【会見全文】2022年のベストボディ・ジャパンプロレスは“セクシーボディコンテスト”で幕開け!なべやかんが島谷常寛とのパートナー対決の王座戦に気炎!ゴージャス松野&吉田和彦はタッグ王座戦で四面楚歌?!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 13日、都内・ベストボディジャパンオフィスにて、今月21日に新宿FACEで開催される『ベストボディ・ジャパンプロレス~2022年 開幕戦~』についての記者会見が行われた。

 ベストボディ・ジャパンプロレスリング(BBJ)とは、『トレーニングの文化、身体づくりの文化をもっと日本中に広めたい』という思いから発足し、47都道府県全てで開催するまでに成長した『ベストボディ・ジャパンコンテスト』を起点とし、元DDTプロレスの谷口智一ベストボディ・ジャパン協会代表が「プロレス界でも健康美や肉体美を活かして活躍する選手がベストボディ・ジャパンから出てきてもいいんじゃないか」という想いを持って2018年8月に旗揚げしたプロレス団体。

 今大会から、BBJではコンテスト部門との連携を強化し“ボディコンテストとプロレスの融合”という新機軸を発表。プロレスの大会の中にベストボディ・ジャパンコンテストの流れを汲むコンテストマッチが行われることになり、初回となる今回のテーマは“セクシーボディコンテスト”。谷口CEOは「本来のコンテストとは違った角度での肉体美を審査することで今まで見過ごしていた新たな才能を発掘していきたい」という想いを語っている。
 国内を代表するボディコンテストの“番外編”とも言えるこのコンテストマッチは、昨年12月に募集が開始されるとともに応募が殺到。現在は候補者を30名程度まで絞りつつ最終的な出場者を選定中とのことだ。

 まずは谷口智一CEOが挨拶を行った。

谷口智一CEO
谷口「皆さん、年始の忙しさも冷めやらぬ中お集まりいただきありがとうございます。2022年最初の大会を21日、新宿FACEにて行わせていただくことになりました。コロナとの付き合いももう3年目に入り、最近は落ち着きを見せていましたがまたオミクロン株の流行によって予断を許さない状況となっています。いつまたイベントの中止・自粛が求められるかが分からない状況ではありますが、予定通り開催できることとなった場合、これまで通り、関係者・来場者のマスク着用、体温測定、手指消毒、歓声を控えて応援をしていただくなどの対策を取り、皆さんに安心してご観戦いただけるような環境づくりを心掛けていきますので、ご不安もあるでしょうがご来場いただけましたら幸いに思います。
 さて、今大会からは新たな試みとしてセクシーボディコンテストを開催させていただきます。これは、プロレスのリング上という通常のコンテストとは違ったシチュエーションで、本来のコンテストとは違った角度での肉体美を審査することで今まで見過ごしていた新たな才能を発掘していこうという趣旨のものになります。先月に募集を開始させていただいてから、僕もビックリするほどのご応募をいただきまして、現在は30名程度まで候補を絞っております。ご出場いただき、優秀な成績を修められた方には、コンテスト後にラウンドガールやパフォーマーとしてまたリングに上っていただこうと考えておりますので、大会まで残すところ1週間ほどになりましたが、参加予定の皆さんは是非ボディメイクに励んでいただければと思います」

――谷口CEOご自身の試合についてはいかがでしょう
谷口「僕の試合は、僕の同期である高尾蒼馬とタッグを組んでダンカン軍を迎え撃つという試合ですね。去年はもう本当に好き勝手やられて、反則はするわ、暴言は吐くわ、王座戦はメチャクチャにするわで……。僕も相当に腹が立ってますんでね、僕ら同期タッグが小悪党に格の違いを見せてやろうと思いますよ」


バキュームけーすけ&唐澤志陽
けーすけ「バキュームけーすけが!8ヶ月ぶりに!帰ってきたぞ~っ!」
唐澤「今更なにしに来たんだよ」
けーすけ「なんや!もっと喜んでや。BBJが誇るスゥ~パァ~スタァ~のご帰還やぞ!」
唐澤「久しぶりなのにデカい顔しやがって」
けーすけ「顔がデカいのは生まれつきや!俺はなあ、映画の撮影で忙しかったんや。邦画界はもうバキュームけーすけ無しでは回らんと言っても過言でない!BBJもバキュームけーすけ無しでは回らんやろ?!」
唐澤「8ヶ月回ってたんだけど」
けーすけ「そうやろそうやろ、回らんやろ」
唐澤「回ってないのはお前の頭だよ」
けーすけ「それに!今回はセクシーボディコンテストも開催される!セクシーと言えばバキュームけーすけ、バキュームけーすけと言えばセクシー。俺なしでセクシーボディコンテストは語れへん!俺も審査員として参加させてもらう!」
唐澤「その前にお前は練習に参加しろよ」
けーすけ「まあ映画の方ではアカデミー賞はほぼほぼもらったようなもんやし、プロレスのアカデミー賞!光り輝くBBJのベルトも今年は俺の腰へ巻かれてもええんと違うか?!」
唐澤「寝言は寝て言えよ、ブサイク」
けーすけ「ブサイクも生まれつきや!ってうるさいわ!未来の主演男優賞に向かってなんてこと言うんや!」
唐澤「なに役で出るんだよ。腐った死体かなにかか」
けーすけ「そうそう、性根も腐っとるしな!ってやかましいわ!」
唐澤「パンティーみたいなマスクしやがって」
けーすけ「うるさいわ!……でもそう言われるとなんかやらしい感じしてきたわぁ~!」

