気持ちがどんどん研ぎ澄まされてます。毎日、高岩竜一のことがずっと頭に浮かんで、こんな気持ちになるんだなって思ってます。この1ヵ月、5月3日のことをずっと考えて生きて、そのときにできることを毎日取り組んで、全力でベルトを獲りにいきたいと思います」と力強く語った。

 かたや高岩は「3回目の防衛戦。僕はこのベルトをメジャーなベルトにしたいんで、ガンバレの選手全員と当たりたいというのがあるんで。ここは通過点と思ってます。ただ、最初にやったベルトのトーナメントで、お互い2試合目だったんで。今回はダメージもなくできるということで、真のチャンピオンが決まるのかなと思ってます。今成の話聞いて、思いは伝わったんで、精いっぱい叩き潰します」と王座死守宣言。

 ここで今成が高岩が愛飲するハイボールを取り出すと、「高岩さんと同じ気持ちになりたいんで乾杯しましょう」と言うと、高岩は乾杯には応じたが、「試合前には飲まない」とラリアットを叩き込み、「今日の試合に勝って勝利の美酒を飲みたい」と宣言。今成は「俺の乾杯断ったことを後悔させてやる」と言い返した。

 この日、高岩は5代目ブラックタイガー、前田賢哉と組み、今成、石井慧介、岩崎孝樹組と対戦。調印式での怒りが収まっていなかったのか、高岩は今成にいきなりラリアットをぶち込み、デスバレーボムを敢行。今成も投げ捨てジャーマンで反撃するも、終始、高岩のペースで進んだ。

 10分過ぎ、高岩の雪崩式ブレーンバスターをカウント2で返した今成はタイガードライバーを繰り出した。エルボーの打ち合いから、今成がルー・テーズプレスを狙うも、阻止した高岩は強烈な高岩ドリラーを一閃。高岩はラリアットからデスバレーボムへとつないで3カウントを奪取し、前哨戦で挑戦者を圧倒した。

 高岩は「こんなことじゃ獲れんだろ。獲る気あるのか? このベルト、メジャーに匹敵するベルトにするんだよ。分かってるのか?」と今成を一喝。今度は高岩陣営がハイボールを持ってくると、今成と乾杯し、「全然届いてないんだよ。5月3日もハイボールで乾杯します」とアピール。

 バックステージで高岩は「もう挑戦は決まってるんで、覆せないですけど。もう1ヵ月、前哨戦がないのを考えると長いですけど、まだまだアイツは足りない部分が多い。技術面、精神面じゃなく、雰囲気がない。圧がない。だからまだチャンピオンには似合ってない。このベルトをメジャー級にするために俺は戦ってるんで。僕もまだまだ足りない。だからいろんな挑戦者を迎えてやっていきます。そして、これをメジャーにもっていきます。5月3日、防衛します」と今成にダメ出しした。

 試合のダメージが大きい今成は「高岩さん=ハイボールみたいな世界観って、僕の煽りビデオで定着させて。僕が作ったようなもん。それを今日僕が持っていって、結局自分のものにして、試合でボコボコにして、ハイボールで祝杯か。高岩竜一の世界観を俺が作ってしまった。それがものすごいことになってる。ただでさえ強い高岩竜一に余計なものを与えてしまったかもしれない。あと1ヵ月、絶対なんとかします。やるしかないでしょ。次は僕が勝ってハイボール飲むしかない」と自身に言い聞かせていた。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る