引退直前のタンク永井がホーム最後の大会で全試合出場&23人掛け!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 11日、千葉・2AWスクエアで『タンク永井 完全燃焼』が行われた。

 去る2021年12月13日、タンク永井が引退会見を行った。
 タンクは陸上自衛隊への所属を経て2012年にKAIENTAI DOJOでプロレスデビュー。K-DOJOおよび2AWのヘビー級の猛者として強い存在感を発揮し、千葉出身者として千葉と2AWを盛り上げる柱の一人となっていた。
 タンクは2015年に紫雷イオの姉である紫雷美央と結婚し、美央は結婚を機にプロレスを引退。妻である美央が3人目の子供を妊娠し体調を崩したことがきっかけに、「プロレスと家族を天秤にかけ、プロレスというリスクのある仕事を続けながら家族を守るのは難しい」という判断を下し、家庭を守るためにプロレスラーを引退するという道を選んだ。

 タンクの引退表明以降、タンクの歴史を語るに欠かせない選手たちが引退ロードを彩り、全日本プロレスの石川修司とのシングルマッチからバラモン兄弟とのタッグマッチまでタンクの様々な表情を見ることが出来る試合を展開。
引退試合となる2月13日『GRAND SLAM in TKPガーデンシティ千葉』での吉野コータロー戦を直前に控えた今大会は『タンク永井 完全燃焼』と題され、タンクが全5試合すべてに出場。メインイベントでは23名の選手と1分掛けの試合を行った。

まさに完全燃焼とも言える今大会、メインの最後にタンクの前に登場したのは笹村あやめ。笹団子を仕掛け、最後はブロックバスターホールドでタンクから3カウントを奪った。笹村の目には、勝利した喜びではなくタンクとの最後の対戦を惜しむ涙が浮かんでいた。

 試合後にマイクを取ったタンクは、「これからの2AWを引っ張って行くのはトルグランツです。俺がいなくなってユニット名は変わるかも知れないけど、間違いなくこの2人です。『今後の俺に期待してください』と言いたいところだけど、しなくていいです。なぜなら俺はいなくなるからです。これからの吉野コータローと笹村あやめと、そして千葉を愛するこの2AWの応援をよろしくお願いします。今日はありがとうございました!」と完全燃焼したタンクが大会を締めた。

タンクの引退試合が行われる13日の『GRAND SLAM in TKPガーデンシティ千葉』では、2AW無差別級とタッグのタイトルマッチ、ZERO1との対抗戦などタンクが去った後の2AWの風景を垣間見ることが出来る重要な試合が並ぶ。
 タンクは盟友・吉野との引退試合でなにを残すのか。見送る選手たちはタンクやファンになにを見せるのか。2AWの1つの歴史の終わり、そして新たな未来が始まる『GRAND SLAM in TKPガーデンシティ千葉』に注目したい。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る