(※谷口CEOがアイコンタクトで次の試合の話題へ移行するよう促す)


吉田和彦
――今回はBBWタッグ王者として防衛戦に臨みます。前回大会では諸橋晴也選手、大和ヒロシ選手に“老人虐待スリーパー”で絞め落とされるという屈辱的な仕打ちを受けました
「パートナーの松野さんがピンチだったので私も必死で助けに行ったんですけど、慌てすぎて不覚を取りましたね。あの2人が挑戦表明してきたのは分かるんですけど、今回の王座戦は3WAYになったんですか?絞め落とされちゃったんであのあとどうなったか分からないんですよ」

――愛媛プロレスのイマバリタオル・マスカラス選手と、ライジングHAYATO選手も挑戦に名乗りを上げて、谷口CEOがその場で3WAY王座戦を決定しました
「あぁ、そうなんですね……。まあ、松野さんも僕もやられっぱなしで終わる気はないので、おイタの過ぎるダンカン軍のお2人にはしっかりとお灸をすえて差し上げたいですね。神聖なリングは知性と品格を持った紳士にしか上がる資格はありませんので、タッグとして成長した私たちの力を見せてあげようと思います」

――愛媛プロレスの2選手についてはどう思いますか
「彼らは、どちらも20代前半ですか?……うーん、私たちの半分以下の年齢、若いですね。ただ、若さと勢いだけでトップは取れないのが世の常。アラカンタッグの我々がしっかりと大人の怖さを教えてあげましょう。……ただ、HAYATO選手は全日本プロレスに入団されたんですよね?(※HAYATOは今年1月2日に愛媛プロレスと全日本プロレスのダブル所属に)ダンカン軍から一本獲りたいという気持ちもあるんですが、HAYATO選手から取れば、私が子供の頃から憧れていた全日本プロレスの選手に勝ったということにも……。うーん、悩ましいですね。全員から勝ちたいですねえ」

なべやかん
――前回大会では、ともにBBW6人タッグ王座を持つパートナーの島谷常寛選手とのBBW無差別級王座戦が決まりました
「そうですね。唐澤さん、政宗さん、鈴木さんという強い人たちを倒して、島谷くんが僕の前まで来てくれました」

――パートナー対決ということで、今回の防衛戦への思いもひとしおだと思います
「そうですね。僕らは初代タッグ王者になって、その後も一緒に組んで、谷口さんも交えて初代6人タッグ王者になって。思えば、BBJでスタートした僕のプロレスラーとしてのキャリアは島谷と一緒に作り上げてきたものでもあるんで、彼と頂点を争えることは嬉しいですね」

――改めて、対戦相手としての島谷選手の印象は
「一番闘いたくない相手ですね。ずっと一緒にいて島谷くんの強さを知ってるからこそ闘いたくないと思います。タッグのベルトも、6人タッグのベルトも、彼の活躍があって取れてるんですよ。十分に強さを分かってるからこそ、言ってしまえばダンカン軍と闘うほうが簡単ってくらいですよ。技も、気持ちも、考えも、手の内も全部知られてる、僕の中では最強の相手です。ただ、僕も島谷のことは分かってるつもりです。お互いにすべてを分かってるからこそ、お互いに今の限界を超えないと勝てませんからね。勝ち負けももちろん大事ですけど、それを超えた最高の試合をしたいと思ってます」

『ベストボディ・ジャパンプロレス~2022年 開幕戦~』
日程:2022年1月21日(金)
開始:19:00
会場:東京都・新宿FACE

▼SEXY BODY JAPAN ~セクシーボディの美女コンテスト~
第1ラウンド 規定ポーズ審査
第2ラウンド パフォーマンス審査

▼新春バトルロイヤル
男色ディーノ(DDT)vs大鷲透(フリー)vs伊橋剛太(DDT)vsチェリー(フリー)vs赤井沙希(DDT)vs唐澤志陽vsアントニオ小猪木(西口)vsバキュームけーすけ

▼タッグマッチ
遠藤哲哉(DDT)/政宗(フリー)
vs
石井慧介(ガン☆プロ)/前口太尊(飯伏プロレス研究所)

▼タッグマッチ
谷口智一/高尾蒼馬(DDT)
vs
[ダンカンプロレス軍団]鈴木悟(フリー)/山中絵里奈

▼BBWタッグ選手権試合 3WAYマッチ
【第5代王者組】ゴージャス松野(DDT)/吉田和彦
vs
【挑戦者組/ダンカンプロレス軍団】諸橋晴也(フリー)/大和ヒロシ(フリー)
vs
【挑戦者組】ライジングHAYATO(愛媛/全日本)/イマバリタオル・マスカラス(愛媛)
※松野&吉田は初防衛戦

▼BBW無差別級選手権試合
【第2代王者】なべやかん
vs
【挑戦者】島谷常寛(フリー)
※やかんは2度目の防衛戦

関連記事

サイト内検索

日別

2022年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る