「SNSでプロレスやってんじゃねーよ」元WWE選手同士の抗争で王国が崩壊!KAZMA SAKAMOTOがヨシタツの王国を乗っ取りクーデター成功!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 23日、東京都・後楽園ホールにて全日本プロレス『2022 NEW YEAR WARS』が開催され、ヨシタツ・キングダムが崩壊した。

 ヨシタツは新日本プロレスからWWEを始めとする海外の団体を渡り歩き、全日本プロレスの所属となったという経歴から自らの生き様を“王道ストロングスタイル”と定義づける。そしてその力を知らしめるために自らのユニット“ヨシタツ・キングダム”を全日本内に建国。
 王国の中枢として、全日本プロレスのメインスポンサーである株式会社カーベルの伊藤一正社長ことカーベル伊藤を財務大臣に任命し、さらに崔領二率いるランズエンドと正式に国交を樹立するなどGF(ゴッドファーザー)としての辣腕を発揮。“力道山三世”力、新宿フェイマスの立花誠吾、胸毛ポリスの植木嵩行、空飛ぶインド人のバリヤンアッキなど個性的なメンバーを加え、全日本のエンタメ戦線を盛り上げつつもヨシタツ&植木&立花が全日本プロレスTV認定6人タッグ王座を戴冠するなど結果も出してきている。

 しかし、最近の王国内ではヨシタツGFの暴君ぶりに臣民たちから不満が噴出しており、堪忍袋の緒が切れた植木&立花&アッキが新春バトルロイヤルのさなかで3人がかりでヨシタツを合体パワーボム葬にして謀反。
 植木が「反乱軍を立ち上げるぞ!」とクーデターを宣言すると、立花&アッキもこれに追随してヨシタツに反旗を翻し、紆余曲折の末にヨシタツvs植木&立花&アッキのハンディキャップマッチが組まれた。

 ヨシタツは自身のSNSに「ファンの皆様には申し訳ないですが、明日はプロレスの試合にはならないと思います」と荒れた試合になることを予告していたが、その予感は実現することになり臣民3人の奇襲からヨシタツが場外で袋叩きにされるという荒れた立ち上がり。
 臣民3人が再び合体パワーボム葬を狙うが、ヨシタツがこれを振り払って立花にヨシタツ幻想に捕らえる。
 しかし、ここで突如KAZMA SAKAMOTOがリングに飛び込んできてヨシタツの後頭部にランニングニー。KAZMAの闖入に会場は騒然となり、試合はノーコンテストとなった。

 試合後、マイクを取ったKAZMAは「俺が全日本のリングに上がるために、どこかのユニットに絡むのが一番手っ取り早いと考えたんだよ。そこで俺が考えたのは、この隙だらけのクソみたいなユニットのヨシタツ・キングダムだった。お前ら3人にアドバイスしてやる。こんなクソ野郎と絡んでもなんにも得しない。上にもいけない。成長もしない。こんな自己中心的な男とやってても上にはいけないぞ?」と演説。
 さらに、「今日来ている全日本プロレスのファンの皆様、あなた方に確認したい。ヨシタツ・キングダム、そしてヨシタツは必要ですか?……聞こえないなあ?必要ですか?!満場一致で0人です!」と宮原式のマイクアピールで観衆の心を掴む。

 これを受けた立花は、「テメーはせいぜい裸の王様だこの野郎!」とヨシタツに三行半を叩きつけ、植木&アッキとともにヨシタツを合体パワーボム葬。KAZMAを新たなリーダーに迎えて新ユニットを結成した。

 バックステージに戻ったKAZMAは「アイツ、SNSで色んなことを頑張ってつぶやいてるけどさ、いいねも付かない、リツイートも付かない。SNSでプロレスなんてやってんじゃねーよ。しょっぺーんだよ、そういうところが。アイツの全部がしょっぱいな。レスラーとしてもしょっぱい。人としてもしょっぱい」とヨシタツを痛烈批判。
 そして、「今後はこのチームでやっていくよ。俺はアイツみてーに馬鹿じゃねーからよ、俺のすべてをコイツらに教えてやるよ」と早くも新たな王の器を垣間見せた。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る