「インディーレスラーの夢、叶えます」入江茂弘&木髙イサミが王座戦を通して絆を深め全日本プロレスのタッグ王座奪取を宣言!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 23日、東京都・後楽園ホールにて全日本プロレス『2022 EXCITE SERIES』が開催され、入江茂弘が木髙イサミを制してGAORA TV王座の2度目の防衛に成功した。

 現在GAORA TV王者として君臨する入江は、2AW無差別級王座&OWE無差別級王座のベルトも持つシングル三冠王。多くの団体を股にかけて活躍しており、常にどこかの団体で王座戦線関わる実力者として名を馳せている。
 入江はDDT時代に全日本へ定期参戦していたこともあり、故・青木篤志さんのメモリアルマッチにも声がかかるほど全日本での信頼は厚い。昨年10月に石川修司からGAORA TV王座を奪取した際には全日本が管理するシングル王座を獲得したことを心底喜び、「僕はGAORAでプロレスを見て、プロレスを好きになってプロレスラーになったんですよ。GAORA TVのベルトをいま!入江茂弘が巻いていますよ。小学生の僕に教えてやりたいです」とベルトへの愛を語っていた。

 この日、入江が2度目の防衛戦の相手に迎えたのはBASARAの木髙イサミ。
 イサミは自身のデビュー20周年となる今年をGAORA戴冠から勢いに乗せていきたいと語っており、互いの手の内を知り尽くした盟友同士の対決には注目が集まった。

 イサミは入江のビーストボンバーを封じるべく序盤から徹底した右腕への一点集中攻撃を行い、巧みなサブミッションで体格差を覆すテクニカルファイトを見せる。
 しかし、入江はイサミのアックスボンバーをキャッチしてブラックホールスラムで叩きつけ、キャノンボールや雪崩式バックフリップなど豪快なパワーファイトで圧倒。イサミもカカト落とし、勇脚・斬、八咫烏、絶槍と連続で叩き込んで手数で勝るものの、入江はカウンターのビーストボンバーからフライングヘッドバッド2連発でイサミを沈めた。
 闘いを終えた2人は笑顔で見つめ合い、左手同士で握手をした上でしっかりと抱き合った。

 試合を終えたイサミは「二丁拳銃だけじゃない、アックスボンバーズだけじゃない、木髙イサミとして結果を出さないと全日本プロレスで俺は前に行けない。俺には大森さんが付いててくれるけど、後輩だった入江もGAORAチャンピオンになってあんなに強くなってる。シゲも今宙ぶらりんな状態だし、可能なら入江と組んで結果残してみたいなって。アジア?世界タッグ?いいんじゃないですか、夢あるよね。インディーレスラーの夢、叶えます!」と入江とのタッグ結成を熱望。

 対する入江は、「自分がまだデビューしたばっかりでまだ若手の頃、どんどんどんどん前に進んでいたイサミ選手、ずっと背中しか見ることが出来なかったイサミ選手を全日本プロレスというこのメジャーのリングで、ローカルどインディー育ちのこの入江茂弘が、このメジャーのベルトをかけてイサミ選手とタイトルマッチをやって、入江茂弘が勝利したということが何よりも嬉しいし、自分で自分を誇りに思いたいと思います」と満面の笑み。

 そして、「試合後に左手同士で握手したんですよ。これはどういう意味かわかりますか?左手同士、よりハートに近い方で握手してるんですよ。この試合で2人のハートは強く結ばれたんじゃないかと思ってます。この全日本プロレスというメジャー団体で木髙イサミ選手と、出来るなら組んでどんどん挑戦してなにか結果を残していきたいと思ってます!」とイサミとのタッグ結成を口にし、相思相愛な姿を見せた。

関連記事

サイト内検索

日別

2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る